誰にも聞けない経営戦略!

ビジネスの未来を財務と心で読み解くブログです!

CREATE LIFE!
より良い暮らしを創造しよう!

http://crelife.co.jp

リニアモーターカーが開業する10年後!

皆さん、おはようございます!
今朝は東京駅八重洲口近くのホテルで目覚めました。
これから福島は相馬方面へ行くための全泊です。
日頃、慣れないホテルのベットは熟睡できないです。。


2027年。あと、ちょうど10年後になります。
JR東海のリニアモーターカーが品川と名古屋間を40分で結ばれ、
2037年には大阪間が60分足らずで行けるようになります。
この区間は押しも押されぬ日本の大動脈といえる区間です。


手前事ですが、自宅から品川駅まで所要時間が1時間半弱ですので、
名古屋や大阪に行く方が時間的には近くなります。
日頃、情報技術革新に触れる機会が多いですが、このリニアモーターカーの開業も、日本の経済やワークスタイルを大きく変えることになるでしょう。


企業も、東京、名古屋、大阪のどこに事務所を構えるか、あまり意味を持たなくなりそうですね。東京に住んでいて、名古屋に通勤することも可能ですし、
テレワークを本格的に導入する企業が増えれば、
毎日会社に行く必要もなくなります。


AI(=人工知能)が、定型的な標準化された業務やちょっとした判断業務を人間に変わり行う様になるのは間違いありませんので、個々人はより考える仕事や創造的な仕事にシフトする様になります。その様なクリエイティブな仕事は、オフィスに机を並べて規則的に遂行するのではなく、多様な人々との交流や心地よい空間の方が力を発揮します。


リニアモーターカーの開業も、その様なワークスタイルを更に助長するのではないでしょうか。創造力は多様な人々との交流、知恵と知恵が織り重なることにより、新たな知恵が生まれます。地域間の人々の移動量が増えれば増えるほど、知識創造社会に近付くとも言えます。


もう一つは、やはりSNSをはじめとする情報ネットワークが個人に行き渡っていることです。個人が書き込んだブログが、読まれた方にとって意味あることであれば、知の融合を生じさせていることです。ちょっとした情報でも、知の融合が進むことは、社会にとって知的財産という資源が蓄積されることを意味します。


誰しもがネットワークに参加できるところに、計り知れない潜在力をもっており、有意義なコミュニティ空間として積極的に活用すべきでしょう。
例えば最近、自らの健康管理のために記していたブログの評判が高く、意図せずしてアドバイスをお願いされ、プチビジネス化しているなんていう話しも耳にします。


この様に考えますと、近未来の究極のワークスタイルは、個人の暮らしと仕事の隔てないライフスタイルの中に、個々人が繋がって意味ある情報を交換することにより生活が成り立つ様になるかもしれません。その様になりますと、誰も1時間以上も痛勤電車に揺られて会社に行こうという選択はしなくなるのではないでしょうか。


会社と個人との関係も、終身雇用の様な硬直的な雇用関係では無くなり、
都度、プロジェクトに寄り集まる業務タスク型の委任関係になるのではないかと思います。また、生産年齢人口の減少が、更にそれを助長することになると思います。
恐らく、これから10~20年間の内にはその様な社会に変容するでしょう。


その様な世界では、きっといま社会で基盤となっている法律自体が、現状に則さなくなり、法令改正が現状に追いつかなくなるのではないでしょうか。株式会社という形態自体が時代にそぐわず、むしろ合同会社の方が実態に近くなるのではないでしょうか。
そう言えば、西友を始めいくつかの大手企業が既に合同会社でしたね。


会社が主体の社会の仕組みとは言いましても、長い歴史の中でみれば明治維新後の150年足らずのことです。それが唯一絶対の仕組みではありません。
技術革新が社会の仕組みを規定するのなら、いま最中にある情報技術革新は、今までとは全く異なる社会の仕組みを求めることになると思います。


その中で、間違いなく言えますのは、次なる世の中は「個人が中心」の社会になるということです。個々人の個性が強く求められる時代になることでしょう。
そうは言いましても、来るべき社会を臆することなく、個々人が自身のライフスタイルを楽しむことにより新たな時代に移り変わって行くことでしょう。


みんなで、より良い暮らしを創造しましょう!
今日もありがとうございます。
CREATE LIFE!


http://crelife.co.jp







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。