誰にも聞けない経営戦略!

ビジネスの未来を財務と心で読み解くブログです!

CREATE LIFE!
より良い暮らしを創造しよう!

http://crelife.co.jp

女性の感性ビジネス!

皆さん、おはようございます!
今日は突き抜けるような空の青さですが、
今朝も続く、昨晩からの木枯らしが身にしみますね。。
外の気配は少しづつ冬が近づいていることを感じさせますね。


昨日、国立にある知人の会社へ寄ってみました。
その会社は木で出来たおもちゃや雑貨をネット販売する会社で、
女性スタッフが頻繁にイベントやワークショップを開催しています。
陶芸教室を開催したり、木で楽器を作ったりと。。


最近、お仕事で女性の方と関わることが多いのですが、
女性はご自身の生活に身近なちょっとした興味の分野を趣味化し、
ワークショップ等を通じて趣味を深めて人と繋がり、いつかは講師役となる。
趣味が昂じて玄人跣になられる方も多いことに感心します。


ご自身の生活を楽しむことの中から、それをもとに人と繋がって行く。
今ではインスタグラム等がありますから、自分の作ったモノやコトを広く情報発信して行くことが可能です。そのご自身の関心事に向き合い、楽しんでいる中から生み出されるものって、とても温かみを感じますよね。


SNS等でそういったモノやコトに触れる機会が増えているからかもしれませんが、
女性としての社会の関わり方であったり、自己表現なんでしょう。
今までの産業や事業といった男性社会の商用ベースのものとは異なり、
仕事一辺倒の生活感とは異なる人として地に足が付いている様に見えます。


暮らしを楽しむということはそういうことを言うのではないでしょう。よく仕事でお邪魔する松本では、そういった暮らしの感性を活かしてビジネスに繋げられている方とお付き合いがあります。無理をして売上拡大や事業規模拡大を目指すのではなく、自身の暮しの感性を活かしながら身の周りの気になることを事業を通じて解決しようとする。


いま様々な産業や事業がこの社会に存在し、事業を通して社会の課題を解決することを使命としていますが、いまある産業や事業は氷山の一角であり、暮らしの中にある足下の事解決すべきことは山ほどあるのではないでしょうか。その意味で、この社会でもっと女性の生活感のある感性をビジネスに繋げていって頂けたらと思います。


ただ、女性の場合は自らの趣味の世界が仕事となってしまうと、売れるものを作らなければいけなくなる義務感に変容してしまうことに懸念する方が多いと思います。確かに本末転倒なことにならない為、敢えてビジネスを意識しない方が多い様な気がします。ただ、今までの男性社会のビジネスをあり方を意識し過ぎの様な気もします。


女性のビジネスの良さは、自分のできることを無理せずに楽しみながら遣ることにあります。趣味の延長でモノやコトを提供して、その結果としてお金を得られるのなら、そんなに素晴らしいことはないと思います。自分の出来る範囲で出来ることを行い、無理をしないこともビジネスのあるべき一つの形だと思います。


これからの時代は、シェアリングエコノミー(=共有経済)の時代ですから、個人と個人の繋がりの中でビジネスが成立するという、スモールなプチ起業が増えて来ると思います。その様な起業者が増えることにより社会は充実しますし、全国のプチ起業者の売上を足し合わせたら相当な金額の一つの産業の様になるのではないでしょうか。


最近では、男性でもその様な感性やライフスタイルを大切にする方が増えている様に見受けます。企業にお勤めの男性諸氏の大方も、企業勤めをしなくとも自ら起業して食べていけるのなら、それに越したことはないと考えているものと思います。
それが本来あるべき人としての真理であり、社会のあるべき姿ではないでしょうか。


これからの情報化社会は、大量生産大量消費の時代のように資本力が事業の優劣を規定するものではなく、一人のアイディアや知恵が大手企業をも揺り動かす時代でもあります。
一人でも多くの老若男女が自分の遣りたいことをビジネスを通して充実した暮らしを送れるそんな社会になったらと思います。


より良い暮らしを創造しよう!
CREATE LIFE!
http://crlife.co.jp




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。