誰にも聞けない経営財務戦略!

ビジネスの未来を財務と心で読み解くブログです!

CREATE LIFE!
より良い暮らしを創造しよう!

http://crelife.co.jp

女性の働き方

皆さん、おはようございます!
昨日は10時過ぎには床に就き、一週間の疲れのせいか熟睡でき、
今日は静かな朝を迎えています。
庭に目をやれば草木の背丈が随分と伸び、生命力の強さを改めて感じます。


この10数年を振り返っただけでも、
働き方や働く者の意識というものも随分と変わってきたと思います。
いまは人口減少問題がクローズアップされていますが、
人口動態はその時代時代で大きく変わりゆくものでもあります。


我が家で子育てに奮闘している時には考えられなかったことですが、
最近では、企業内保育施設を企業側が整えるようになり、
30~40代女性の離職に大きく歯止めが掛かりつつあるようです。
働く環境が変わりますと、女性の働く意識も変わって来ます。


長男の嫁などを見ていましても、
いまの若い女性は働くことがあたり前、という意識に変わっています。
人手不足が企業に環境整備を促し、それが働く側の意識をも変えて行く、
そんな好循環をもたらしていると言えます。


一方、宅急便会社なども、それまでの長距離専用トラックの運行から、
貨物列車への相乗りや、バス等の他運輸機関の活用により、
無理を強いていたトラック運転手の労働時間の軽減に
取り組み始めています。


きっと、宅急便会社での労働条件が緩和されて来るようになりますと、
若者や女性の就労機会も増えて来るのではないでしょうか。
労働需給のひっ迫を解消するのは必ずしも情報技術の活用だけではなく、
一見企業から観ると無駄だと思われる様な投資でも解消させる方法となります。


私は、若い時から女性の社会進出には大賛成で、
日本の女性の社会進出が欧米並みに近付いて来たことを嬉しく思います。
男性社会というのは、男性のDNAでしょうか、持って生まれた性差により
何でもかんでも競争を挑むようなメカニズムとなっています。


高度経済成長時代のように、
兎にも角にも、仕事をすればするほど成長した時代ならいざしらず、
今はバランスを取りながら全体の調和を整えて成長して行く時代だと思います。
この点、女性の方が自らの感性で良い悪いを判断するので優れていると思います。


今の社会を山の風景に例えると、
幾つかの幹となる産業、その産業内の企業が御神木がデン、デンと垂直に誇らしげに立っていますが、その大木の間が雑草が荒涼と生い茂っており、暗い感じがします。本来は各々の大木も手入れをして光を採り入れないと小径木が綺麗に育ちません。


家庭のインテリアを見ても、
男性よりも女性の方が得てしてバランスが良いですよね。
その様な荒削りの荒涼とした社会を整えて行くためには、
是非とも女性の感性を活かし両性にとってバランスの良い社会にすべきだと思うのです。


その意味で、子育て期に離職してしまう30~40代女性の離職に歯止めが掛かることは、その環境を整えるという意味でも社会がしなやかに変容させています。
最近、マスコミで3K業種の一つである建設業が表に出てこないので不思議なのですが、この業界にも女性を受け入れられる様な土壌を創っていくべきではないでしょうか。


全く持って情報化が進んでおらず、
かつこれだけ労働需給が逼迫してきますと若者の成り手がいません。
いま建設業界を支えているのは40代後半以降の年代ですから、
もう15年もすると就業者がいなくなってしまう程の危機に瀕しています。


東京五輪を前にして、また景気が良いことを反映して巷では建物の新築ラッシュです。
次から次へとドンドコ建物を建てていますが、その裏には空き家となった建物が急増していることは皆さまもご存じのことと思います。
それらをどの様に再活用して行くかという視点がいまの社会に不足していると思います。


将来的に建設会社も新築の仕事が減少して行くと、
リノベーション重要を手掛けて行かざるを得なくなります。
その様な時に女性の力を活かせる場を整えられるか否かが
一つのポイントになる様な気がします。


最後に、起業についても女性の方が適していると私は思います。
男性が起業しようとすると「起業」そのものが目的となってしまうことが往々にしてあります。上手くいく場合もあるでしょうか、起業で必要な事は、自身が遣りたいことを自然体で取り組むという感覚が不可欠です。


これが、自身の遣りたいこと以前に「お金」を優先させてしまいますと、
必ず失敗してしまいます。もちろんお金を稼ぐために仕事や事業を行う訳ですが、
価値判断としてお金より大切な自分ならではの事業理念がないと判断を誤るということなんですね。


その点、女性は個人差もあるでしょうが、男性に比べて、「暮しごと」ビジネスではありませんが、まずは自分の遣りたくない事を仕事にする人は少ないと思います。
自分の出来ることの範疇で楽しみながら仕事をするという考え方が大切だからです。
無理なことをしないというしなやかさも必要でしょう。


事業とは、株式を公開させるという様な目標を打ち立てて向かっていくものではなく、
自分の出来る範囲で楽しみながらやらないと長続きするものではありません。
その意味では、売上や総資産といった規模が事業の価値を測る尺度ではなく、自分自身が納得できるか、また社会に受け入れられているかという満足感が大切だと思います。


今日も、ここまでご覧頂きましてありがとうございます!






ビジネスをデザインする!

皆さん、おはようございます!
昨晩、若き研修仲間と一緒に呑みながら親交を深めていたのですが、
なぜか呑むピッチがつられてしまい、年甲斐もなくろれつが回らなくなっていました。
朝、目が覚めたら、自分の床に入ったはずが、何故かソファで寝ている。。


自分の行動が記憶に残っていないことほど恐ろしいものはありません。
なんで、寝床を移動しなければならなかったのか。。
そこまで酩酊するほど呑んだ記憶もないのですが。
やはり若い方々には体力で付いていけませんね。。と、また新たな学びです。


昨日、少し時間があったので、
久しぶりに本屋を隈なく回遊してみました。
昔と異なり、どの書籍も目を引くタイトルでキャッチコピーがデジタル化していますね。
それから、結構、20~30年前のリバイバル的な改訂版の本も目立ちました。


偶に、本屋を覗くと情報の渦の中で、
瞬間的に今の社会のホットな話題が次々と視線に刺さって来るので楽しいです。
まるでバーチャルリアリティの世界に入り込んだ様で、
本棚に並んだ書籍のタイトルが次々と流れで脳裏に蓄積されています。


最近はファイナンス系の書籍を手に取ることも少なくなりましたが、
ふと目に留まったのが「赤字経営でも驚異の高値で売れる~中小企業の再生型M&A」という本です。この「赤字経営」と「再生型M&A」に目が留まった訳ですが、通常のM&Aアドバイザーは赤字経営と聞いただけで、その案件から経験するのが一般的です。


私も、実はM&Aに関しては玄人跣でして、赤字事業を有償で取引を成立させた経験を幾つか持ちます。それなりの自らが編み出した手法がないと出来ないものです。
この本の著者はどの様な遣り方をするのか見てみたくなった訳です。私は、M&Aを目的とすることは嫌いで、あくまでも事業を蘇らせるための方法論でしかありません。


ざーっと内容に目を通しましたが、
要は、赤字事業を徹底的に計数面から分析を行い、事業を有るべき姿に再生させた上で、M&Aを行うというものです。
なるほど、これも常套手段ではあります。


私のもう一つの方法は、マーケットニーズを踏まえて、新たな事業の有るべき姿を構想し、それを実現する為にM&Aの当事者がもつ個々の経営資源をどの様に組み合わせれば出来るかという視点です。仮に、一方の当事者の事業が赤字であっても、その新たな事業を創る為の機能として組み込まれてしまえば、今までの事業とは異なる存在になります。


事業が持つ個々の資源要素は同じでも、それらの要素資源の組み方によって、また対象とするマーケットを替えることにより、全く異なる事業として蘇生されることに醍醐味を感じます。一方の事業者が売りたい、一方の事業者が買いたいのであればM&Aになりますが、特にM&Aとしてではなくとも事業の時代に合わせた蘇生は可能です。


その為には、事業資源の組み合わせである「マッチング」と「マーケット」の動向を良く見極めることが「ビジネスデザイン」に不可欠であると思います。
これからのビジネスデザインの潮流としては、同業者同士の水平連携よりも、専門特化された異業種同士の業界を超えた垂直連携が多く望まれると思います。


今の社会では、企業はどんどん専門特化しており、商品やサービスの質が高まっていますが、逆に専門性が高まっている分、その専門間の「際」にある社会的な課題に対して商品やサービスを提供する事業者が存在し得ていないという空白地帯が増えていると感じるからです。その意味では、小回りのきく中小企業にチャンス到来だと思いますが如何でしょうか?


CREATE LIFEは、その様な暮らしの課題を解決する事業を創造することを目的としています。既存事業の事業資源を再構築することにより、貴重な社会的の資源を大切にしつつ、コミュニティあふれる豊かな暮らしを創って参りたいと思います。
  http://crelife.co.jp
   Community Re Life!

サッカー中田(英)の地方創生!

皆さん、おはようございます!
今朝、起きたら全身が筋肉痛でした。。(^^;
昨晩は床の中で意識は朦朧としているのですが、
身体じゅうが強張ってなかなか熟睡できなかったことを思い出しました。


この年になると、意識と身体がバラバラで統一感なく動くので困ります。
どの様なメカニズムで身体がそうなるのか分かりませんが、
現代医学では「専門」医の領域外で、
なかなかその際を埋めてくれる仕組みが欠けている社会だと感じる今日この頃です。


さて、サッカーの中田英寿さんも引退されて暫く時間が経ちますが、
いま何をされているかと言えば、
世の中に存在しない日本酒セラー(ワインセラーは良く聞きますね。。)の開発に、
サッカー時代と同じ位の情熱を注いでいるそうです。


日本全国には多くの蔵元がありますが、中田さんが300もの蔵元を巡ったら
殆どの蔵元が海外では温度管理が出来ない為、海外販売を躊躇っているそうです。
海外遠征の多かった中田さんならではの着眼点ですが、海外での和食ブームですが
和食の添え物以上の文化として世界に理解してもらうことが理由だそうです。


日本酒に限らず、日本の地方には世界に出せるモノが沢山眠っていることに気が付いたのが切っ掛けになっているようです。
生産者である蔵元は、なぜ温度管理の必要性から、その温度を管理する日本酒セラーなるものに気が付かなかったのでしょうか?


一方、昨日、知り合いの保育事業を行っている企業に勤めるOさんにお会いしてきました。民間保育事業でありながら、聞けば職員数が1800名にも登り、押しも押されぬ大企業だな。。と感じ入りました。この保育所が事業としてコメ作りを行っていることについては以前も触れました。


今回のOさんとのお話しでは、林業(製材、製材加工を含む)にも進出したいとのこと。自社の託児施設内で木製の内装材や家具類を使っているので、その為の自給自足の意味もありますが、実際に森林の中で子供たちに遊ばせる木育を目指しているのと、それを通じて地方創生に貢献できればという思いが込められています。


最終的には、保育事業を通して、林業→農業→漁業と地域を繋げて行く壮大な構想をお持ちです。お会いしたOさんもそうですが、お会いする職員の方々は皆さん、まるで子供の様に目が輝いていて、発想力のスケールにいつも驚かされます。どうして、職員1800名にも登る大組織なのに、その様な発想が生まれて来るのでしょうか?


今朝の日経朝刊に面白い記事が掲載されていました。
21世紀に躍進した企業を、株式時価総額で20世紀と現在の比較を行うと、日米中独のうち米中独はIT企業が躍進し、それまでの製造業、資源産業といった重厚長大産業は欄外に消え失せ、その企業が栄枯盛衰がはっきりしています。


これに対して、日本はNTT、トヨタ、金融機関といった御三家が未だに名を連ねている。唯一、ソフトバンクのみが検討している状況です。もちろん現在の時価総額ベースでいいますと、日本は米駐独に大きく水を開けられているのは言うまでもありません。
どうして日本の産業構造はこうまでして硬直的なのでしょうか?


いま働き方改革を政府が主体的に取り組んでいますが、本当に行わなければいけない本質的な部分は何なのでしょうか。確かに残業時間を短縮するとか、非正規雇用社員と正規雇用社員の賃金格差を無くすとか、一人あたりの労働生産性を高めることも必要ですが、それだけではAIやICT等の情報技術を活用して業務効率を高めるだけです。


先の中田さんや保育事業会社の共通点を見出しますと、
日本酒という文化を海外に広めたいとか、農林水産業と繋がり子供達の育成に貢献することにより地域にも貢献したいという個々人の思いに根差しています。精緻にその可能性を積み上げて妥当性を検証している訳ではありません。


ですが、その思いに根差して動いていくことにより、実は具体的に社会が変わって行くものと思います。日本の場合、金融行政がそうである通り、民間企業の事業の箸の上げ下げまでこと細かく指導する護送船団的な産業構造が今でも残っているのではないでしょうか。先ほどの時価総額にあるNTT、トヨタ、金融機関と聞き、何かを感じますよね。


株式会社という株主、経営、社員という各々の利害が異なる法人格としての枠組みも、
もしかしたら企業を絶えず成長させなければならない=標準化、効率化を推し進めなければいけないという企業間競争にさらされている為、どんどん内向きに専門特化させる構造なのかもしれません。社員もマシンの如く働く。。


それ自体、社会を反映させる機能として、必ずしも悪い仕組みばかりではありませんが、
最近の企業を見ていますと、本当に消費者が望んでいるものを提供するというよりも、
消費者が企業に合わせている感じがしませんでしょうか。本来、企業は社会の課題を事業を通じて解決するものですが、それより企業の論理で物事が動いている様に感じます。


一方、協同組合といいますと、皆さんあまり馴染みがないものと思います。この協同組合は2016年にユネスコで無形文化遺産登録されています。協同組合は、組合員が「出資者」であり、事業の「利用者」であり、組織の「運営者」でもあります。この一体となっているところが株式会社と大きな違いです。


生活者が地域内の課題を、協同組合という枠組みを活用して、自主的に解決して行く枠組みです。コープみらい等も生活協同組合です。必ずしも必要以上の利益を追求している訳ではなく、あくまでも組合員である生活者の利便性追求のための地域の相互扶助精神を基盤に置いています。


企業ではなかなか手掛けられなかった課題をこの協同組合を通じて解決するという意味では、コミュニティ組織と言えます。昨日や一昨日にブログで触れた地域介護や地域での事業インキュベーションを組織だって行う為にはこの協同組合組織は最適かもしれません。三人寄れば文殊の知恵ですからね。


一人の思いを、仲間同士の思いに発展させられれば、複数の人が集まって出すアイディア(=知識創造力)は一人で行う比ではありませんよね。
その意味では、株式会社が念頭に置く事業の目的(≒理念)が時代の推移とともに形骸化してしまっているのかもしれません。


企業組織の目的は何であるか。
その上で、事業の性質により株式会社にしたり、協同組合組織にしたりという考え方が生じて来るものと思います。組織運営が民主的であることは、組織としてのアイディア創出力に影響を及ぼす一番大切なところではないでしょうか。