誰にも聞けない経営財務戦略!

ビジネスの未来を財務と心で読み解くブログです!

CREATE LIFE!
より良い暮らしを創造しよう!

http://crelife.co.jp

テレワーク・デイズ!

皆さん、おはようございます!
暑い日のなか外を歩いていますと、本当に体力が奪われるのを感じます。
今朝は、暑さの余韻を残しつつも、気持ちの良い涼風が心地よいです。
今日はこれから日帰りで松本へ行って来ます。



先月23日から27日までの5日間、テレワーク・デイズが全国で展開され、官民約1700団体、延べ30万人が参加したそうです。第1回目の昨年は1日のみの実施で約950団体、6万3千人が参加したのに比べ、随分と規模が拡大しています。そう言えば心なしか朝の通勤電車の混雑が緩和されていた様な気がしますが、気のせいでしょうか。


自宅やサテライトオフィスなどでの勤務を体験した利用者は、通勤時間を省くことで子育てなどに充てる時間を確保でき好評だったようです。旗を振る政府は、2020年の東京五輪に向けて都心の交通混雑を緩和する狙いもあるようです。2012年ロンドン五輪で、企業8割がテレワークを導入して交通混雑を緩和した成功例がある様です。


今回のテレワーク・デイズでの利用者からは、やはり通勤時間を削減できることが一番の満足感に繋がっている様です。確かに都内の会社に勤める方の通勤時間は、片道1~1時間半はあたりまえで、往復に換算すれば2~3時間にも及び、その時間を省き自分の時間にすることが出来たら、自らのライフスタイルも充実するというものです。


自宅でテレワークをされる方は、仕事の合間に宅配便を受け取ったり、洗濯や食事を済ませたりして時間を有効に活用することも可能です。仕事に本当に集中できる時間は1時間半から2時間が限度です。一つの仕事をその間に終えて次の仕事に取り組む前に、家事などをしながら頭を切り替えても良いと思います。


情報化社会においては、アイディアや職人芸が求められる時代だと言われています。その中でも特に独創的なアイディアを創出する為には、気付きや閃きが必要です。気付きや閃きを得るためには、他の異なる考えを持つ人々とコミュニケーションを図りながら自身の考え方に気付く場合と、独りになった時にふと思い出したように閃く場合があります。


その意味では、良いアイディアを生み出すためには、テレワークだけでも足りず、他の人々とコミュニケートする場面を意識的に作って行く必要があります。テレワークはどちらかと言いますと、独り集中して書類作成に勤しむイメージがありますが、最近では動画で通話して会議を行えますので、コミュニケーション技術も数段に上がっています。


今回のテレワーク・デイズで鎌倉市が行った「すべての人が働きやすい街づくり」への取り組みは面白いと思います。産業や会社組織は、通常、縦割り社会ですが、街を基軸に横割りでテレワークを捉えているところに、官民や企業間の垣根を越えた相互交流による知識の集積、イノベーションの創出による街おこしに繋げています。


肉体的にも、精神的にも苦痛な満員電車での通勤を伴わない新たなライフスタイルを鎌倉に根付かせたいという考え方を持っています。自らが住まう街が魅力的になるって良いものだと思います。米シリコンバレーではありませんが、産業クラスターというものは地域に根付いて行くものだと思います。


産業クラスターとは「ブドウなどの房を意味し、限られた地域の産官学が互いに競争、協力しながら技術革新(=イノベーション)を重ね、新たな商品やサービスを生み出すことで産業育成と地域振興を目ざす概念である。産地企業集積。」といわれています。地場産業ではありませんが、地域の環境条件によって適している産業などもあると思います。


今までは、知識集積やイノベーションと言いますと、大手企業の専売特許の様に捉えられていましたが、これからの時代は産業、企業、業種の垣根を越えて協働して行く時代です。そして、その協働を実際に行うのは人間に他なりません。その様な垣根を越えたコミュニケーションの受け皿として、地域と言うものがあるのではないでしょうか。


街に産業が集積することにより、街おこしにも繋がります。これからの産業集積は、鎌倉市のように、あくまでも働く人を主眼に置いた、それらの人々が垣根を越えて交流することにより、また、自然の恵みや借景を背景にしながら、豊かな暮らしを過ごして行ける様な仕組み作りが大切なのでしょう。


働く人を主役として捉えれば、自らが帰属する企業の垣根や規模の大小は関係ないと思います。働く人を軸として、その都度、協働しながら仕事が動いて行く。情報化社会とは働き方をその様に変革していく様に思います。テレワークとは、そこへ向けた入口なんでしょう。来年のテレワーク・デイズは1ヶ月位行っても良いのではないでしょうか。


今日もありがとうございます!
http://crelife.co.jp




中小企業の財務諸表!

皆さん、おはようございます!
昨晩、久しぶりに実兄とお酒を飲みながらの話しをゆっくりと楽しみました。
近くて遠い存在とでもいうのでしょうか、わりと近くに住んでいながら意識的に会わないとなかなか会えるものではありませんね。四方山話に花が咲きました。



企業会計という言葉を聞かれると、何やら損益計算書や貸借対照表といった財務諸表に数字が羅列されていて取っ付きにくいという話しを良く耳にします。
確かに企業の経営状況や財政状態を示しているとはいいましても、なかなか実感が湧くものではありませんよね。


株式公開している大手企業やいつでも株式公開できる様に準備をされている中堅企業以上の会社であれば、対外的な利害関係者が企業の実態を見誤らない様、また他社企業との比較検討に役立つように企業の実態を会計ルールに従って作成することを理解していますが、中小企業になりますと金融機関からの融資に使うものという程度の認識でしょうか。


本来、企業会計には2つの目的があり、株主や債権者などの企業外部の者に対して財務内容を報告する目的と、経営者が会社の経営を管理する為の判断材料にする目的です。
中堅企業以上になりますと企業会計の目的を理解して企業内にその仕組みを取り込み定着させているのですが、中小企業ではそれが上手く機能していないのが残念です。


中小企業で良く見かけるのは、毎月の経理処理がなおざりになり決算月になって大慌てして財務諸表を作成して、予想に反して利益が赤字になってしまい頭を抱えてしまうケース。もう一つは、予想以上に利益が出過ぎてしまい、節税対策で大慌てするケースです。
本来、毎月きちんと月次財務諸表を作成していればこんなことになりません。


最も良いのは、年間の月次予算を作成して、毎月予算と実績を対比しながら事業上の課題を検証し、改善して行くことです。これを良くPDCAを廻すと言います。PはPlanで計画。DはDoで実効。CはCheckで検証。AはActionで改善になります。大切な事なんですが、多くの中小企業で出来ていないといっても過言ではありません。


日々の事業活動の忙しさに感けて、経営管理業務まで手が回らないというのが経営者の正直な意見なのでしょうが、折角、事業活動に打ち込むのなら無駄なく効率的に業務を推進する為にも企業会計の重要さを改めてご認識頂くべきかと思います。経営方針を決めるにあたっても、会社がどの様な状況にあるのかが分からなければ適正な判断が出来ません。


大切なのは、財務諸表から何を読み取り、経営に活かして行くかです。よく売上高利益率とか総資本回転率といった財務指標を重要視する識者もいらっしゃいますが、それよりも企業の経済活動の実態が財務諸表には凝縮されていますので、企業内を循環する血液である資金がどの様な状態にあるかと言う意味でまずは貸借対照表を重視すべきです。


モノを買えば商品や固定資産といった勘定に記載され、それがどの程度有効に活用されて利益に貢献しているかを頭の中でイメージしてみるべきです。そして、その資金をどう捻出したかも貸借対照表から読み取れます。損益計算書は、売上高よりもまずは利益が出ているか否かです。売上総利益に対する販売管理費の多寡を対比して見るべきです。


財務諸表は企業内の資金の運動状況を表現するものという言い方がありますが、正しくその通りで余計なお金を使わずに少しでも多くの利益を獲得することを考えるべきです。
そこまで会社の状況を把握する為には、やはり日々経理処理を行い、毎月きちんと財務諸表に目を通して一ヶ月の活動の成果を思い浮かべてみる必要があります。


長年、経営管理の業務に携わっていますと、貸借対照表と損益計算書を一見しただけで、イレギュラーなお金の流れまでもが見えて来るものです。よく企業とは経営者のご性格の生き写し言われますが、その通りだと思います。経営者の言動が企業活動として現れ、それが経済事象として財務諸表にとり纏められて行きます。


その意味で、企業によって財務諸表は区々で非常に個性的だと思います。財務諸表を見るだけで、その会社の社風や経営者の性格が理解できると謂われる所以です。
中小企業の財務諸表ももっと自信のある男らしい(女性らしい)個性的な顔にして行くべきでしょう。


今日もありがとうございます!
http://crelife.co.jp


中小企業の強み!

皆さん、おはようございます!
真夏の暑さが、また戻って来たようです。
夜になっても蒸し暑さがおさまらず、クーラーの涼しさを求めてしまいます。
今晩は、実兄と久しぶりに外食の予定があります。



日頃、仕事の関係で中小企業の経営者や従業員の方々とお話しをする機会が多いです。
その企業を外部から拝見させて頂きますと、本当に素晴らしい事業資源をお持ちになり、ユニークなビジョンを描かれている経営者が非常に多いと感心します。もちろん、中小企業の資源といいましたら、そこで働く方々の人間性、技能、英知に負うことになります。


経営者の方は、自らの構想を実現するため、ご自身との相性を考慮しながら絶妙なバランス感覚で人財を雇い入れているものと思います。従業員10~20名程度の企業では、経営者の良い意味での個性と従業員の個性が似通っていながら、一方で全く異なる個性が調和しており、傍から見ていても気持ち良いものです。


少ない人数での人間関係ですので、お互いに気心を分かりあっていることもあり、互いに阿吽の呼吸で仕事を進めることもあれば、建設的に意見することもあります。総じて言えるのは、経営者と従業員の立場の違いに拘わらず、本音でコミュニケーションを取り合えるところが中小企業ならではの良さではないでしょうか。


お付き合いをさせて頂いている中小企業は、偶然ですが創業して6年目の会社が多く、ようやく創業当初の無我夢中に采配を振るうステージから、ようやく経営が安定し出し、そろそろ組織固めをしようという段階にあります。従業員の方々も、20歳代後半から40歳代後半位と、自由な発想をする方々が多いところが新鮮に映ります。


そんなエネルギーが中小企業には内在しており、それが中小企業の醍醐味なのかもしれません。もちろん、会社内でお仕事に従事されている役職員の方々は、それこそ必死に真面目に仕事に取り組んでいらっしゃる訳です。人数が少ない分、ベクトルを一致させられれば素晴らしい起爆力を持つ一方、一致しなければカラ周りし兼ねない危うさもあります。


そこは、経営者のキャラクターなのでしょう、上手く舵取りをされている皆さんに共通しているのは、締めるところは締めるが、どことなく人間的に憎めない先天的な愛嬌をお持ちのようです。その人懐こさが中小企業という会社経営に大切な求心力なんだとしみじみ思います。


ここまでお読み頂きますと、中小企業の会社運営は大手企業のそれとは随分と異なることにお気付きになられると思います。私が感じますのは、人間模様の濃さ、人間臭さとでも
いうのでしょうか。大手企業の組織とは異なり、荒波が来れば直ぐにでも転覆しかねない小舟で、小回りの利く特性を活かして絶妙に舵を取りながら前進する姿が印象的です。


役職員全員で櫂を海に出し漕ぎ出しながら、潮の満ち引きを見極めながら舵を操る姿が、まるで江戸時代に日本海航路を行き来した北前船を彷彿させます。
大手企業は差し詰め、タンカーや客船というところでしょうか。船長以下船員の持ち場が明確に決まっている、自動操舵により航行する大型船です。


ちょっとした悪天候をモノともせず、安定的に航行するその雄大さは誰の目に見ても安心感を与えるものです。乗組員たちの人間関係も妙に紳士的な大人の振る舞いです。最近では、大型船舶業界も他社との競争が厳しく、日本の会社でも船籍や運行を発展途上国に移してコストを下げている為、純粋な意味での日本の船舶というのは少なくなりました。


日本国籍の企業でありながら、実は海外に拠点を構えるという姿は、現在の日本の企業と変わりがありません。大手企業の論理を考えますと止むを得ないと思いますが、何か日本の企業であれば日本国内で事業を営んで欲しいと考えるのは私だけでしょうか。中小企業が国内で荒波に揉まれながらも勇ましく漕ぎ行く姿に感動すら覚えます。


情報社会の進展により、新たな視界が開かれようとしています。大手企業は、グローバルな企業として海外の企業との競争が待ち受けています。日本国内での新たな潮目を掴むのが大手企業であるとは限りません。むしろ、中小企業の方がお客様のニーズを肌感覚で掴んでおり、その小回りの良さを活かしていけるのかもしれません。


図体の大きい大手企業には大手企業なりの悩みがあると思います。多くの乗組員を抱える大手企業がその乗組員を活かせるかどうかは個々人に委ねられていると思います。
中小企業の良さを失わせずに、少しでも安定した航海が出来るよう、必要な海図と羅針盤を提供できるよう心掛けて行きたいと思います。


今日もありがとうございます。
http://crelife.co.jp