誰にも聞けない経営戦略!

ビジネスの未来を財務と心で読み解くブログです!

CREATE LIFE!
より良い暮らしを創造しよう!

http://crelife.co.jp

飽和期を迎えるコンビニ神話!

皆さん、おはようございます!
今朝はいつもより1時間早く起床しました。いつもより少しばかり暖かく感じます。
今日はこれから中央本線を一路、あずさで松本へ向けて参ります。
師走ではありますが、マイペースで歩みを進めて参りたいと思います。


コンビニエンスストアが飽和を迎えているのではないかと言われています。
全国に大手8社で5万5千店舗もあり、売上高は10兆円を超えていますが、売上が伸びているのは新規出店を行っているからであり、既存店売上は売上が減少傾向にあるそうです。参考として全国の郵便局数が2万4千ヶ所、選挙投票所数が4万8千ヶ所です。


業界全体としての数値なので、事業を営む会社によって状況は異なると思います。
私もコンビニエンスストアを利用していて思うのですが、セブンイレブンの独り勝ちではないかと感じます。お客様目線で、棚への商品の陳列状況を見ても、会社によって何となしに張りがあるお店と、そうでないお店の違いがハッキリとしてきた様に思えます。


コンビニエンスストアと言えば、街の利便機能であり、商品を提供することを目的とするだけではなく、印刷を行ったり、ATMを利用したり、代金支払いを行える窓口として機能を拡充してきた経緯があります。これから社会の仕組みが大きく変わって行く中で、自宅から最も近い利便施設として、ますます必要性が高まってくるのではないでしょうか。


最近のコンビニを見ていますと、他の施設と併設して複合的な利便性を提供する方法が相次いで発表されています。託児所との併設、自転車シェアリング、コインランドリー、ジムとの併設等様々です。確かに各々の利用者がついでにコンビニエンスストアに立ち寄ることも考えられますので、規模の経済に対して範囲の経済という考え方ですね。


先日、何年振りかにやはり飽和状態にあるというマクドナルドに立ち寄ってみました。
業績が回復しているとは聞いておりましたが、確かにお店の内装も雰囲気も随分と変わり、ちょっとしたCafe’という装いです。先日、24ヶ月連続で増収増益であることが発表されていました。新メニューの投入が功を奏しているようです。


外食産業も小売産業もともに立地産業です。消費者の目線からしますと、いつも行き慣れたお店であっても、何かを発見したいという好奇心の様なワクワク感を求めている様な気がします。新しい商品であったり、新たな情報であったり、他のお客様の会話であったり。しかし、一番大切なのはお店がきちんと整えられていることが大切かもしれません。


セブンイレブンを見ていますと、いつも新たな発見があり進化しているという感じがします。床は磨きあげられ、店員さんは溌剌としています。店舗の業績が悪かったら、なかなかそうは行かないものでしょう。陳列棚などを工夫して、店員さんが効率良く仕事を出来る様にして、業務効率を3割改善する様なこともしているようです。


私の自宅の周りを見ましても、郵便局より多いのではないかと思う位、セブンイレブンの店舗数が増えています。立地産業故に、いずれは出店地域が飽和して行くことは間違いないと思います。その様な中で、いかに既存店売上を飽和させずに伸ばして行けば良いのでしょうか。私は、時代の端境期だからこそ、チャンスなのではないかと思います。


例えば、来春より民泊法制がスタートしますが、市町村によっては施設から一定距離に管理者の設置を義務付けています。コンビニを民泊のフロント代わりに取り次ぎを行ってはどうでしょうか。宿泊者も食事をしなければいけませんが、コンビニのご飯であれば日本ならではのメニューも多く満足いくと思います。


また、これから高齢者が急増して行く中で、見守り拠点化や日用品のデリバリーサービス等も考えられます。ネット販売が急増していますので、商品を受け渡しする為だけではなく、これもデリバリーサービスを提供することも考えられます。まだまだ、これから様々な需要が生じて来ることでしょう。


新たな付帯サービス以外にも、コンビニエンスストアが取り扱う商品を進化させ続けることも不可欠だと思います。やはりコンビニエンスストア事業の基本だからです。
他のコンビニエンスストアと比べたセブンイレブンの強みは、グループの総力を挙げてプライベートブランド商品を開発できるところではないでしょうか。


どの様な事業でもそうだと思いますが、それよりも増して大切なことは、そこで働く方々が自分の事業の社会的な意味を理解し、自分の仕事を愛していることが何よりも大切だと思います。効率性の面から標準化された仕事に携わるのではなく、主体的に楽しく働く企業風土をどの様に作って行くかが、店舗運営に直接現れて来るのではないでしょうか。


今までの規模の経済を前提とした組織体制では、何かと業務を標準化させて合理性を追求しがちです。その結果、上意下達のピラミッド型ヒエラルキーとなってしまい、そこで働く者を受け身の仕事と化してしまう課題を内包しています。これからの組織は、誰しもがフラットな関係で、オープンマインドで仕事が出来る組織である必要があると思います。


コンビニエンスストアも、まだまだ成長して行く余地が沢山あるのではないでしょうか。
近所の利便機能として、ついつい店員さんに話しかけたくなるのは私だけでしょうか。。
これからも、より良い暮らしを創造して行く為に、様々なサービスを提供して頂けたらと思います。


今日もご覧いただきまして、ありがとうございます。
CREATE LIFE!
http://crelife.co.jp



経済政策への期待!

皆さん、おはようございます!
12月も三分の一を過ぎてしまい、いよいよ今年も終わりが見えて来た感じですね。
気持ちはもう来年に向けて、一年間をどの様に過ごそうかと考えはじめています。
今朝はいつになく暖かく感じます。日中は気温が17℃まで上がるそうです!


日本の新しい経済政策が「生産性・人づくり革命」に決定したようです。
生産性革命と人づくり革命とをクルマの両輪として少子高齢化を是正し、
経済成長に繋げて行くのが狙いであるとのことです。
特に人づくり改革においては教育無償化が柱となっています。


これまでの経済政策として、金融緩和、財政出動、成長戦略によるアベノミクス3本の矢と言われた成長戦略、そしてGDP600兆円、希望出生率1.8、介護離職ゼロをうたったアベノミクス新三本の矢に続く新たな政策パッケージです。今までの経済成長を前面に押し出した政策と比べ、私は「人」に焦点をあてた政策で良いと思います。


教育無償化に関しては、高齢世帯から若い世帯への予算配分を重視した内容というマスコミの論調がありますが、若い世帯の消費動向が強くなることも期待したものであると思います。しかし、それ以前の問題として、国策として人づくりに焦点をあてることは、時代が変容する中で将来を担う人材の育成に力を入れるという意味があると思います。


一方の生産性改革は、働き方改革にも関係する年3%以上の賃上げを柱に、税制、予算、規制改革とあらゆる政策を総動員して生産性を高めて行くものです。Iot投資なども意識し、大幅な減税を予定しています。情報化社会の中で、生産性を高めて行く為には、仕事のあり方、更には社会の仕組みまで踏み込んで改革する必要があるでしょう。


政策の細目を見ると具体的な項目が多岐にわたっていますが、どうして生産性改革なのか、また人づくり改革なのかに行きついた理由をもっと明確に打ち出して頂いた方が理解を得やすいと思いますが、その辺は後日追々マスコミが解説して行くことになるのでしょうか。


生産性改革を高めて行くためには、今まで人に頼っていた仕事のうち、AIやIot等の情報技術に代替した方が効率良く進められる業務をそれらに置き換えることと、人はより創造的な無から有を生み出す仕事の比重を高めて行くことに尽きます。その為には、今までの教育の在り方も時代に合わせて変えて行く必要があると思います。


今の社会の仕組みは、戦後復興以降、高度経済成長というなかで、産業育成を前面に押し出して経済効率を追求して行くことが時代の要請に叶っていたといえます。
しかし、その時代の目的を達成したいま、新しい社会の仕組みに移行させて行かなければなりません。モノづくり経済社会から、人の心を大事にする経済社会への移行です。


モノが満たされた豊かな社会の中で、人々が何を求めているかといいますと心の豊かさ以外にはないと思いますが如何でしょうか?
であれば、モノを効率よくつくる社会の仕組みのままではなく、誰しもが心の豊かさを感じられる社会の仕組みに変容して行かなければなりません。


働き方改革にも掲げられている残業時間の短縮は氷山の一角だと思いますが、大方の人はもっと自分なりの仕事のやり方が出来ればサービス残業をせずとも、効率良く仕事が出来ると思っているのではないでしょうか。人というのは、自由と責任を持たされれば、誰しもが前向きに張り合いを持って仕事に勤しむ存在です。


諸外国に比べて生産性が高まらないのは、会社の真の目標に対して社員が共感していないからだと思います。また、仕事を進めて行く上でのプロセスにもあると思います。企業の仕事は、往々にして標準化されており、そこにピースの様に社員が嵌め込まれても、社員の人生観、経験、目標とミスマッチが起きることもあり得ます。


その様な時に人間として感じるのが「疎外感」です。会社が明確な目標を描けない時代的な背景の中で、社会はどんどん成熟し、いま人々が求めているのは自己実現欲求を超越する社会貢献欲求です。ますます、会社との疎外感が高まって行きます。最近でこそ、働き方が多様化し、フリーランスや兼業者の人口が1100万人を超えているそうです。


今は昔のフリーターとは違い、家庭生活の事情などから自らの意思で会社勤めではなく個人で事業をすることを選択している場合が多いと言えると思います。少しやる気のある方なら、自ら伸び伸びと仕事をしたいという人が増えてきても不思議はありません。これも社会の多様化の一側面だと思います。


人生100年時代。60代で会社を定年退職した後の生活を考えますと、今までの時代の様に、人生を教育期間、働く期間、老後リタイア期間という終身雇用を前提として組み立てること自体に無理があります。個々人が長い人生に対して、自らの夢と目標を打ち立て、そこに向かって考え、行動することが必要になります。


今般の生産性改革・人づくり改革の政策が、その様な時代に向けた私たちの生活に資する施策であることを願います。社会の動向を踏まえながら、自らが必要と思うことを仕事を通して社会で表現し、同時に自らの暮しを豊かにすることを絶えず考え続けることが大切なのではないでしょうか。


本日もありがとうございます。
より良い暮らしを創造しよう!
CREATE LIFE!
http://crelife.cojp











吉本興業のベンチャー投資事業!

皆さん、おはようございます!
今日も穏やかな素晴らしい青空ですね。
昨晩は、知り合いの木製おもちゃ&雑貨を販売するT社の公開忘年会に友人のSさんと供に参加させて頂き、和気あいあいとした楽しい時間を過ごしていました。


FaceBookで忘年会を知った一元さんも参加されたりと、
お互いに初対面の参加者がほとんどという状況の中でも、
その場の会話が弾みコミュニケーションが成立しており不思議な体験でした。
こうやって人と人が繋がって行くって素晴らしいと思います。


あの吉本興業がベンチャー企業に投資するファンド(=投資目的の基金)を立ち上げたと聞いて意外感もありますが、なんとなしに笑みがこぼれてしまいます。いい、じゃない。
投資ファンドといいますと、ピシッとしたスーツで身を固めた細面の如何にも金融マンという感じの人々が携わる仕事というイメージがあります。


でも実際には、眉間にしわを寄せて投資先企業の財務数値にストレスを感じながら投資を行うよりも、むしろ吉本興業のような人間を知り尽くした人たちがベンチャー投資を行った方が、事業の本質を理解していて上手くいく様な気がします。しかも、投資先企業のPRで芸人さんが支援をするというので、結構なことだと思います。


また、あの吉本興業が投資するベンチャー企業って、えらい会社なんだろうな。。!と、事業を進めて行く上でプラスの効果をもたらす思います。
面白いのは、所属する芸人が飲食店や新商品開発で起業する場合も、有望であれば出資の対象となるそうです。「日本一おもろいラーメン屋」でもOKとのこと。。


事業なんて、特にベンチャー事業は、どんなにロジカルに市場を分析したところで、利害関係者に対する理路整然とした説明の裏付けにはなっても、本当にその通りに展開することは、まずは少ないはずです。それよりも、人の心を理解していた方が、よほど市場を理解する上でも、また社員をはじめとするコミュニケーションに役に立つと思います。


余談ですが、最近、経済学の分野で行動経済学が脚光を浴びています。行動経済学は、それまでの経済学が人間は合理的な行動をすることを前提にしているのに対して、人間とは感情もあり、錯覚も起こしたりするから、そもそも合理的な行動を取らないことを前提に置く経済学です。簡単にいえば、経済学 × 心理学というと分かり易いと思います。


ベンチャー事業への投資も同じ様なことが言え、どんなに金融や財務の理論をあてはめたところで机上の空論にしかならず、それよりもトップ経営者のストレスを吹き飛ばすべく、笑かしてあげる方がどんなにベンチャー企業経営者にとって有効かと思います。先の見えないことに独りで足を一歩ずつ踏み出して行くストレスって意外にあるものです。


新規事業を立ち上げる目的でベンチャー投資する会社は、どうしても成長させることに意気込み過ぎてしまいます。また、不確定要素が高いベンチャーの方針を大手企業内でコンセンサスを取るためには、科学的な論理展開だけでは限界もあります。
これが組織的に硬直化してしまっている大手企業から新規事業が生まれ難い理由です。


最近、様々な業界の会社がベンチャー企業投資を行う様になってきました。とても素晴らしいことと思います。通常は、新たな事業の芽を獲得することを目的にベンチャー企業投資することが多いのですが、最近は大手企業が社会貢献の観点から一役買おうという投資が増えている様に思えます。吉本興業も後者ではないかと思います。


その点、吉本興業は(と言うと、怒られてしまいそうですが。。)、株式を公開されている押しも押されぬ上場会社という大企業なのですが、懐の深さを感じるのは私だけでしょうか。お笑いというコンテンツビジネスで株式を公開して維持して行くのは、それこそ大変だと思いますが、だからこそ人間を知り尽くしているのではないでしょうか。


きっと、本田宗一郎も、松下幸之助も、盛田昭夫も、起業する時には、仕事を楽しむ余裕、人間の深さがあったのではないかと思います。
当時に比べ、いまの世の中は、何もかもが専門特化してしまい、管理が行き届いているせいか、様々な細目の慣習や規定があり、職場に息苦しさがあるのではないでしょうか。


働き方改革とは、①長時間労働、②非正規と正規社員の格差、③労働人口不足といった表層的な問題の解決だけではなく、それら問題点の根底にある会社組織が人間を疎外しているという本質的な問題を解決すべきでしょう。その為には、もっと人間に対して寛容な風土を作って行かなければいけないと思います。仕事にも遊びの部分が必要でしょう。


映画「ALWAYS三丁目の夕陽」ではありませんが、戦後復興、高度経済成長時代の労働時間は、残業、残業で長く、半端ではなかったと思います。しかし、当時の社会は、みんなが物質的な豊かさを求め、仕事をすればするほどそれが満たされる為、ストレスは良い意味での心地よいストレスに過ぎず、また仲間同士で夢を共有していたと考えます。


現代は、企業を支える一般社員から、経営トップまで、立場こそ違い、みんなストレスを抱えているのではないでしょうか。大方が、人間関係に纏わるストレスだと思います。
一部の新興企業を除き、会社としての目標が描き難くなっており、夢を全員で共有する様な事もありません。


情報技術革新により社会の仕組みが大きく変わりつつあるなかで、来るべき理想的な社会の姿、その中で企業が目指すところを明確にすることが必要だと思います。これからの時代は、企業と個人、個人と個人の関係が緩やかになっていくと思います。個人にとってのより良い暮らしを創造し追求して行くことが、企業にとっての目標となる様に思えます。


今日もありがとうございます。
CREATE LIFE!
http://crelife.co.jp