誰にも聞けない経営財務戦略!

ビジネスの未来を財務と心で読み解くブログです!

CREATE LIFE!
より良い暮らしを創造しよう!

http://crelife.co.jp

ファイナンス思考!

皆さん、おはようございます!
今年は新盆で家族一同が顔を合わせています。
兄と息子達が酒を酌み交わしている姿を見ますと、改めて血縁関係なんだと思います。
また、息子達もいつの間にかに成長したんだと感心します。



最近、企業経営の世界でファイナンス思考というのが密かな話題となっているようです。
現代における企業経営における課題として、会計思考に偏重し過ぎていることについて警鐘を鳴らされているのだと言えます。会計というのは過去の実績を取り扱う社会科学であり、財務諸表で表現される利害関係者とのコミュニケーションツールに過ぎません。


これに対して、ファイナンスは将来起こり得る事象に関する判断軸を提供する計測ツールということが出来ると思います。両者に共通するのは、ともに経済事象を取り扱うツールであり、数字を媒介として説明される点です。大きな違いは、会計が「過去」の経済事象における数値を扱うのに対して、ファイナンスは「将来」を対象としていることです。


企業の年度決算、四半期決算報告などを見ていますと、例えばセコムが第1四半期において過去最大利益を更新、とかアース製薬の純利益が前年対比で35%減少などという使われ方をするのが会計思考になります。既に済んだ業績がどの様な結果であったかを過去の実績と照らし合わせて表現する方法です。


株主をはじめとする企業の利害関係者に対して経営状況の結果を報告する方法としては悪くはないのですが、問題は企業の経営者が会社の舵取りをするうえで、損益計算書上の売上や利益の伸び率を目標に掲げてしまうことは時代に相応しいとは言えないと思います。
経済が成長している時代なら、売るものが明確なのでそれに傾注していれば良い訳です。


ところが、いまは何が売れるのか分からない時代であり、むしろ新たな事業を創出して行くことが企業に求められています。過去の延長線上で将来を描くことが出来ない時代だということが出来ます。それにも拘わらず、世の多くの企業では、過去の延長上でこれからの事業を捉えていると見られても仕方がありません。


業績というものは、将来に向けて踏み出した結果にしか過ぎません。新たな事業を複数描き、そのどれを選択するか優劣を判断する際に、ファイナンス思考が必要となります。
仮に当面、会計では赤字となりますが、将来に向けたその投資プロジェクト全体では現状の企業の投資利回りよりも格段に上回る投資案件があったとします。


会計思考では、当面の赤字に対する説明が出来ないためその投資は棄却されることになりますが、ファイナンス思考では将来的に膨大な果実を得ることが出来るため、その投資を実行することになります。ファイナンス思考で経営している企業として、米アマゾン、国内では日立製作所やリクルートが良く挙げられます。


ベンチャー企業などでは、そもそも過去に遡って照らし合わせる業績がありませんから、自らが為し得ようとする事業構想をファイナンス思考で説明して行く以外にありません。
当然に足下の業績は先行投資が嵩みますので赤字です。多くのベンチャー企業がその様な思考であるのに対して、殆どの大手企業が会計思考であることは否めません。


業績が悪化=株価低迷という図式を描いてしまうからだと思いますが、必ずしも足下の業績が悪くとも、将来に対する明確なビジョンを描くことが出来れば、むしろ株価はプラスに反応するものです。それが出来ないところに、いまの大手企業の問題があると言えます。目に見えない将来を描く為には、社内でコンセンサスを採っていては出来ません。


経営を司るトップが自らビジョンという画を描くか、それが出来ないのならそれが出来る人財を傍に置いて任せるしかないでしょう。将来の画を描く為には、会計やファイナンスといった技術でも出来るものではないでしょう。デザイン思考やアート思考といった見えないものを描く力が不可欠だと思います。


デザインが「作ろうとするものの形態について、機能や生産工程などを考えて構成する」ある種の技術であるとしたら、アートは「特殊な素材・手段・形式により、技巧を駆使して美を創造・表現しようとする人間活動、およびその作品」という創作活動ということが出来ます。その意味では、これからの時代に必要なのはアート性ではないでしょうか。


世の中の抽象的なものを具体的に普遍性ある構想として纏め上げて行く力が求められていると思います。その意味では、会計思考もファイナンス思考も技術にしか過ぎませんが、ファイナンス思考は未だ見えない将来を見つめた時の判断軸として活用できるという意味では、会計思考よりも時代に即していると言えるかもしれません。


今日もありがとうございます!
http://crelife.co.jp


企業の栄枯盛衰!

皆さん、おはようございます!
電車に乗って、都心に行きましても人影はまばらです。
世の中はお盆休みで、故郷、観光地へと民族大移動なのでしょう。
集団心理ではないですが、人々が一斉に同じ様な行動をとるとは不思議な現象ですね。



企業の栄枯盛衰。創業期、成長期、成熟期を迎え、やがて衰退期に至ると言われています。その過程の期間は企業により区々ですが、新聞の株式市況欄に掲載されている企業の中で100年以上の歴史を持つ企業数は、ほんの一握りではないでしょうか。
戦後設立された多くの企業が成熟期から衰退期に向かっていると言えるでしょう。


企業組織も人間が司っている以上、人間の肉体と同様に、段々と老化して行くのでしょう。企業とは経済合理性の下、規模の経済を追求し、自らの組織にヒエラルキーを持たせ、業務を画一化させることにより効率性を追求する存在です。それを追い求め続けますと、いずれ全体最適性を見失い、やがて組織としての論理矛盾を抱えてしまいます。


組織は、自らの生命力を維持する為に、お客様や取引先との友好な関係を築く以前に、組織の論理を押しつけるようになって行きます。組織内部では、忖度(=そんたく)という一流のコミュニケーションをとる様になり、上から下に至るまで組織内で働く人々が金太郎飴の様な面構えをする様になってしまいます。


先日、音響家電機器の名門パイオニアがそれまでの会社再建の介なく、会社の身売りを発表しています。起死回生の為に最後まで残したカーナビゲーションシステムの研究開発に乗り遅れ、更に業績を悪化させてしまった様です。技術力はあるのでしょうが、きっと企業組織を取り巻く外部環境との間に大きな乖離が生じてしまったのでしょう。


パイオニアも一世を風靡していたころは、非常に人間臭い進取性に富んだ会社として、称賛を得て来た時期があります。組織化による弊害を埋める風通しの良い筈であった阿吽の呼吸ともいうべき人間関係が、成熟期を通していつの間にか動脈硬化を起こし、派閥を作るようになり、情報が組織内を円滑に巡らなくなったことが一因としてあると思います。


会社としての業績が悪化するより前に、その兆候は現れると思います。日産自動車、三菱自動車の不祥事問題も記憶に新しいと思います。どの企業組織も、大体は同じ様な問題を内包しており、それが顕在化しているのに過ぎないと思います。この疾病に蝕まれると、一度は治ったと思われても、なかなか根治しない企業文化に起因する病だと思います。


多くの日本の大手企業が、大なり小なりこの病を患っていると思われます。組織が経済合理性を追求し、肥大化して行く過程で必ず現れる矛盾だからです。
企業文化とは、そこで働く人々の言動の集合ということが出来ます。個々人が変わらなければいけないのですが、集団心理でそれがなかなか出来ないのが人間たる所以でしょう。


それを未然に防ぐためには、その集団を構成する人の新陳代謝を促がすことでしょう。
時代が大きく変わり行く中で、企業組織も変わり行く柔軟性を持たなければなりません。
今まででしたら、企業も大量生産大量供給という単一の目標に対して、ヒエラルキー組織が企業運営をしていくうえで効率の良いものでした。


モノが満たされた社会において、それが急に上手く機能しなくなり混沌とするのは当然の帰結でしょう。時代が多様性を求める様になる中で、外部環境を柔軟に受止める必要があります。アメーバーの様に柔軟に自らを変容させる組織がこれからは必要だと思います。
その為には、その組織を構成する人々が自律的に動くことが不可欠でしょう。


農業や林業を営む方々に接していますと、自然に対峙して自己責任で天然素材を生産している方々ならではの柔軟性と自律性を感じます。逞しいの一言に尽きると思います。
また、自然との相互作用は、経済や商売の原点だと言うことも出来ると思います。余談ですが、消費者と直に接する機会が増えれば大きく変わり行く産業でしょう。


翻って、大手企業での仕事は個々人の仕事が細分化され過ぎており、独りで完結出来ないところに問題があると思います。仕事をすることに対する意味性が一次産業を担う人々と真逆に位置しています。人類の歴史を振り返りますと、一次産業を基軸に二次産業、三次産業へと変遷し、経営の近代化にともない働き方も変容して来ています。


その歴史の進展の中で、大切な働くことの意味(=お金を稼ぐことの意味)を切り捨ててきてしまっている部分もあると思います。人間が考え具現化してきた仕組みですが、それが時代にそぐわなくなればそれを変えて行くのも、また人間でしょう。その意味では、経済合理性の考え方とともに、人間が持つ本性にももっと目を向けるべきでしょう。


今日もありがとうございます!
http://crelife.co.jp




起業の多様化!

皆さん、おはようございます!
この土曜日、日曜日は意識的にゆっくりと休むことができました。
特に何をした訳でもなく、時間があれば寝ていた感じです。
そのせいか、今朝は身体が軽く感じます。



日本は、米国や中国に比べると格段に起業する人たちが少ないと言われています。
いまの若者たちが保守的だと言われることもありますが、必ずしも起業する側の問題ばかりではないと思います。また、スタートアップベンチャーの創業者と言いますと、若い人たちをイメージしがちですが、必ずしも若い人たちだけの専売特許ではないと思います。


長年、サラリーマン生活を送り第1ステージをリタイアしたシニアや子育て経験のある女性ならではの感性を持つ主婦からも起業者が出て来ても良いのではないでしょうか。
一方、起業にあたり少なからず元手資金が必要と言われますが、必ずしもスタートアップベンチャーに還流させる必要があるかというと疑問に思わざるを得ない点があります。


ベンチャーの柔軟性という観点では、確かに年若い創業者の方が時代に対する感度も良く、新しいものを採り入れて行く吸収力が高いと思います。しかし、若き創業者はビジネスに対する経験値が必ずしも高いと言えず、その分、失敗も多いと思います。失敗も肥やしの内と言えばそうなのですが、取り返しの付かない失敗も多く見られます。


その意味でいえば、若きスタートアップ達は進取性に富む強みを活かして、現状の画一的な社会のしがらみに拘ることなく、新しいアイディアをどんどん創出し、具現化していけば良いと思います。そのプロセスの中で、その択一した発想に関心を持つ後継人が現れますので、事業の成功に向けた手ほどきを受けて行けば良いと思います。


人性100年時代を迎え、第一の人生を終えて、第二の人生の方が長くなっています。これからの日本は人口構成上、この第二の人生を過ごすシニア層が人口の大半を占めると思います。この豊富な人生経験を持つシニア層にも事業スタートアップの担い手として頑張っていって頂ければと思います。


いまのシニア層の大部分を占める団塊の世代は、伸び盛りの企業の中で若き時代のビジネス経験を積んでいますので、まだ企業がいまほど画一的な効率性を追求する前の世代であり、その意味では企業を育てて来た野性味のある方々が多いのではないかと思います。シニア層に、若きスタートアップの様な激しい起業をイメージするものではありませんが。


やはり、その年代には年代の持ち味があると思いますので、それを活かして小商い風に無理なく起業して頂くことも現実な選択肢だと思います。先端技術を活用した事業でなくとも、日々の暮しの中で感じる課題、問題点、疑問といったものを(資本集約型ではなく)労働集約型の起業形態により営んでみたら面白いと思います。


豊富なビジネス経験を裏付けとして、例えば企業間で重複する地域宅配の無駄を解決するため、地域のラストワンマイル宅配業者としてそれら企業から業務を受託することも考えられます。それ以外にも、高齢者居宅の見回りなんていう需要もあると思います。それらは、どちらかと言いますと失われた地域コミュニティを補完する需要でしょう。


女性の起業者は、男性のように破天荒な夢を事業に馳せることなく、堅実に自分の出来ることや興味の延長で無理なく事業を捉えるため、以外に起業の成功率が高いのではないかと思います。それこそ自らのライフスタイルの一環で家計感覚で事業にあたることが、地に足のついた堅実な経営となる様です。小商い感覚が良いのでしょうね。


事業を開始するにあたり、何らかの資金を必要となるものです。よく論調として、日本ではスタートアップベンチャーに還流する資金が少ないと言われていますが、必ずしもそうであるかは疑問です。起業当初から必要な資金を得ますと、事業の骨格が固まらない状況の中で、漫然と経営を行ってしまいがちです。


ベンチャー起業の草創期の原点は、お金がなくとも労力と知恵を如何にお金に換えて行くかということに汗水を垂らすべきだと思います。この経験を抜きに、起業を成功に導くことは難しいといっても過言ではないでではないでしょうか。それから、最初から大きく起業するのではなく、自分一人で出来るところから小さく起業するのが秘訣です。


いまの日本は、総サラリーマン社会となってしまい、物事の発想が画一的に成り過ぎてしまっている帰来があります。これからの世の中は、大手企業であってもビジネスのタイミングを少しでも逸してしまいますと、取り返しのつかない時代です。その様な企業に身を委ねる方が安全と考えるか、自らの身は自分で守るかはあなた次第だと思います。


今日もありがとうございます!
http://crelife.co.jp