誰にも聞けない経営財務戦略!

ビジネスの未来を財務と心で読み解くブログです!

CREATE LIFE!
より良い暮らしを創造しよう!

http://crelife.co.jp

日本の観光産業!

皆さん、おはようございます!
今日から三連休ですね。来週も三連休がありますので、秋休みという感じでしょうか。
夏の暑さで疲れた体を休めるには、ちょうど良い機会かもしれません。
愚図ついた天気となる様ですが、秋を感じに出かけたいですね。



2013年には1000万人強であった訪日観光客数は、2016年には2.4倍の2400万人となり、東京五輪・パラリンピックが開催される2020年には、政府が掲げる3000万人の目標を達成するのが確実視される勢いです。経済のソフト化の流れから、日本も観光立国として経済の柱として育てて行くことがその背景にあります。


来日する外国人の過半数以上が近隣の韓国、中国、香港、台湾をはじめとする、アジア諸国からの団体旅行客であるようです。中国旅行者の、観光バスを銀座や秋葉原に横付けしての爆買いツアーは、最近では減って来ている様ですが、大通り一面が観光バスで埋め尽くされ、見るだけでも圧巻だと思います。


もともと昭和期の国内の観光旅行も、社員旅行、修学旅行、旅行会社主催旅行など、団体旅行が幅を利かせていました。最近でこそ、個人旅行が主流となっていますが、振り返ればそれも最近のことだと思います。地方の観光ホテルなどは、未だに当時の名残で、施設自体が団体客向けの作りが多い様に思います。


団体旅行では、決まり切ったドライブインに立ち寄りお土産を買い、次から次へとあてがわれた観光施設を訪問し、大型のホテルに団体で押し寄せ、大広間で食事をいただく。
いま考えてみれば、分刻みのタイムスケジュールで、ところてん式に次から次へと観光客が押し寄せて来る有様で、旅行の醍醐味を味わうそれとは随分と趣きが異なっています。


情報化社会の進展により、流石に個々人が観光地情報を検索できるようになり、個人が自由に旅先を決められる時代になり、それら団体旅行の名残である施設は閑散とし、人が近づき難い雰囲気まで醸し出している所も多い様です。インバウンドの旅行者が増加しているとは言っても、日本の観光業の現実はまだまだお寒い状況だと思います。


平成に入ってからのインバウンド旅行者の増加は、海外からの団体旅行者に支えられており、その意味では、昭和時代のホテルをはじめとする観光施設をそのまま活用することが出来た訳です。ちょうど、国内旅行者が個人旅行が主流となり始めた時期でもあり、各地の観光施設は、こぞって海外からの団体旅行者の取り込みに走ったと言えます。


この様な時代的な変遷を見て思うことは、製造業に拘わらず観光業までが規模の経済を追求して「団体」旅行者を中心に事業を成り立たせてきた現実が、日本の経済はどこまでマスマーケットを対象とした社会システムなのかという遣る瀬なさにも似た驚きです。
それが、変わり始めたとはいえ未だにそのシステムが名残として存在しています。


観光ほど、消費者の行動の変化が見てとれるものはないと思います。国内を個人旅行で出かける場合、団体旅行者が宿泊するような大型温泉ホテルには宿泊しないと思います。
みずからスマートフォンで調べ、その訪問地の話題となっている味覚や文化を楽しめるような温泉旅館に宿泊することでしょう。食事に関しても然りだと思います。


個人旅行では、非日常を体験すべく、なるべく訪問先の地元の方との会話を楽しみ、その生活ぶりを垣間見たいと思うものでしょう。郷土料理や文化財に触れるのも、その地域で脈々と受け継がれた歴史を垣間見れるからです。自らの暮しと交叉させながらその地域を理解することこそ旅行の醍醐味でしょう。


東京五輪・パラリンピックを控え、2020年には訪日旅行者が4000万人に達するのは確実でしょう。しかし、その後もその訪日旅行者数を維持して、2030年には15兆円産業として6000万人にまで増やせるかというと、現状のインフラのままでは難しいのではないでしょうか。地域の観光資源の充実が不可欠な様に思えます。


これからの観光資源は、あたかもテーマパークの様な地域性のない自己完結する施設を設けることではなく、地域の自然、気候、文化、食といった資源をありのままに体感できるように表現していくことだと思います。一番大切な観光資源は、なんと言いましても宿泊をする場所ではないでしょうか。


例えば古民家を活用した民泊。本物の民泊であれば、そこに住む方々の生活を目の当たりにすることができ、こんなに魅力的なサービスはないと思います。それから、各行政単位で分断されている観光資源を旅行者の目線で各観光地が連携して地域ブランド力を高めて行くことも必要なのではないでしょうか。


今日もありがとうございます!
http://crelife.co.jp










ホラクラシー組織!

皆さん、おはようございます!
この年代になりますと、歳をひとつ重ねても意識的にはあまり関係ない様に思います。
既に第二の人生を自分の思うがままに生きているせいか、最終的にどこに向かっているのか未だ自分でも分からないというのが正直なところでしょうか。



最近、上司や部下も、命令の階層もない企業がにわかに増え始めているのをご存知でしょうか。誰からも指示を受けず自分で考え、自分で動く自律型のワークスタイルです。
この様な組織スタイルを「ホラクラシー組織」というそうですが、非公開企業のみならず、株式を上場している会社の中にも幾つか現れ始めているそうです。


ホラクラシー組織とは「上司と部下、肩書などにもとづく一般的なピラミッド型のヒエラルキー組織とは異なる上下関係のないフラットな組織で、経営情報などをすべてオープンにするのが特徴。意思決定はチームや個人に任され、管理しない経営とも呼ばれる。全員での情報共有が前提なので、比較的小さな組織に適している」と定義付けられています。


米民泊仲介のエアビーアンドビーが採用して注目されていますが、日本の上場会社の中でも求人サイト運営事業を手掛けるアトラエ、コンサルティング事業を手掛けるシグマクシス、ネット広告やゲーム配信事業を手掛けるカヤックなど、いずれも異彩を放つ個性的な企業がホラクラシー組織をデザインし、その名を連ねています。


今までの企業運営の常識であれば、トップダウンとヒエラルキーがあたり前だったと思います。工業化社会の中で規模の経済を追求する企業であれば、ピラミッド型の組織こそがもっとも効率的に組織を運営できると考えられているからです。経営に必要な情報を全てピラミッドの上層部に集められ、指揮命令系統が明確だからです。


しかし、良く考えてみますと、これは情報技術革新が起きる前のフェーストゥフェースの情報交換(=コミュニケーション)を前提としています。確かに情報伝達ツールがない世界では、ピラミッド型組織でなければ巨大な組織の意思決定や決定事項の周知徹底を行うことが出来ないものと思われます。


一方でその様なピラミッド型のヒエラルキー組織が弊害をもたらしているとも言われる様になっています。経営をとりまく環境がますます早まって行く中で、そのスピードについていけなくなっていること。規模の拡大による組織細分化により、その末端階層を担う社員が全体観をもって自らの業務を遂行することが難しくなっていること。


更には、企業不祥事問題を惹き起したり、組織内の派閥問題など枚挙にいとまがありません。また、時代の変革期において、いま企業に求められているのはイノベーションであるにも拘わらず、なかなか自律的に企業組織を変革し、新たな事業を創出していくことが難しくなっていいるのは誰しもが感ずることだと思います。


ヒエラルキー組織は決まったことをその通りに遂行していくには効率的だと言えますが、そのヒエラルキーがしっかりとしていればいるほど、その裏腹として組織としての柔軟性に欠けるということが出来ます。だからといって軽々しく全ての企業がホラクラシー組織に変革すべきだとは申しませんが、参考にすべき点が多いと思います。


ホラクラシー組織では、そこで働く者が誰からの指示を待つことなく自分で考え、自分で動く自律型のワークスタイルとなります。組織間の壁がないため、自由に社内で人間関係を作りながら自らミッションを遂行していくことが出来ます。それだけ、創造力を発揮しやすい組織運営体制でありイノベーションが生まれやすいということが出来ます。


いま社会が求めていることは、この150年あまり続いた大量生産大量消費の追求を前提としたモノづくりに適したシステムをもっと人間側に近付けることではないでしょうか。
それは供給者の立場としての働き方、消費者の立場としての暮らし方をもっと私たちが精神的にこころ豊かに感じられるように変えていくべきなのでしょう。


企業組織は規模の経済を追求するあまり巨大化してしまいましたが、これからの時代、人口が減少していくのに、そんなに大きな供給システムは必要ないはずです。企業をある一定の適切な事業領域ごとにミニマム化して、そこで働く人々が自律的に仕事が出来る様にホラクラシー組織の良い部分を採り入れても良いのではないでしょうか。


ホラクラシー組織は役員であっても上下関係を持たないという意味においては一種の協働体ということが出来ます。企業という営利組織のみならず、コミュニティ(≒非営利事業)においても、このホラクラシー組織の様な運営が望まれるのではないでしょうか。
人間は自律的に行動している時こそパフォーマンスを発揮するからでしょう。


今日もありがとうございます!
http://crelife.co.jp




活力ある明日に向けて!

皆さん、おはうございます!
寒い!今朝の東京は、寒いというのが実感ではないでしょうか。
確か、先週まで残暑厳しく、クーラーを使用していたのを思い出します。
気温の寒暖の差が激しい中で、体調管理には気をつけたいものです。



生涯現役社会を先取りする形で、ホームセンター、スーパーマーケットをはじめとする小売業が、パートタイマーの年齢上限を撤廃する動きが出て来ました。ホームセンターのカインズではお客様のDIYへの相談に応える必要から、シニアが持つ経験を重視しており、意欲と能力があると判断されれば80歳を過ぎても働けるようにするそうです。


一方、新卒採用についても、先日の経団連会長のご発言から、従来の終身雇用を前提とした一括採用は時代に合わないものになって来ており、通年採用の是非について検討がなされることになっています。ここで着目すべきことは、長らく日本の雇用関係の特徴として維持されて来た終身雇用にまで言及されていることです。


少子高齢化を背景とした生産労働人口の減少、情報化社会を背景とした企業の自前主義による企業運営の行き詰まりが、これら雇用関係の見直しとして顕在化してきていると言えます。今までの企業はどちらかと言いますと、企業の外に対して閉鎖的な組織としての枠組みを持つものでしたが、それも徐々に垣根が低くなってきている様に思います。


シニアにとりましても、今まで勤めていた企業を定年退職した後も、第二の人生として生き甲斐を持って働くことが出来るようになります。新卒採用も終身雇用制が仮に終焉するようなことになれば、就「社」という意識から本当の意味での就「職」が問われるようになり、自らどの様な専門性を指向して大学生活を送って行くかが大切になります。


これにより、もっと人財の流動化が図れるようになれば、企業とは自らの事業を司る一つのプラットフォームと化し、事業プロセスの各段階に必要な人財が、その都度集められて課題解決にあたる、外に開かれた柔軟な組織となっていくことでしょう。時代のスピードの速さを考慮しますと、オープンイノベーションである必要があります。


未だ、残業問題などを抱えている企業が多数を占めると思います。政府が打ち立てた働き方改革に準拠して労務上の課題として取り組み始めている所でしょう。
しかし、情報化社会における時代のスピードは速まっています。本来、そこで求められるのは時代の趨勢を先取りした真の働き方改革でしょう。


その様な時代に私たちが豊かで幸福な暮らしを育んで行くためにどの様な備えをしておくべきでしょうか。人生の大部分を占める働く時間を能動的で自己の遣り甲斐を最大限高めて行く必要があると思います。その為には、積極的に自己の能力開発を自ら行っていくべきでしょう。自律的な仕事から得られるモチベーションこそが原動力だと思います。


知識を蓄えるのも良し、職人はだしの技術を身につけるのでも良し。そこに必要なのは、自らが好きだと思うこと、得意だと考えること、没頭できることを仕事として自ら選択し、自分事としてだけではなく、他人事として仕事を通して社会に参加することだと思います。企業に雇われている感覚ではなく、能動的に自らを高めて行く感覚です。


企業側も、その都度、プロジェクトとしての事業を通じて必要な人財を外部から呼び寄せれば良いのではないでしょうか。この様なフラットな企業と個人との関係が成り立った時に、人間としての創造力(=経験として体得した知識である暗黙知を含む)が最大限に発揮され、社会全体で見た時に活力が生まれて来るのではないでしょうか。


給料を会社から貰うのではなく、自らの手で糧を得るという感覚が本来正しい労働感ではないでしょうか。もともと江戸時代から戦前に至るまで、その様な価値観を持ち得ていたと思います。戦後の企業の台頭により、あまりにもの組織の巨大化したために働き手が企業に従属する関係となってしまいましたが、それもこの50年あまりのことです。


すっかりと受け身となってしまった働くという感覚を取り戻すことが、これからの豊かで活力ある社会を築いて行くために不可欠だと思います。企業の作るプラットフォームに参集するだけではなく、個人で生業をはじめる人がいても良いと思います。それこそ江戸文化はその様な商人の生業で活気あるまちづくりが為されていた筈です。


生業をはじめるには自分の遣りたいことを手掛けるのも大切ですが、人々のニーズのなかから自然と生まれて来るのが正し捉え方でしょう。
将来に対して何かと閉塞感がある時代ではありますが、個人個人が夢を持って自らの能力を高めて行くことが、活力ある暮らしやすい社会にする近道ではないかと考えます。


今日もありがとうございます!
http://crelife.co.jp