誰にも聞けない経営戦略!

ビジネスの未来を財務と心で読み解くブログです!

CREATE LIFE!
より良い暮らしを創造しよう!

http://crelife.co.jp

VOLVOの新たな取り組み!

皆さん、おはようございます!
今日もご覧いただきまして有難うございます。
昨日からの一泊二日の研修で東大和という街で朝を迎えています。
何もない研修センターの自室でパソコンに向かっています。


最近、次世代自動車の主流はEV(=電気自動車)かと思わせるぐらい、世界各国の自動車メーカーがEV発売を発表しています。その中で、スウェーデンのVOLVO社は他のメーカーに先駆けて2019年より発売を開始するようです。今回の発表時に、自動車業界では珍しい新しい販売方法を打ち出し、目を惹きましたのでご紹介しようと思います。


それは「サブスクリプション型」と呼ばれる、携帯電話のサービス込み月額定額料金制の様な販売方法を年内に導入するそうです。頭金は不要で、毎月一定額を支払って2年経過すると新しいモデルの車に乗り換えられるとのことです。新車価格600万円クラスのスポーツタイプのVOLVO車が、月額約9万円位に料金設定されるとのことです。


自動車保険や修理費等の追加費用も含めた料金ですので、販売の仕組みは確かに携帯電話と同じ様な考え方ですね。外車には縁のない私でも少しは身近に感じます。
VOLVO社が新しい販売方法を打ち出す背景には、消費者が今までの様に自動車を買わなくなるとの予測があります。


確かにトヨタ自動車もEVだけではなく、ライドシェアリング(=クルマを複数の個人で相乗りすること)ビジネスを営む企業に出資を始めているのは、VOLVO社と同様の市場予測があるからかもしれません。実は、VOLVO社のサブスクリプション型販売の面白いところは、更なる付加サービスも用意されていることなんです。


既にスウェーデンでは展開されている様ですが、自動車に荷物を配達するサービスがその一つです。どの様な時に配達を利用するのか分かりませんが、運転者が不在でも配達員がスマートフォンで一度だけ解錠できる「スマートキー」が要点となっている様です。
このスマートキーを使って洗車や給油の代行サービスも検討しているとのことです。


ここまで話しを聞きますと、自動車メーカーもいよいよ車体販売だけでは企業成長が難しくなるので、クルマをプラットフォームに見立てたサービス戦略に転じようという、新たな胎動として受け止められます。先日の日産自動車の経営計画発表でも、そこまで具体的には公表されていませんでしたが、クルマのIT化が一つの戦略となっています。


確かに世界で12億台ものクルマがこの地球上を走っている訳ですから、そのクルマを基盤に新たなITサービスを考えるのは当然と言えば、当然だと思います。
最近のクルマは、インターネットで走行状態を外部からモニタリング出来る様になっていますので、様々なIoT(=モノや機械とインターネットが融合)事業が考えられます。


この様に自社が製造したクルマという鍵となる事業資源を活用して、派生的に複数の異なる事業展開を行うことを「範囲の経済」と言うそうです。規模の経済が単一事業の規模を拡大させることにより経済的な利益を享受するのに対して、範囲の経済は「自らの核をなす資源で異なる事業を繰り広げることより利益を追求する」と言うことができます。


資本主義経済と言えば規模の経済が代名詞の様に考えられていましたが、大手企業も規模の経済におけるコスト優位性に限界を感じているという、一つの現象なのでしょうか。「規模の不経済」に気が付いた企業は、自らが持つ最大の強みを活かし、情報技術を融合させて、業容転換していくことが資本主義経済の先にあるのかもしれません。


この様に理解しますと、先日のブログでも綴りました「郵便局」についても、全国20千店舗を持つセブンイレブンを上回る、24千局をもの郵便局の「立地の規模」を活かして、郵便、貯金、保険の取り扱い以外に、地域に必要とされるサービスを展開して行くことが、あるべき姿だと言えるのではないでしょうか。



CERATE LIFE!
より良い暮らしを創造しよう!
http://crelife.co.jp







全体最適の社会!

皆さん、おはようございます!
三連休はどの様にお過ごしでしたでしょうか。
天候にも恵まれ、絶好の秋日和でしたね。
さぁ、今日から4日間、頑張って行きましょう!


このところ、企業の不祥事が事欠かないですね。
最近の新しいニュースでは神戸製鋼がアルミ製品の品質データ改ざん、日産自動車が完成車検査を無資格者が行っていたとか、少し遡れば東芝、三菱重工、三菱自動車。。
名門と言われる企業のオンパレードです。


なぜ、この様なことが立て続けに起きるのでしょうか?
何れにも共通しているのは、組織としての問題であること。組織の中で、直接業務に関わった社員が存在するのでしょうが、集団の中での個人は組織人と化してしまい、普段生活を営む私人とは異なる心理が作用してしまうからでしょう。


企業は、資本主義経済の中で、競争を行うことにより新たな技術の革新、効率化、コストダウンの弛まぬ努力を続ける存在です。その競争が、国内でだけではなくグローバルな企業をも相手に、日夜終わることない果てしない営みを繰り広げています。この様な大手企業の行く果てはどこにあるのでしょうか。


企業活動は、株式を公開していれば尚更ですが、絶えず成長を求められます。株式市場は増収増益をあたり前とした仕組みとなっていますので、存続のためにはどこまでも遠心力を働かせなければいけません。それが、海外覇権を目指したM&Aや同業者の合従連衡としてのM&Aとして現われています。


最近、「規模の不経済」という言葉を目にしました。なるほど、確かに。。
資本主義経済の下、大量生産を果たしていれば単位当たりの製品コストが低減し続けるという幻想を抱いていましたが、実は単位コストの低減も行きつくところまで行きますと、規模のコストが重く圧し掛かってくるというものです。


例えば、肥大化した組織というヒエラルキーの中で、効率的に業務を進めるためには、働く個々人の業務を標準化して組織をシステマチックにして行くことが尊ばれます。しかし、時代は絶えず動いていますので市場環境が変わると組織も改編しなければいけないのですが、その時に業務が滞りなく進まなくなってしまいます。


また、来るべき時代を予測して研究開発を行っていかなければいけませんが、
巨大化した組織が享受しなければならない、余りある利益を生み出す新製品を開発する為には、巨額の研究開発費を投入する必要が出て来ます。企業が際限なく新たな製品を生み出して行くには限界があるというものです。


企業の組織化が極限まで進みますと、そこで働く人々が社内で気軽にコミュニケーションを採る機会が少なくなり、無言で黙々と自らの仕事をこなす様になることが危惧されます。本来、知的生産とは平常心でいる時の何気ない雑談の中から生まれて来るものですから。心理学における組織行動論の領域では人間疎外の問題として扱われています。


この域に達しますと、組織内でのコミュニケーションは論理的な形式を踏んで語っていかないと、説明することが難しくなります。その様なコミュニケーションは建前でしかなく、本来、人間が五感で理解し直感で正しい解答を得るのに比べ、表面的な知識での会話となります。その様な環境下では、企業の考える力が減退してしまいます。


消費者からみた冒頭の大手企業による企業論理優先の不祥事は、その様な心的メカニズムにより生じています。良き社会システムであるはずの資本主義経済の行き着く先を、誰も見たことがありません。ただ言えますことは、資本主義経済という仕組みは人間が生み出したものであり、我々はそこに埋没することなく上手く活用しなければいけません。


最近、世界中の自動車メーカーが、こぞってEV(=電気自動車)の商品化に着手しはじめています。トヨタ自動車においてはライドシェアリング(=車の共同使用)やオートモバイル(=自動運転)にまで視野に入れています。米自動車メーカーはそれまでの海外進出を取り止め国内回帰が始まっていると聞きます。


これらの現象は、ある意味、規模の経済への限界を感じはじめている暗示と言うことが出来るかもしれません。少なくとも、この地球上で必要とされる自動車台数には限界があります。シェアリングエコノミーの出現がクルマの所有から利用へ変えると予想されます。世界の自動車メーカーが際限なく規模を拡大して行くには自ずと限界があるようです。


その意味では、資本主義経済にも自浄作用として「規模経済の限界」が予め用意されていたのかもしれません。企業組織が利己的な活動に走れば、社会からの制裁を受けることもそのシステムの一部に含まれるのかもしれません。肥大化した組織は、サブシステムに権限委譲して「全体最適」を目指す必要があるものと思います。


一番危惧しますのは、国民の生活を豊かにするための公器である企業が、ミクロで起きている社会的な課題を事業を通して解決することなく、企業自らの使命ともいう論理で活動を行い、生活者を置き去りにしてしまうことです。消費者としての私達により良い製品を送り届けるだけが企業の責務ではないとないと思います。



CREATE LIFE!
より良い暮らしを創造しよう!
http://crelife.co.jp


仕事とIT化!

皆さん、おはようございます!
三連休も最終日、いかがお過ごしでしょうか?
今日は穏やかな朝ですね。朝から空が高く天気が良さそうです。
こういう日は、少し街を歩いてみたいですね。


昨日は玄関の剥がれたタイルの貼り直しをしていました。なかなかセメントの扱いに手こずりましたが、これも金銭に換算できない労働価値ですね。
左官にお願いすれば、これも立派な資本主義経済(=金銭に換算できる価値)になる不思議さを感じながらハケを手にしていました。


日本も、これから人口が減少してきますと、こんな風に自宅の補修をする時間も惜しまれる様になるのでしょうか。仕事ばかりに拘束される人生なんて、厭ですよね。
仕事の生産性を上げると言いますと、なにか労働を搾取されている様な響きを持ちますが、やはりAIやITを活用して仕事の効率を上げるしかないのでしょうか。


産業革命により蒸気機関を活用して工場生産が始まった時代も、機械に人間が合わせる過酷な長時間労働であった為、労働が搾取されているといった風潮があったようです。
しかし、情報技術を活用して仕事の効率を上げる場合は、定型化されたルーチン業務をシステムに置き換えて、人間はもっと創造的な生産業務にシフトすることになります。


その意味では、より人間らしい仕事に近付くことになるのかもしれません。
現実のシステム化による業務の効率化の進捗度合いを見てみますと、日本は欧米に比べて相当遅れているようです。それは、日本のシステム会社の多くが、欧米とは異なり、大手家電メーカーが設立母体となっていることから創造的仕事の自由度が低いそうです。


製造業の生産現場では、無人化工場などの様に相当程度進んでいるようですが、特に金融、建設、飲食業ではシステム化を進めているものの、かえって非効率になっているという話しも聞きます。それは、業務が定型化、標準化していないのに、無理にシステム化するため、業務がシステムに振り回されているからだとのことです。


業界によって各々事情が異なるのでしょうが、確かに金融業の場合、実際の業務が相当程度に標準化されていますが、それが故にモバイルバンキング(=携帯電話から振込手続きが出来る等)の様な新たなシステムは、通常の業務と並走させる形での業務ですので、逆に仕事が煩雑になっているのではないでしょうか。


システム化とは、本来、アナログ業務をシステムに置き換えることですので、新たなサービスをシステムで提供する為に、業務が煩雑になってはいけませんよね。
その点、シェアリングビジネス(=共有経済に基づく事業)は、情報システムが可能とした新たな効率的な経済形態ですので理に叶っていると思います。


例えば、使わなくなった家具などをシェアリングビジネスのネットワークを介して個人と個人が出会い、売買することが出来ます。モノでなくとも、クラウドソーシングの様に労働力そのものをプラットフォームを介してやり取りすることも可能な時代です。この人と人の出会いを可能としたのが、この情報通信システムということになります。


個々人に、なにか趣味が高じてセミプロの域に達している技があれば、今までは金銭に換算できない労働であっても、それを欲している人から見れば金銭に換算できる価値になるかもしれません。現に、家事代行サービスなんて一昔前まで考えられなかった(≒お手伝いさんという仕組みはありましたが)価値だと思います。


別に情報通信システムだからといって、グローバルワイドに繋がるだけがシェアリングエコノミーではないと思います。ある一定の地域内でのシェアリングビジネスがあってもも良いのではないでしょうか。地域に課題があれば、誰かにそれを解決して貰いたい。今のこのご時世ですから、必ずしも相互扶助でなくとも仕組みを作れば金銭に換算できます。


地域の広さにもよりますが、限られた地域なら、もしかしたら情報通信ネットワークに頼らなくとも、既に掲示板や回覧板の様なアナログで既に行っていることかもしれません。
結局、情報技術を活用して生産性を高めるということは、既にある実務的な業務をシステムに置き換え、より効率的に便利にすることが大切であると思います。


シェアリングビジネスの場合は、仕事の供給者であり消費者でもある個人同士が、いかにして出会うかというコミュニティ形成の問題だと思います。
それが情報システムを活用することにより、瞬時にして飛躍的に多くの人と出会う機会を与えたところに効率性と利便性が認められます。


人生100年と言われる時代です。長年勤めた企業を退職してからの人生の方が長くなっています。これからの時代、企業勤め後の人生こそ、本当の自分の人生かもしれません。好きなことを行いながら暮らしていけるといいですね。その時に、シェアリングビジネスを倣って、プチ個人事業者となるのも一つの方法ではないでしょうか。


今日も、ご覧いただきまして有難うございます!



CREATE LIFE!
創造的な人生を楽しみましょう!
http://crelife.co.jp