誰にも聞けない経営戦略!

ビジネスの未来を財務と心で読み解くブログです!

CREATE LIFE!
より良い暮らしを創造しよう!

http://crelife.co.jp

歴史を活かす新木場「CASICA」!

皆さん、おはようございます!

新聞を取りに外へ出ますと、朝と言うよりもまだ深夜という感じです。
空を見上げますと、微かな月の光で雲があることが分かりますが、
天気は晴れであることが感じ取れます。


先日、新木場にオープンした「CASICA~生きた時間と空間を可視化する」というコンプレックス・スペースに行ってきました。ショップ、ギャラリーをはじめ、カフェ、アトリエ、撮影スタジオを併せ持つ施設です。一見して神秘的ですが心身を優しく包み込む落ち着いた空間が広がり、新しいスタイルの「場」だと思います。


もともと新木場の歴史は、江戸という需要地に向けて全国から海運で集まる木材の貯木場と材木商が集積していた木場の機能を埋立てにより移転させた地域です。
今でこそ貯木場が見当たりませんが、このCASICAの場所もそんな材木商が集まる工業団地内に位置しています。


もともと材木商の倉庫をリノベーションした空間でして、建物そのものは当時からの古いものを使用しており、外壁の錆びたトタンには「福清」と白く大きく書かれているのが読み取れます。今ではレトロという言葉がお似合いです。運河の向こう岸には、やはり倉庫をリノベーションしたのでしょうか、ライブハウスがあるのが見てとれます。


CASICAは大きくはカフェゾーンとショップ&ギャラリーゾーンからなります。
店内は新木場と言う歴史性を踏まえて、倉庫らしい無機質感を活かしつつも、暖かみのある木製のテーブルや椅子をはじめとする家具類でコーディネートしています。
古き良き部分とリノベーションしたちょっとした新しい部分の割合が良いですね。


カフェは南風食堂さんが監修をしているデリカテッセンスタイル。薬膳やアーユルヴェーダの考え方に基づき、心身からの声に耳を傾けた優しい食を可視化しています。
ショップ&ギャラリーでは、昔懐かしい古い家具や陶器をお値ごろ価格で販売しています。見て回るだけでも楽しいものです。


お店のコンセプト通り、時間を止めて、昔を静かに回顧する、そんな佇まいと言えるかもしれません。あまり商売商売していなくて、気分転換できる気楽な場所だと思います。
「生み出されたモノゴトが一同に集まる新鮮な感覚を魅力的なスタイリング空間で可視化して行きます」という理念を見るまでもなく、実感できる空間です。


物流拠点である無機質な新木場の街区も、こうやって時代とともに少しずつ街の機能を形成して行くのでしょう。
新たな息吹が少しづつ人々を呼び集め、それがまた新たな施設を呼び込む力となります。
これから日本全国、特に首都圏で空き家問題が人口減少とともに顕在化して行きます。


居住建物のみならず、業務用、商業用も確実に未利用建物が増えて行くことでしょう。
日本の経済発展を考える時に、兎角、企業を単位に論じられることが多いのですが、多くの産業では場所や立地を事業資源として切り離すことは出来ないものです。商業であれば店舗を何処に構えるか、業務、工業であっても立地効率は重要なテーマです。


それはまた、企業経営を縦軸として捉えるのら、地域としての発展をどう考えるかと言う横軸の捉え方も必要です。私たちは、今まで都市計画の中で、各地域を工業地域だとか商業地域、住居地域という専用地域に機能を集中させてきましたが、経済の成熟により各々の専用地域毎に様々な課題を抱える様になってしまいました。


本来の街づくりとは、一つの地域の中に住居、商業、工業がバランス良く構成させて、各地域が自己完結するコンパクトな街であるべきだと思います。少なくとも、今までの中央集権型の機能分化した都市計画は時代にそぐわなくなっていますので、地域毎に自律する分散型の都市に移行すべき時期だと思います。


経済が右肩上がりに上昇している時期であれば、工業団地の様に一地域に工場を集積させた方が規模の経済を追求することが出来ます。しかし、情報化社会により、規模の不経済の方が目立つようになりますと、必ずしも大きいことが良いことではなく、むしろ非効率になってしまいます。適正規模による連携(=範囲の経済)の方が効率的とも言えます。


いま立川市ではまちづくり立川が「ものづくり支援拠点」を設立し、3Dプリンター、レーザーカッター他のデジタル製造機器を整え、場所を提供するそうです。
世の中では、個人やベンチャーがそれを活用して、趣味の延長の中からスモールビジネスを立ち上げる方々が増えています。既に全国各地にはFabLabも増えています。


東急電鉄では、高架線下の空間を活用して保育施設を開設するそうです。少子高齢化、生産年齢人口が減少する中で、ワーキングマザーを支援する意味でも居住地域内にどんどん保育施設が増えて行くべきだと思います。
JR東日本の中央線高架下でも、同じ様な空間利用が進んでおり良いことだと思います。


空き家率の著しい豊島区では、区内の空き家をシェアハウスとして利用促進する為に、区条例を変更するそうです。一般住居をシェアハウス化する為には建物の用途変更をする必要があり、それなりの改築資金が必要となりますが、シェアハウス入居者が全員一緒に家主と賃貸借契約を締結することを条件に用途変更をしなくても良いそうです。


今後、地域毎にコンパクトな自律する街を作るためには、今までの様に建物を壊して再開発をするのではなく、いまある建物をどう再活用するかという視点が大切だと思います。
それは、再開発に使用する財源があるのなら、働き方改革等に財源を廻すべきであるし、それ以上に街の歴史や時間軸を分断してはならないと思うからです。


何と言いますか、政策も昔の高度経済成長時代の様にじゃぶじゃぶと補助金を投下するのではなく、もっと本当に必要な所に限定して集中投下すべきではないでしょうか。
こと街づくりの観点からしますと、再開発により新たな建物を作っても、人間の心理として周囲の時空間との微妙な壁による閉鎖性を感じ取ってしまい敬遠しがちです。


それよりも、この新木場のCASICAの様に歴史と現代が入り混じった施設をに一つずつ地道に作りながら、私たちの街を自分たちの手で再興することが必要ではないでしょうか。情報化社会は、街にも変革を促がす、その様な時代だと思います。
より良い暮らしを創造しよう!今日もありがとうございます。


CREATE LIFE!
http://crelife.co.jp













働き方改革の本質!

皆さん、おはようございます!
今日、この日曜日は朝から晴れ間が広がり気持ちが良いですね。。
空が澄み渡っている分、寒さが肌に刺さりますね。
でも、折角の天気ですので、今日も街を散策してみたいです!


米国の航空会社も随分と再編が進み、今ではデルタ航空、ユナイデット航空、アメリカン航空の3社がメガキャリアと言われています。米国からアジアへ行くためには成田で乗り継ぐのが今までの話し。最近は、ハブ空港(=乗り継ぎのための拠点空港)が成田から韓国へ移り、中国へは直行便が飛ぶようになり、成田空港の地盤沈下が著しいそうです。


韓国の空港が24時間離発着できることもありますが、中国や韓国と米国経済との関係が深まっていることにも理由があると思います。中国では宅配をドローンで供用開始する他、2025年にはEV(=電気自動車)の市場が5000万台に達すると見られています。トヨタ自動車も中国の自動車メーカー2社とEVで合弁会社を設立するそうです。


この様に見てみますと、国際社会の中で日本経済も存在感が急速に下がっているのではないかと心配です。戦後経済の一糸乱れぬ集団組織力を活かした高品質な製品を安く提供する強みは既に過去の話しとなっています。既に先進国の仲間入りをしている日本は、トップランナーとして新たな付加価値を世に送り出さなければならない立場です。


情報技術革新により、世の中の仕組みが大きく変化している時にこそ、今までになかった新たな商品を提供して行かなければなりませんが、後れを取っているのは何故でしょう。
日本の社会システムや企業組織が、高度に複雑化してしまい、意思決定に時間を要する様になったことが最大の理由でしょう。


もしかすると、内部要因として、余りにも専門特化した組織形態の中で様々な意見の収集が付かず意思決定すら覚束ないのかもしれません。外部要因としては、少子高齢化、人口減少問題がありますが、経済が成熟化したということに尽きるのでしょう。経済を動かしていうのは国民ですから、人々が夢を見なくなったとも言えるかもしれません。


果てしない夢を描く以前に、規制やらルールやらで社内で仕事を進めるにも忙殺されてしまって、それどころではないというのが現実だと思います。ミクロ的には、この間接的な仕事が増加していることに全ての原因がありそうです。企業組織が大きくなれば社内外の関係部局との調整すべき事項が相乗的に増えて行きます。


これが中央集権的な肥大化した組織ヒエラルキー構造の限界で、規模の不経済と言われる所以です。この様な組織では、組織構成員が自らの判断で物事を進めて行く活力のある仕事が生まれて来ません。高度成長期の組織は未成熟で、それこそ従うべきルールが少なく、個々人の判断で仕事を進めて行くしかなかった緩やかさがあったのでしょう。


いまの東南アジア諸国は、ちょうど高度成長期の日本に近い状況にあるのではないでしょうか。その様な中での働き方改革ですが、労働者個々人の働き方を変えると同時に、社会システム、企業組織そのもののあり方を中央集権型から自律分散型に変えて行く必要があると思います。情報技術革新もそれを社会に求めています。


これからの時代、反復的に判断(=機械的な判断)する業務や専門知識は情報技術に置き換えられて行きます。情報としてクラウド上で共有され、必要に応じて個々人がインターネットで参照しに行けば良い訳です。一方、企業も新たなアイディアや知恵をビジネスに繋げて行きたい訳です。企業と個人の雇用関係も大幅に見直されると思います。


今までの知識を拠り所としてアウトプットする業務は情報技術に置き換えられて行きます。これまでの産業界では知識量が豊富で的確にアウトプットできる人材を必要とし、また教育界もその様な人材を多く輩出してきましたが、これから求められる人事は総合的かつ複合的に考える力のある人材です。教育でもアクティブラーニングが必要でしょう。


いま教育の無償化という議論がありますが、私は寧ろリカレント教育(=生涯教育と実地活動を交互に行っていく教育)に力を入れ、日本の経済の中枢を支える30代~シニア層に至るまでの社会人に、自らのアイディアで稼ぐ力を高めて行く必要があると思います。「就社」という、世界で観ても珍しい社会的な慣習も変っていく必要があります。


個人として自律すれば、企業との仕事の関わり方も変わり、プロジェクトごとに人を集めて契約し、成果に応じて報酬を支払う、個人事業者の様なフラットな関わり方になると思います。経営者であっても経営のプロをスカウトする時代です。その時その時の時代的な変化に応じて、企業自体がプラットフォームになる必要があるのではないでしょうか。


企業も、少子高齢化の中で右肩上がりの成長を前提とした賃金体系、終身雇用は、社会保険制度と同様に、これからも維持して行くことが不可能な所まで来ています。それを無理して維持しようとするから、賃金上昇率を緩やかにせざるを得ないと言えます。もっと突き詰めますと、個々人が自律することにより生産性を上げなければいけません。


一夜にして組織や個人個人の意識が急変するとは思えませんが、時間と共にそのスピードが速まって来ると思います。これからの時代、自らの知恵、アイディア、専門性を源泉として、多様な働き方を認める時代になると思います。その拠り所になるのが、生活の基盤であるより良い暮らしを創造することではないでしょうか。


今日もありがとうございます!
CREATE LIFE!
http://crelife.co.jp


あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ、、、、、、、、、何処に行こうかなから


変わる、ビジネスのこころ構え!

皆さん、おはようございます!
今朝は寒さも一段と厳しくなってきましたね。
午後からは雨が降るようですし、冬将軍到来のようですね。
あまりの寒さにファンヒータを使いはじめました。


先日、今はなき以前勤めていた会社の諸先輩方との会合でのこと、印象的なことが二つありました。一つは、某金融グループで子会社を設立し社長にまで上り詰めた方が社長を辞めたくてしょうがないと言います。その時の話しを総合しますとグループの総意で満を持して始めた新規事業ですが、時代の流れでグループの方針が真逆に変わったとのこと。


確かに金融グループの中での実業ですので、グループトップが金融畑で、実業に対する理解が薄ければ、その様な判断になってしまうものかと、こちらまで遣る瀬ない気持ちにさせられます。金融グループとして、その運営事業のリスクに対する目利き力を蓄積し、金融事業と補完できたら、こんなに強いことはないと思うのですが。。


もう一つは、某専門小売事業を営む先輩女氏を遠目ながら見渡していますと、非常に水を得た魚ではないですが、女性としての力量を活かせる職務のせいか、活き活きとして見えます。女性は、自身の強みを活かしながらコツコツと伸び伸びと仕事をされるので、良い成果を上げられるのではないでしょうか。


生産年齢女性人口のうちフルタイムで企業に勤めていらっしゃる方はだいたい50%強で、子育てに手が掛からなくなった年代か、子育て中でも託児所を利用していたり、産休中の方も含めた数値だと思います。未就労女性の中には家事や育児の合間に働きたい方も多く、今の時代、本当に働く意思のない女性はごく一部ではないでしょうか。


その様な中、地域でのはたらく女性を応援する事業を営む、非営利株式会社Porarisの方にお話しをお伺いしました。高い特技やスキルを持つ子育て期間中の女性の中には自らスモールビジネスを起業してお金を稼げる人が結構いらっしゃるそうですが、起業というと構えてしまう方が多く、優しく背中を押したりするそうです。


私も女性は、自分のできることを無理せずマイペースに楽しみながら事業を行う為、野心を持った男性諸氏の起業よりも上手いと思っています。第三者から出資を得たり、他人資本を活用して事業をはじめますと、何だかんだと利害調整が面倒になりますが、一人自分で出来ることを堅実に進めて行く分には事業リスクも軽減できます。


これは女性の起業に限った話しではなく、男性諸氏であっても企業戦士の如く、難しいことを無理して行ってもストレスが溜まるだけです。何れ、心身がすり減って、疲れ果ててしまいます。ビジネスの基本は、自分にできることを敢えてリスクを冒すことなく、自然体で出来る限りの努力を行う環境を如何に自ら作るかではないでしょうか。


その様なポジションにおかれた時に、人は最大のパフォーマンスを発揮することが出来るものと思います。怠けて楽をすべきということではなく、自分の身の回りのストレスとなる要因を敢えてこちらから拾いに行く必要はないということです。自分にとって気持ちの良いことだけをすればいい。


その意味で、冒頭に登場した某金融グループで子会社の社長にまで上り詰めた先輩の発言は、非常にご自身のことを良く理解されており、人間として自然な感情だと思います。
大企業の描く経営戦略に一貫性がなく、統率力も失われつつある中で、理不尽なことも多々あると思います。組織が肥大化すると、ヒエラルキーも自己矛盾を起こします。


人間と言うものは、世の中に必要な自分の遣りたいコトを自分の好きな様に、誰にも邪魔をされずに行える時が一番幸せなのではないでしょうか。
そして、自分の手掛けたことが成長するのと共に、自分に共感する仲間が一人づつ増えて行く。それが松下幸之助であり、本田宗一郎他の創業経営者であったのでしょう。


時代が大きく変わり行く中で創業経営者なき後の企業は、企業理念がブレてしまい求心力が低下してしまうのが現実だと思います。働く者の心理を考慮しますと、強い意志を持ったカリスマ経営者を後継に据えるか、事業単位別に分社化を図るしかないのではないでしょうか。経営トップと社員がビジョンを共有できる最適な規模があるでしょう。


企業もまた、社員が自律的に気持ち良く働ける環境が不可欠です。社員一人一人が経営者としての意識を持って、自らの領域の中で最大のパフォーマンスを発揮した時に、企業として最大のパフォーマンスを発揮するでしょう。企業であっても、起業であっても、個々人が最大限の効果を発揮できる「場」を自ら作り出す時代ではないでしょうか。


より良い暮らしを創造しよう!
今日も、ありがとうございます。


CREATE LIFE!
http://crelife.co.jp