誰にも聞けない経営戦略!

ビジネスの未来を財務と心で読み解くブログです!

仕事のやりがい

皆さん、おはようございます!
今朝は昨日とは打って変わって、そとはまだ暗いですね。
どことなく秋を漂わせる涼しさを感じます。
庭の草木も真夏の青々とした元気の良さから秋めいてきましたね。


昨日、久しぶりに財務の人材紹介事業を営んでいる先輩のO氏と、お昼をご一緒させて頂きました。O氏も大手上場会社の破綻処理を経験し、一回り年上の先輩ではありますが、同じ様なキャリアを積んできたこともあり、親しくさせて頂いています。現在は、主に株式公開前後の企業のCFO(=財務責任者)に特化した人材の紹介をされています。


お話しの中で、最近の若い起業家達は2000年代前半のITベンチャーの社長とは異なり、お金儲けの為に起業して株式を公開するのではなく、社会的な意義や課題を解決する為という明確な目的意識を持っていると、いたく感心されていました。その中の一人にバイオマス発電の社長のお話しがありました。


確か一昨日、HRTechという人事関連のオープンセミナーの講演を聞いた時に、日本の大手企業は世界的にみてエンゲージメントが極端に低く、26位に甘んじているという話しを思い出しました。エンゲージメントとは、仕事の面白さ、意味、意義などを通じた貢献意欲のことです。


例えば、会社の目標や目的に対する共感性、その会社で働くことに対する誇り、会社の仕事に対するモチベーション等、その会社に所属することにより自発的に仕事に取り組む貢献意欲を指します。海外の企業の従業員は、軒並み過半数の従業員が高いエンゲージメントを示しているのに対して、日本企業に勤める従業員は半数にも満たない状況です。


これだけ働く人の仕事観が多様化している、というよりも価値観が多様化している中で、誰しもが社会的な意義のある事を目的意識を持って働きたい、社会貢献したいという意識は万国共通だと思います。その個々人の思いと、会社の理念や目的と共感することにより、付加価値の高い仕事をアウトプットする源泉となるのではないでしょうか。


講演の中では、海外に進出している日系企業の現地採用スタッフに対するアンケート結果もあり、トップ100社の中に実に日系企業は2社しか入っていないという惨憺たる状況です。現地スタッフからみると、日系企業は閉鎖的であり、日本から派遣される駐在員は2~3年のローテーションで帰国してしまうので仕事をしている様に映らないようです。


先の先輩O氏の話しではありませんが、日本人でも本当に働きがいを求める方は大企業に勤めることなく、自ら起業する道を選んでいる若者が増えているのは、この大企業におけるエンゲージメントの低さが原因になっているとも言えると思います。本当に社会の為に貢献すべくビジョンを描いている大企業はどの位あるのでしょうか。


大方の企業が、社内からの生え抜き社長がトップに付き、数年おきにローテーションの様に後任にバトンタッチをする状況では、なかなか明確な戦略を描き切れないのも分かりますが、それでは社内で働く方々に共感を持たせようにも無理があります。その点、高度経済成長期はやればやっただけ成果が上がった時代ですので一体感が高かったと思います。


団塊の世代が引退後、エンゲージメントが必ずしも高くない社員が中枢を担う様になってきているそうです。今後、どの企業も経営人材が不足する状況が避けられなくなるのではないでしょうか。一方、ベンチャー企業のみならず、日頃から若い世代の中小企業の社長を見ていますと、非常に大志を持って事業を営んでいる方が多いです。


大企業がグローバル競争で守勢に回る中で、情報化社会の進展により国内の市場環境は大きく変容しています。大手企業では手の届かない、ニッチな需要を中小企業が確実にコトを提供して行きますと、次なる時代は今までの景色とは全く異なるものになるかもしれませんね。


今日もご覧頂きましてありがとうございました!


小林製薬のイノベーション戦略!

皆さん、おはようございます!
今朝は、この数日間に比べて空がとても明るいです。
天気予報によりますと、今年最後の夏日になるようで、
今日も一日、季節を楽しんで行きたいと思います。


昨日は、溜池山王にある、まだプレオープンのオフィスビルで
HRTechという人事関連のオープンセミナーへ半日ほど参加してきました。
人事関連のセミナーへの参加は初めてでしたが、生産労働人口の減少や働き方改革が急務となっている中で、実際の企業の現状を理解することが目的です。


印象的でしたのは、私も大手企業を離れて10数年が経ちますが、
日本の企業は本当に人材の採用が出来なくなっていること、
そして社員の企業に対する、自分の人生と会社のビジョンや経営戦略と言った方針とを
重ね合わせてモチベーションを高めるといった帰属意識が非常に低くなっています。


一方で、企業を取り巻く経営環境は厳しさを増すばかりで、
人事部として働き方改革を推進しようにも経営から明確な戦略が出てこず、
遅々として進まないなんていう課題も内包しているようです。
また、発表者が異口同音に言っていることが現在の雇用形態は無くなるというものです。


働く側の意識が変容していることと、
企業を運営するスピードが速くなっているため、
某プロジェクトを推進する為に必要な人材を一週間以内集めなくてはならないという様なことも起き始めている様である。技術者やM&A人材が例示されていました。


この様に企業の人材に関する環境が大きく変容している中で、
企業に求められているのがイノベーションです。
業務上のイノベーション、商品開発のイノベーション、事業のイノベーション、経営のイノベーションという段階的なイノベーションです。


このうち商品開発のイノベーションを上手く組織として取り込んで成功している会社として、アンメルツやブルーレットでお馴染みの小林製薬のご紹介がありました。
同社のスローガンは「あったらいいなをカタチにする!」です。兎にも角にも、社員から経営に至るまで運動論の様に新商品のアイディア出しすることに命をかけている。


そして、社員から出て来るアイディアをボトムアップで直接経営トップが判断するという社内の仕組みが徹底されている。
毎年、30数種類の新商品を上市するというから、もの凄い数です。社員のみならず、広告代理店や取引先からもアイディアを募る徹底ぶりです。


商品化が決定されたアイディアは、プロジェクトとして選抜メンバーが商品化を手掛け、決して組織だって商品企画→製品開発という様な流れでは商品化は行わないそうです。
商品化においてリスクを取ろうとしないマネージャーがいると、商品開発が滞るので一番の課題として問題視していました。


小林製薬の場合は、トップマネジメントの3人が小林家の同族会社であるため、
ここまで極端な組織運営を徹底できるのでしょうが、サラリーマン社長であればなかなか出来ることではありません。でも、これからの時代、小林製薬の様に極端な個性的な経営を行わないと、時代のスピードに付いていけないのも事実だと思います。


組織運営をしているというよりも、「商売」をしているという躍動感を感じます。
組織は、効率化や標準化を突き詰めて行きますと、事務作業を滞りなく進める官僚的な組織になってしまいます。どの企業も同じ様な形態に行きついている中で、これから望まれる組織は本音で語るちょっと「破天荒」な位がちょうど良いのではないでしょうか。


今日も、ご覧頂きましてありがとうございます!





教育無償化とプログラミング教育!

皆さん、おはようございます!
今日もブログをご覧いただきまして有難うございます。
9月も下旬になってきましたが、朝5時はまだ薄明かるい程度で確実に秋が深まっています。昨日は朝6時から夜10時まで外出をしておりブログをお休みさせて頂きました。


少子高齢化、人口減少、人生100年時代。
どれも日本は先進国のトップランナーとして世界の注目を浴びつつあります。
再来年から消費増税を原資にどの様な使途に振り分けるか、
実感なき低経済成長の中で非常に大切な時期であるのではないでしょうか。


赤字国債も随分と積み上がっていますので、
将来に付けを廻さない為にも少しでも減らして行くべきであることは間違いありません。
ただし、折角の血税により確保した財源をそのまま赤字国債償還に回したのでは、
何ら将来の経済浮揚の為に付加価値を生む先行投資にはなりません。


経済を浮揚させるためには戦後長らく続いた右肩上がりの成長を前提とした社会の仕組みを変えて行く必要があると思います。人生100年時代を迎えますと、20代前半に教育を終えて、新卒で社会に出て仕事に就き、60代前半で引退して、第二の人生を送るという仕組みでは、豊かな暮らしを享受するとは言い難いものがあります。


経済を企業に見立てて考えるなら、継続的に成長を維持して行くためには、知的生産性を飛躍的に伸ばし、付加価値額を充分に労働者に還元するとともに、内部留保を新たな事業を創出する為に振り向けることです。ちょうど情報技術進展による第四次産業革命が明らかなものとなっていますので、これを梃子に社会を大きく転換すべきだと思います。


一昨日まで本ブログでご紹介してきました自動車の「CASE化」で要約されるように、様々な分野に情報技術が応用されることにより、生産性が高まるとともに、働き方も大きく変容してくると思います。例えば、自動運転化は宅急便のドライバー問題を緩和し、ライドシェアは誰もが運送事業に参入できる機会をもたらします。


ただし、ここで重要なのは、折角の情報化社会の転換点となる効果を最大限に引き延ばすためには、誰もが言葉を話す様にAIプログラミングの能力を高め、日常の生活や業務の中で誰もが自由に利便性や生産性を高めるために駆使できる使いこなせる様な情報化リテラシーを高めて行くことが理想です。


情報学習は、今までの様な知識の詰め込み教育ではなかなか身に着くものではなく、自ら楽しみながら学ぶことが不可欠となります。また、情報プログラミングを学ぶことにより、その技術的な知識のみならず、①抽象化する能力、②理解して分解する能力、③順序立てて考える能力、④分析する能力、⑤一般化する能力が身につけることが出来ます。


この①の抽象化する能力とは、優れた芸術家が持つ素晴らしい創造力です。対する能力が具体化思考です。例えば、情報化(C)、自動化(A)、シェアリング(S)、電気(E)という概念を与えた時に、現在の教育の仕組みですと各々の概念を突き詰めて専門的に掘り下げる具体化思考となります。


ところが、抽象化思考の能力は、各々を統合的に理解し「未来のクルマ」というように、普遍的な本質を導き出し、各々をどの様に再構築すれば来るべき次世代のクルマになるのかを再統合する過程を経る、非常に創造的な思考法となる訳です。情報プログラミング教育を通して、この様なアーティスティックな思考法と具体化思考が身に着く訳です。


今までの知識偏重教育では、具体化思考に偏重してしまいます。単に黒板に向かって情報プログラミングを学んでも身に付きませんので、例えばサッカーのフォーメーションを
情報プログラミングを通してシミュレーションする他、音楽の作曲や編曲をデジタル的に情報プログラミングを通して行い、実利がある形で学んだら効果的ではないでしょうか。


昨今、小学生、中学生のプログラミング教育が義務教育化されることが取り沙汰されています。学校教育だけでは不足なので、全国の少年野球チームやサッカーチームの様に少年団を通じて学ぶ機会を与えるべきではないかという議論もあります。そういった内容とも非常に調和する情報プログラミング教室が可能とするのではないでしょうか。


また、情報プログラミング教育は、教育課程にある子供達だけではなく、社会人に対しても門戸を開きリカレント教育として豊富な人生経験を持つ現役ビジネスマン、シニアにも学ぶ機会を提供できれば、働き方改革でも、また人生100年時代においても、
仕事の生産性を飛躍的に高め、新たな事業を創出する原動力になるものと思います。


いま環境問題、地方創生問題等、様々な問題が国内に山積しています。
これを解決する為には、国民の情報プログラミングの基礎的な能力を底上げをし、
今までの教育制度のもと育んできた「具体化思考」を主とする能力に加え、創造力の源となる「抽象化思考」を各々が身につけることが今後の経済に有効であると思う次第です。