誰にも聞けない経営戦略!

ビジネスの未来を財務と心で読み解くブログです!

CREATE LIFE!
より良い暮らしを創造しよう!

http://crelife.co.jp

地域事業、価値と計画!

皆さん、おはようございます!
福島県は浪江町の二日間の出張を終え、昨晩は早めに床に付きました。。
やはりいつもの寝床は熟睡できますね。
今朝は空も高く、気分爽快です!


最近、新聞を見ていますと中小企業の事業承継を支援する業務に取り組む会社が増えていますね。あの野村証券もプライベートエクイティ(=未上場株式を取り扱う投資分野)へ参入するそうです。確かに、後継者のいない中小企業が増加の一途を辿っている様ですので、社会的な意義は大きいと思います。


ただし、金融事業を営む事業主体が、事業承継の分野に参入しましても、あくまでも事業投資ではなく金融投資(=事業を営むことを目的としない投資)ですので、いずれは売却をしなければならないので、自ずと対象となる中小企業が限定されてしまいますので、その実効性には限界があるのではないでしょうか。


中小企業を大手企業と比較しますと、株式を公開していないこともありまして、何かと事業の見える化が進んでいない為か、規則だって会社運営が為されていないこともあり、投資リスクが大きいと思われがちです。否めない部分もありますが、大企業の様にマニュアルに基づく会社運営も、自律性に欠けることにより不祥事が増加する傾向にあります。


これからの時代、大手企業も資本力があれば天下泰平という訳にはいかないと思います。
今までは、モノづくりが企業の中心業務であり、生産設備を整える為の資本力が競争の優劣を決める重要なポイントであったと言えます。ところが、これからの時代は、スピードや創造力といった効率性が事業の良し悪しを決める尺度となります。


今までは「規模の経済」が企業のあり方を規定してきましたが、これからは「範囲の経済」が企業活動を左右するようになります。範囲の経済とは、自らが持つ一つの事業資源を様々なかたちに転用して多様な収益機会を得ることです。例えば、女性が物置に仕舞っているブランド品をレンタルするシェアリングエコノミー等も範囲の経済と言えます。


範囲の経済と言いますと分かり難いのですが、今までに確立されたモノやサービス等の既定の事象に手を加えることにより、「価値を転換」することと言い換えることが出来ます。この様な時代になりますと、企業の規模ではなく、アイディアや独創力が収益機会の源泉となりますので、中小企業や個人事業者であっても大手を凌駕するこが出来ます。


中小企業や個人事業者を見ていて、これからの時代に補強すべきと思う点は、大手企業と同じ様な事業の仕組みで事業を考えてはいけないことと、社内的、社外的な関係作りのためのコミュニケーション力だと思います。折角、創業者に素晴らしい独創的な事業のアイディアがあっても、それを形にする為には表現力が大切です。


中小企業等のトップとお話しをしていますと、事業には将来的な不確定要素が大きいためか、事業計画なんて作っても意味がないという意見を結構多く耳にします。
事業の「計画」というと、何かと数値の羅列で堅苦しいイメージを持たれてしまいますが、財務も言語と同じコミュニケーションツールの一つであると考えて頂きたいです。


事業を表現するのに、言葉や文章で表現するよりも数字の方が表現しやすい、その程度のものです。事業計画で社員の方々や取引先と話しをした方が説明が分かりやすいです。
計画数値は、日本語や英語といった言語の一つだとご理解頂ければ思います。
その事業計画をトップ経営者の所信表明として位置付けても良いと思います。


それから折角、計画を数値で表現するのであれば、一つだけ押さえておくべき数値の理屈があります。これは個人の生活においても言えることですが、お金にはコストがかかるということです。例えば、10万円を定期預金にして1年間銀行に預ければ利息が付きますが、財布に入れたままだと利息が付きません。


定期預金した場合と、財布に入れたままでは、1年後のお金の「価値」が異なること。
先ほども「価値の転換」という言葉を使いましたが、価値とは人間の主観的なものであり個々人によって様々ですが、その価値を数値で表現した時に現在の価値と将来の価値は同じではない。これがファイナンスという学問が説明する究極の一点です。


今まではモノを中心とした社会でしたから、モノに対する価値の研究ばかりが行われて来ましたが、これからはアイディアや独創性といった無形の知的財産に対する価値に対する関心が高まる様になると思います。これから期待される社会に向けて、創造力、マネジメント力、感性が大切な世の中になると思います。


大手企業は集団組織としての意思(=コンセンサス)が必要ですが、中小企業、個人事業者はトップ経営者個人の意思がそのまま事業に結びつきます。トップ経営者個人のライフスタイルや価値観がそのまま事業として表現される、その様な時代です。是非ともより良い暮らしを創造していって頂ければと思います!


今日も、ありがとうございます。
CREATE LIFE!
http://crelife.co.jp


2つのリノベーション!

皆さん、おはようございます!
今日は、福島で朝を迎えています、滞在するのははじめてです。
昨日、今日と東北大震災の原子力発電の影響を受けた浪江町を訪問しています。
未だ街に住民が戻らず、街の機能が停止した状況に心が痛みます。


先日、東京ガスOZONE(=暮らしのデザインセンター)主催のセミナーに参加してきました。タイトルは「未来住宅談議 新しい価値を創出するリノベーション」です。
リノベーションに関わる実務家5名のお話しをお伺いして驚いたのは、皆さん立場は異なりますが、来るべき社会に対する見方が同じであった点です。


これから人口減少により、空き家問題だけではなく地価下落問題も顕在化すること。
更に、生産労働人口の減少にともない、一生働く時代となること。そして、ワークスタイルは必ずしも会社に行くことが仕事ではなく、出社しない社員が増えること。
その結果、企業社会から、生活者が中心の社会に仕組みが変わること。


世の中のトレンドとして、DIY(=Do it yourself/自分でやろう)からCIY(=Creation It Yourself/自分で作成する)に変わりつつあることにも頷けます。作る人と買う人の境目が必ずしも明確でない、個人のプチビジネスが多く生まれています。そして、新たな仕事を創出することにより地域の魅力を高めて行く必要があること等々です。


一言で、今までの社会の常識を疑い、これからの社会は既成概念から脱却した、何事にもとらわれない発想で取り組んで行く必要があることを語りかけています。
個々人が、自分自身の思い思いに物事を考え実現して行くことにより、新たな時代が描かれる、そんな時代の中に私たちはいると受け止めました。


1990年代の土地価格下落がもたらした、長期にわたる国内経済の低迷を思い出して下さい。今でも多くの金融機関が不動産を担保に、新たな融資をどんどん積み増しています。2020年に向けて、完全な不動産バブルが進行しています。ハウスメーカーや建設会社による相続税対策の集合住宅新築ラッシュがそれを助長しています。


今後、地価下落に追い打ちをかける様に空き家、空き室が増えて行きますので、不動産の新たな活用方法を創出して行く必要があります。不動産は生活や事業と密着した関係にあります。人口減少下、居住用としては利活用には限界がありますので、不動産(=立地)を活用した新たなビジネス、仕事を創出していかなければなりません。


これからの時代、シェアリングエコノミーのように個人が商品を供給し、また消費も行う立場の形態が増えて来ますと、自宅や近くのサテライトオフィスで仕事をする方も増えてるでしょう。また、海外からのインバウンド数が2025年には6千万人とも言われていますので、新たな需要に対する受け入れ場所として転用することも考えられます。


地価下落のもう一つの問題は、不動産を担保として融資を受けている中小企業に影響が出ることであり、それを最小限にする必要があります。中小企業も地域に依存する事業であると言えますので、情報化社会の中で地の利を活かした事業への変革を促がし、金融機関に依存しない事業へと転換して行く必要があると思います。


情報化社会の中では、個人が個人に商品を提供する供給者であると同時に他方では消費者である時代です。中小企業も大手企業の下請けから脱却して、消費者へ直接モノやサービスを提供できる時代になります。その際に注視しなければいけないのが、地域との関わりという視点だと思います。


今後、様々なマイナス要因がありますが、情報技術革新により新たな社会の枠組みが生まれ行く中で、地域内で新たな仕事を創出されようとしています。地域の立地ポテンシャル(=地域資源)を充分に見極め、魅力ある地域を創出していくことが不可欠です。
その為には、個々人一人一人がより良い暮らしを創造してい事とではないでしょうか。


今日も、ここまでご覧いただきまして有難うございます!
CREATE LIFE!
http://crelife.co.jp



リニアモーターカーが開業する10年後!

皆さん、おはようございます!
今朝は東京駅八重洲口近くのホテルで目覚めました。
これから福島は相馬方面へ行くための全泊です。
日頃、慣れないホテルのベットは熟睡できないです。。


2027年。あと、ちょうど10年後になります。
JR東海のリニアモーターカーが品川と名古屋間を40分で結ばれ、
2037年には大阪間が60分足らずで行けるようになります。
この区間は押しも押されぬ日本の大動脈といえる区間です。


手前事ですが、自宅から品川駅まで所要時間が1時間半弱ですので、
名古屋や大阪に行く方が時間的には近くなります。
日頃、情報技術革新に触れる機会が多いですが、このリニアモーターカーの開業も、日本の経済やワークスタイルを大きく変えることになるでしょう。


企業も、東京、名古屋、大阪のどこに事務所を構えるか、あまり意味を持たなくなりそうですね。東京に住んでいて、名古屋に通勤することも可能ですし、
テレワークを本格的に導入する企業が増えれば、
毎日会社に行く必要もなくなります。


AI(=人工知能)が、定型的な標準化された業務やちょっとした判断業務を人間に変わり行う様になるのは間違いありませんので、個々人はより考える仕事や創造的な仕事にシフトする様になります。その様なクリエイティブな仕事は、オフィスに机を並べて規則的に遂行するのではなく、多様な人々との交流や心地よい空間の方が力を発揮します。


リニアモーターカーの開業も、その様なワークスタイルを更に助長するのではないでしょうか。創造力は多様な人々との交流、知恵と知恵が織り重なることにより、新たな知恵が生まれます。地域間の人々の移動量が増えれば増えるほど、知識創造社会に近付くとも言えます。


もう一つは、やはりSNSをはじめとする情報ネットワークが個人に行き渡っていることです。個人が書き込んだブログが、読まれた方にとって意味あることであれば、知の融合を生じさせていることです。ちょっとした情報でも、知の融合が進むことは、社会にとって知的財産という資源が蓄積されることを意味します。


誰しもがネットワークに参加できるところに、計り知れない潜在力をもっており、有意義なコミュニティ空間として積極的に活用すべきでしょう。
例えば最近、自らの健康管理のために記していたブログの評判が高く、意図せずしてアドバイスをお願いされ、プチビジネス化しているなんていう話しも耳にします。


この様に考えますと、近未来の究極のワークスタイルは、個人の暮らしと仕事の隔てないライフスタイルの中に、個々人が繋がって意味ある情報を交換することにより生活が成り立つ様になるかもしれません。その様になりますと、誰も1時間以上も痛勤電車に揺られて会社に行こうという選択はしなくなるのではないでしょうか。


会社と個人との関係も、終身雇用の様な硬直的な雇用関係では無くなり、
都度、プロジェクトに寄り集まる業務タスク型の委任関係になるのではないかと思います。また、生産年齢人口の減少が、更にそれを助長することになると思います。
恐らく、これから10~20年間の内にはその様な社会に変容するでしょう。


その様な世界では、きっといま社会で基盤となっている法律自体が、現状に則さなくなり、法令改正が現状に追いつかなくなるのではないでしょうか。株式会社という形態自体が時代にそぐわず、むしろ合同会社の方が実態に近くなるのではないでしょうか。
そう言えば、西友を始めいくつかの大手企業が既に合同会社でしたね。


会社が主体の社会の仕組みとは言いましても、長い歴史の中でみれば明治維新後の150年足らずのことです。それが唯一絶対の仕組みではありません。
技術革新が社会の仕組みを規定するのなら、いま最中にある情報技術革新は、今までとは全く異なる社会の仕組みを求めることになると思います。


その中で、間違いなく言えますのは、次なる世の中は「個人が中心」の社会になるということです。個々人の個性が強く求められる時代になることでしょう。
そうは言いましても、来るべき社会を臆することなく、個々人が自身のライフスタイルを楽しむことにより新たな時代に移り変わって行くことでしょう。


みんなで、より良い暮らしを創造しましょう!
今日もありがとうございます。
CREATE LIFE!


http://crelife.co.jp