誰にも聞けない経営財務戦略!

ビジネスの未来を財務と心で読み解くブログです!

CREATE LIFE!
より良い暮らしを創造しよう!

http://crelife.co.jp

Amazonの知的資本経営

皆さん、おはようございます!
今日も朝から日差しが強く「夏!」ですね。
光陰矢のごとしではありませんが、
早くも経営革新等支援機関研修も3クール目で、段々とヒートアップです。


最近、業界研究の一環で物流業界の資料を追いかけてました。
最初は、今日におけるエポックなユニークなビジネスモデルとして、
ラクスルが始めたハコベル。この事業の形態がシェアードビジネスならぬシェアードエコノミーと知り、目から鱗でした。


大手物流会社を軸に中小下請け業界への運送委託によって成り立っているこの業界、
なかなか末端の運送会社にまで効率良く荷物の運送が行われていない。
そこに目を付けたラクスルが印刷業界で得た印刷機稼働閑散の平準化で得た知見を
物流業界に応用するとは大したものだと思います。


ちょうど宅配便業界が、
生産労働者需給の逼迫や再配達による業務効率の悪化を背景に、
サービス内容の大幅な見直しをしている時期だけに、
必見に値すると思います。


もともと家庭へのラストワンマイル問題は、
物流に始まったことではなくインターネットの黎明期には、
誰がインターネット回線のラストワンマイルを覇権するかで話題を呼んだ時期が90年代にありました。


物流業界でのラストワンマイルは、
インターネットとは異なりリアルに人が手渡しで対応しなければいけないという意味で、
単なる過剰サービスという限定的な意味を超えて、
あらゆる暮らしを支えるサポートビジネスに繋がる金脈でもあると受け止めています。


例えば、世の中でIotと囁かれていますが、
電子機器と電子機器が直接ネット回線で繋げるだけではなく、
そこで蓄積した情報を活用して暮らしのサポートに活かせなければ意味がありません。
では、そのサポートビジネスを誰が手掛けるのでしょうか?


最近では、コンビニ、ファストフード、外食チェーン迄がデリバリーを行う時代です。
古くは新聞配達というものも今でも続いています。
でも、宅配便をはじめそれらが玉石混合に競い合ってもらっても、
消費者の立場からは都合の良い時間に、誰かが代表して来てくれれば済む話しです。


その意味では、宅配便業者が自らのサービスに限定してものごとを考えるのは、
少々、狭すぎるのではないかと思います。
もしかするとBtoBで事業を行っているハコベルがBtoCに参集したら、
直ぐに解決できる問題かもしれません。


一方、Amazonです。
当初、ロングテールというマーケティング効用を生み出した、インターネット書籍販売だったはずですが、最近では完全に物流会社ですね。大型貨物機をリースして自社運航しているのみならず、ドローンでの戸別配送を真剣に遣り抜く計画だそうです。


皆さんも、Amazonの注文から即日配送に気が付かれていると思います。
広大なアメリカという土地柄からは、その様な日本人受けするサービスまでは求められていないはずです。なぜ、そこまでコストが掛かる高付加価値サービスに注力するのでしょうか。


最近知ったところでは、
Amazonは楽天やYahoo!ショッピングの様に出店形式も始めています。
後者が主に代金決済に終始しているのに対して、
Amazonでは物流網も開放しているところが大きな違いです。


推測ですが、これからの流通業は物流を制したところが競争優位に立つと思います。
先のリアルな部分でのラストワンマイルを想定しますと、ただ単にモノを届けるだけではなく、将来的にその背後には様々な暮らしのサポートビジネスが控えています。
インターネットでもそうですが、如何にリアル分野で各家庭を囲い込むか。。


そこがAmazonの狙いである様にも思われます。
このAmazonが90年代に創業した時には、
創業者の自宅のガレージで必要最小限の在庫しか持たずに、
注文の都度、書籍流通販社から購入をしていたというのは驚きます。


ただし、書籍を買おうとAmazonのサイトを見ますと、
書籍の内容が手に取る様に分かり、また第三者による書評というのは、その本を買うかどうかを判断する時にとても参考になりますよね。
創業当初のアイディアはこの辺から始まったのかもしれません。


事業を行ううちに、
書籍以外への転用を考え付き、また流通から物流へ思いを馳せているものと思います。
このAmazonが他急便業者との取引取止めにより、
自らハコベルの様な運輸組織網を作り始めているのが頷けます。


身の丈の出来ることから始める。
これが事業の鉄則なんでしょう。中小企業においても同じだと思います。
自らの事業資源の一番強い部分に着目し、無理のない範囲でその意味性を変換させながらそこを伸ばして行く。事業とはその繰り返しなんだと思います。


さぁ、財務という経験と知識しか持ちえない私の事業資源をどの場面へストレッチして行くか。自ずから取れるリスクの範囲は充分に理解しているつもりです。
アイディアという知的資本をマネタイズする為には
何から手掛けるべきか。私の場合、そこが知恵の出しどころですね!




働き方改革

皆さん、おはようございます!
今日も暑くなりそうですね。。
九州の方々には申し訳ないのですが、東京は一向に雨が降る気配がありませんね。
こちらは水ガメが不足して、給水制限が気になりますね。


最近、世の中って大きく変わり始めているのかな。。
と、思わせることが多々あります。
松本に行けば、都会で素晴らしい実績を手掛けられた方々が住まわれていて、
あれっ、松本に住んでいたんだ。。という感じ。


新聞を読んでいれば、
ザ・ビジネスという記事が減り、
それに代わり、「休み方改革-職場一斉」等という記事がトップを飾っていたり。
まるで8月の企業の動きが鈍る期間の様な錯覚を起こします。


それ以前に、自分で会社を経営している時に、
1日に6件、7件もお客様周りをするとか、
1日に東京から名古屋まで2往復するなんてアホみたいなことをしていたので、
世の中で起きていたことに全く気が付いていなかったのかもしれません。


今朝の新聞で記事の共通となる話題を括ってみれば、
やはり生産労働人口減少に関わる企業の対策でしょうか。
大きくは、①休み方改革、②人工知能の活用、③シェアリングビジネスの3つで
集約されるかと思います。


休み方改革では、大手流通企業7&i、住友林業、引越しのアートコーポレーションが
一斉休業制度を導入し、有給休暇の取得率を向上させて、
人材確保難に向けた対策を打つというものです。
売上減少よりも人材確保を優先するというから時代も変わりましたね。


それ以上に、これから来るべき人口減少、
特に生産労働人口の減少は深刻な問題なんでしょう。
私は、働き手がこの休みが増えた分をどの様に活用するかが気になります。
折角得た時間ですから自分のやりたいことの為に有意義に活用して頂きたいものです。


また、生産労働人口の減少は、
恐らく人材確保強化策だけでは対策としては足りないと思います。
偶々、ベンチャービジネス欄に、AIを活用した農業効率化と食事や運動助言するアプリにAI機能を付加するという記事が掲載されています。


1次産業は2、3次産業以上に過疎化が進み、
生産労働人口の減少が深刻な産業だと思います。
生産者の勘や経験で農業用水の水門開閉を行っていたり、野菜や果物の収穫を行っていますが、それをAIを活用したロボットで行おうとするものです。


差し迫る生産労働人口対策という点においては、
AI技術があって良かったと思います。
産業が行き詰る前にどんどん導入できるところに導入すべきと思います。
高齢化する生産者にとっても望まれることではないでしょうか。


一方、このAIが産業界の様々な部分に導入されると同時に、
生産者である人間はもっと知識創造する方向に進んで行かなければならないと思います。
皆さんも、耳にしたことがあると思いますが、例え旋盤の様な世界でも、人間の五感により生産された製品の方が機械よりも精度が高いことが多々あるということです。


この点にも留意して人間が遣るべきことを機械に置き換えて行きませんと、
何か新しいものを生み出す局面や
安全面でいざという時に
人間が対応できないということが起きないか心配です。


飛行機野郎という言葉があります。
自らの腕と勘に頼って飛行機を操縦していたのが昭和30年位まででしょうか。
今では、自動操縦により、理論的にはパイロットが操縦桿を触らなくとも安全に飛行が出来るようです。


余りにも人の勘と腕に頼り過ぎてもいけませんし、
余りにもコンピューターに頼り過ぎても、
人間の勘や腕が鈍ってしまいます。
その調和を如何に取るかという視点が必要なのではないでしょうか。


心地よい街

皆さん、こんにちは!
毎日、夏日が続きますね!
そりゃ、そうですよね、季節は「夏」ですから。
梅雨が何処に行ってしまったのか気になりますが。


今朝、起きてから、なぜか「街」に関することが
3連発で頭に思い浮かびました。
そう思っていましたらTVでバリ島特集をやっているではないですか。
何れにも共通している「心地よい街」の姿があります。


私の若い時からの思いでで今も残っているのは、
少々泥臭いかもしれませんが、
隣の家で作っている夕飯が匂いでわかる、
長屋ではありませんがそれだけ向こう三軒両隣が密着した人間臭さです。


綺麗にいえばCafe'のコミュニティではありませんが、
地域の井戸端会議が地域の仕組みとして組み込まれ、
きちんと機能していたのではないでしょう。
まず、人の個性ある顔が見えるのが良いですよね。これが街の基本です。


その後、大手流通グループの不動産開発会社での経験ですが、
グループの総帥が百貨店は街であると言っていたのを思い出しました。
ここでの街の意味は、百貨店に行けば何でも必要な機能が揃っている。
それこそ非日常的な空間で一日いても飽きずに楽しい空間です。


一つエピソードがありまして、
実行部隊は郊外型百貨店を作るのに四角い巨大な箱を計画したらしいのですね。
そうしたらその総帥、顔を真っ赤にして激怒された様でして、計画建物の模型を叩き潰して散らばった個々の建物がご満悦の行く街を形づくっていたというものです。


また、私も百貨店、専門店、ホテルからなる大規模な複合施設開発に携わったことがあります。マーケティングの一環で、本当に方々の施設を見て回りました。
今でもその時の癖が抜けずに、新しく施設が開業すれば、
必ずと言って見に行きたくなりますね。


当事の上司である担当役員からも「ホテルこそ街である」ということを言われたことを思い出しました。確かに百貨店に比べますと、宿泊機能も整っていますので
衣食住全てが整っており、それをホテルマンというホストが街の安全で付加価値の高い運営に寄与している。そんなイメージを持ちました。


先の総帥の怒りではないですが、
ホテルも別に建物という箱の中に全てを修める必要はないな、
立地に応じてケースバイケースで地域内に必要機能が点在していてもいいなと
インスピレーションで思いまして上司に話しを向けたことを思いだしました。


最近の百貨店もGINZA SIXではありませんが、
あまり自主ブランドを前面に押し出して店内を統一ブランドで構成させることが
難しい時代かもしれません。消費者の個性が多様化している為、あまり百貨店という色が前面に出るよりも、入居テナントの個性の方が重要かもしれません。


ただ、それら入居テナントを無造作に建物内に配置するよりも、
フロアー毎に一定のテーマ性を持たせた方が
流れる様な統一コンセプトをによる関係性を醸成した方が
お客さまにとっては心地よいですね。


もしかしたらホテルもそうかもしれません。
最近の名門ホテルはホテルの顔が前面に出過ぎていて、
どちらかと言うと商業ゾーンは地味地味ですよね。
もう少しオープンに買い物だけを楽しみにくるお客さんがいらしても良いと思います。


それから、バリ島は行ったことがありませんが、
流石にリゾート地で行ってみたくなりますね。
リゾートホテルですので街と一体となっており、
様々なお店と融合することにより一つの地域を形成しています。


様々な商品を提供するお店があり、そのお店の建物の形状も区々である。
その中でも共通のコンセプトとして街並みの色でも良いし、
一昨日のリッツカールトンや東京ディズニーランドの様な共通のワンポイントのサービスがあると、お客様は大変に気持ち良く過ごすことができると思います。


いま、日本の人気商業地を見ていますと、
大きな箱型の大型商業施設が街を形成しているよりも、
吉祥寺や下北沢の様に昔ながらの街形成の過程で、
「自然」増殖的に拡張してきた街の方が活気もあり、楽しいですよね。


私は、その様な街の中に工場や会社があっても良いと思います。
むしろその方がリアルで面白いと思いませんか。
問題は、建物という壁で両隣との関係性が分断しないようにする必要があります。
それは街に対して、街に来る人に対して開かれている必要があると思います。


いつでも、誰とでも気軽に話しが出来る気軽さ。
これがコミュニティではないでしょうか。
それに対して、何も脈絡を持たずに無数の高層マンションばかりが立ち並ぶウオーターフロントは、今後、どの様になってしまうのでしょうか。


私はCafe'を様々な産業が集積した「街」として捉えてみたいと思います。
その為には各々の個人、法人の事業者がコミュニティであることが不可欠です。