誰にも聞けない経営財務戦略!

ビジネスの未来を財務と心で読み解くブログです!

CREATE LIFE!
より良い暮らしを創造しよう!

http://crelife.co.jp

煉瓦造りルネサンス建築!

皆さん、おはようございます!
札幌の街を歩き、ようやく信号機に付いている交差点名(=地番)の意味が分かるようになりました。碁盤目に道筋が整えられた街並みは、開拓史時代の名残なのでしょうか。
自らの位置する方角さえ理解していれば、非常に機能的な仕組みだと思います。


ホテルから札幌駅までの道すがら、少し大廻りをしてサッポロファクトリーと赤レンガ庁舎(=北海道庁旧本庁舎)に立ち寄ってみました。もうこの時期は、降りしきる小雨がいまにも雪に変わりそうなくらい凍てつく寒さです。庭士たちが、街路樹にいつ雪が積もってもいいように冬支度を急いでいます。観光シーズンは既に終わっているようです。



サッポロファクトリーは、1876(=明治9)年に開拓使によって作られた、日本人の手による初のビール工場「開拓使麦酒醸造所(=サッポロビールの前身)」の跡地に立つ複合商業施設です。いまだ明治後期に建てられたビール工場(=工場というより工房といった方が正しいかもしれません)ではビールを醸造しています。


札幌第一工場として使用していた跡地を昔の面影をそのまま残しながら、ショッピングセンター、ホテル、シネマ、フィットネスクラブなどが入居する商業施設として再開発したものです。当時、私も某流通グループの不動産開発会社で複合商業施設開発に携わっていたこともあり、一度は見てみたい商業施設だったのを良く覚えています。


25年経った今も、煉瓦造りの佇まいが色褪せることなく明治時代の面影を残しており、なんとも言えない味わいを醸し出しています。施設の中に入りますと、ガラス張りの近代的な大規模アトリウム(=吹き抜け)が一面に広がり、その歴史性と近代性が微妙に交り合ったモダンな温もりを醸し出しています。


都会の商業施設の様な賑わいはありませんが、それでも近隣のビジネスマン達がランチに立ち寄ったり、地元の奥様たちがティーカップを片手に談笑に花を咲かせています。
店舗を見ますと、全国各地どこの商業施設にも入居しているアパレルブランドのテナントばかりで残念でしたが、それだけ地元に密着した施設となっているのでしょう。



片や赤レンガ庁舎は、これがまた明治6年に建築された煉瓦造りのルネサンス建築(=正しくはアメリカ風ネオ・バロック様式という)です。1969年に国の重要文化財として指定されています。私も知らなかったのですが、北海道自体、「北海道」と命名されて150年にあたるそうですから、明治時代と時を同じくしているのですね。


当時の建物のまま保存されていますので、その重厚感は建物のハードウエアとしての威厳のみならず、歴史を積み重ねてきた重みと相まって、神秘的で静粛な気持ちにさせられます。内装は北海道で採れるカラ松を使用しているのでしょうか、歩くと軋む音がする床、部屋毎についた大きな扉、長い階段には格式を感ます。


150年前に利用されていた建物の同じ場所に自分が佇んでいると思うと、自分がタイムトリップした様な不思議な気持ちになります。当時の人々の営みの結果として、いまという時代がある訳ですね。私たちも、いまを精一杯生きながら将来に向けた歴史づくりに携わっていますが、日々の生活の中でその様に感じることはないと思います。


西洋文明に生きる方々であれば、歴史は積極的に自らの手で立ち向かって行くものと捉えるのものかもしれません。ただし、私たちはもっと大きな自然界の輪廻転生に抱かれており、その摂理の中で育まれているのではないかという気持ちにさせられます。
驕ることなく、謙虚な気持ちで歴史を刻んで行くべきなのでしょう。


その意味では、大きな流れに身を任せながら、日々の素朴な疑問や矛盾を解決していくべきと感じます。私たちは、今という時代を後世に託して行かなければなりません。150年後に今を振り返った時に、どの様な時代であったと言われるのかは分かりませんが、情報技術革新により社会が大きく変容する只中にいることは間違いないでしょう。


もしかすると、明治維新にも引けを取らない時代に遭遇しているのかもしれません。
今を生きる個々人が素朴な疑問や矛盾を真摯に受け止め、自分なりの解答を見い出して行こうとするプロセスこそが、より良い次なる時代を創って行くことになるのでしょう。
始めて訪れる地は、様々なことを語りかけてくれるものです。


今日もありがとうございます!
http://crelife.co.jp





札幌ぶらり散策!

皆さん、おはようございます!
訪れたことのない見知らぬ街へ参りますと溌剌とした気持ちになりませんか。普段、見慣れた街並みとは異なる景色に、心の趣くまま歩みを進めたくなります。非日常空間に好奇心を掻きたてられ頭が冴え渡る感覚は、人間が持ち合わせた本能なのでしょうか。


はじめて札幌を訪れました。
市内にある円山公園と北海道神宮を訪れてみました。地下鉄東西線の円山公園駅で下車し、アメリカ総領事館のある街路を歩いて行きますと、Cafe’や雑貨店などが入居する白い小洒落た複合施設MOMA  PLACEが目に飛び込んできます。


決して東京でも珍しい施設ではありませんが、人の温もりのするお店と洗練された建物のハーモニーが街並みに自然と溶け込んでおり、心を和ませます。そこから少し歩みを進めますと、そこには円山公園の見事な銀杏並木が目に飛び込んできます。紅葉で銀杏の葉が黄金色に輝き、その落ち着いた存在感に思わず身をゆだねたくなります。


北海道神宮を歩きながら、あと一月余りもすると、この参道にも気持ちを新たにした多くの人々が訪れ、賑わうのだろうと考えたりしました。今年一年間も早かったですね。
参道を後にして、一度は訪れてみたい念願のCafe’「森彦」へ立ち寄ってみました。
レトロ感あるその佇まいは、思い描いたイメージのままです。


こころ暖まる店内でオリジナルブレンド「森の雫」の入ったカップを傾けながら、古びた長テーブルに並んだ年季のはいったカフェ本の一冊に目が留まりました。その名は「珈琲の科学」です。こうやって見知らぬ土地の温もりを感じたばかりということもありますが、森羅万象の一部しか解明していない科学が珈琲をも分析してしまうのですね。



企業財務に長年携わっていますと、財務や金融という科学も必ずしも人間が営むうえで必要な全ての解を授けている訳ではないことに思いあたります。
ファイナンスの理屈からすると、企業というものは永遠に成長をし続けなければならない矛盾を孕んでいます。貨幣量としての規模を拡大しなければならないという意味です。


それが資本主義経済の通念であることに疑問を持たずに日々の業務に邁進していた時期もありました。しかし、いまの企業の経営動向を見ていますと、量よりも質を求めて行かなければならない時代が到来しているのではないかと感じさせます。日本はこの150年間、欧米の科学を輸入して経済成長に邁進し、成果を収めて来たと思います。


確かに私たちの物量的な暮らしは豊かになりました。これからはいままで膨張した物質文明を噛みしめながら、精神的な豊かさを高めていく段階ではないかと思います。しかし、いまの経済学やファイナンスは質的な成長を測定する尺度を持ち合わせていません。そこを探求して行くことが求められているのではないでしょうか。


科学というものは、その全体像の一側面を捉えているに過ぎません。経済や企業の量的な成長を促がしているものが人間の英知の集大成であるとするなら、それを時代とともに見直して行くのも英知だと言えます。人間というものは、もっと大きな自然界の輪廻転生という循環プロセスの枠組みの中で育まれていることを忘れてはならないでしょう。


今日もありがとうございます!
http://crelife.co.jp







後継難のFC店!

皆さん、おはようございます!
事業というものは、生業(=ナリワイ)としてスタートさせ、自然体で成長させて行くのが理想だと思います。自分の手だけで負えなくなったら、少しずつ分身を設ける必要があります。その時点で、事業も生業から社会の公器と言われるようになるのでしょう。



高齢化を迎えた中小企業のオーナー経営者の事業承継問題にばかり目が行きがちであるが、フランチャイズチェーン店加盟店(=FC店)オーナーの高齢化で店舗改装などが遅れ、集客力の低下が止まらないという問題も顕在化している様である。FC店といえば、直ぐにコンビニエンスストアや外食産業を思いだすと思います。


日本マクドナルトに次ぐ国内ハンバーガーチェーンで2位のモスフードは、今期の最終損益を8億円の赤字(前期は24億円の黒字)と11年ぶりに最終赤字を見込んでいるそうです。原因の一つがFC店オーナーの高齢化や後継者難にあります。このFC店の活力が弱まり、店内改装などの新たな取り組みに意欲的でないことが課題となっています。


FC店といえば、FC本部が統一されたブランドや店舗内外装、食材やレシピを開発し、マーケティングを担っています。FC店オーナーは食材の購入費用やブランドの使用料を払って店舗運営を行う取り組みのことです。全国1334店の8割を占めるFC加盟店のうち430人が個人オーナーであり、過半数が60歳を超えて高齢化が進んでいます。


モスバーガーのFC店は住宅街に多く、地域との関係を密にして固定客を取り込んでいますが、後継者が見つからないなど先行きがはっきりしない中では、店舗改装など将来に向けた投資に二の足を踏んでいるそうです。店舗改装を進めないと、消費者に来店を促がすアピール力が落ちてしまい、業績に直結するという悪循環にあるようです。


モスバーガーは、1973年にFC展開を始め、積極的な商品開発や話題性のあるキャンペーンで集客力を高め、客席にコンセントを設けるなど利便性を長けめて相乗効果を高めることで、比較的安定的な成長を実現して来ていました。その結果、外食産業ではじめて47都道府県に出店するという快挙を達成しています。


同じくFC展開している日本マクドナルトの場合、加盟店の担い手は地場の複数店舗を運営する企業が多いため、この様な後継者難による影響は少ないようれです。また、コンビニエンスストアもオーナーの高齢化や担い手確保に苦戦しているとのことです。ローソンでも既存のオーナーが廃業店舗を引き継ぐ例が増えているそうです。


居酒屋チェーンでは身売りをする企業もあるようです。1973年に創業しFC店を中心に店舗展開してきたつぼ八は、今年11月末に酒販大手やまやの傘下に入ることが決定しています。個人オーナー事業者の高齢化問題が、自らの事業をどうするかという問題以外にも、FC本部の業績や存続にまで波及してきたと言えます。


この後継者難のFC店だけに拘わらず、後継者難の中小企業全般に言えることだと思いますが、そこで何らかの事業を営んで来たものを絶やすことは、やはり社会にとっての損失であると思います。余程の放漫経営により赤字でもない限りは、その事業固有の資源が存在している訳ですから、それを将来に向けて生かして行かなければならないでしょう。


後継者難の中小企業の解決策としては、①経営を司りたいと考える個人を雇い入れる、若しくは②経営を司りたいと考える個人に事業を売却する、そして③相互補完効果のある他社に事業を売却するになると思います。ここに折衷案として④市民ファンドなどを組成して事業を売却するを付け加えたいと思います。


中小企業というものは、地域市民として地域の中で事業を司り、何らかの形で地域市民に貢献する存在だと思います。その意味では、その地域文化の構成要素として まち の形成に影響してきたものであり、今後も影響して行く存在でしょう。その様な中小企業を自然人たるオーナー経営者の引退により事業を絶やしてはならないと思います。


現在の問題点は、オーナー経営者が事業を承継したくとも、承継すべき相手先とどの様に出会うべきか、効率の良いマッチング方法が上手く稼働していないことにあります。最近でこそ、人材紹介会社などが専用のポータルサイトを設けて、マッチングサービスを始める様になっていますが、人財採用と異なり企業情報を何処まで開示するかが課題です。


その様な意味からも、各地域単位でファンドを組成して、一旦、その市民ファンドが事業承継したい中小企業を買い受けて、それから時間をかけて承継先を見い出して行くことも視野に入れるべきだと思います。ゼロ金利政策で資金の運用先が枯渇するなか、新たな選択肢として、地域を自らの手で作り上げていくことも忘れてはならないでしょう。


今日もありがとうございます!
http://crelife.co.jp