誰にも聞けない経営財務戦略!

ビジネスの未来を財務と心で読み解くブログです!

CREATE LIFE!
より良い暮らしを創造しよう!

http://crelife.co.jp

高齢化社会における情報技術!

皆さん、おはようございます!
土曜日ですね。今週は朝からドタバタやっていましたのでホッと一息です。
窓越しに空を見上げれば穏やかな青空が広がり心を和ませてくれます。
今の気持ちをどの様に来週に繋げるか、ゆっくりと考える一日にしたいと思います。



パーク24が提供する「ビー・タイムズ」という予約制の時間貸し駐車場サービスがあることを知りました。駐車したい人と、空き駐車場を持つ個人や法人をネットで仲介するサービスです。自動車のカーシェアリングやライドシェアばかりに目が行きがちですが、確かに自動車の駐車すべき場所のシェアリングビジネスもあり得ますね。


タイムズ24はお馴染みの駐車場サービスです。空き地をパーク24が所有者から借り受け、タイムシェアで駐車したい人に貸すビジネスモデル。いつの間にか大型商業施設や公共駐車場の管理まで請け負う様になり、更にはシェアリングビジネスにまで発展させている事業展開に目を見張るものがあります。


国内のみならず、海外にも展開しています。時間貸し駐車場というシンプルなビジネスを突き詰めて、今では情報化社会におけるモーターリゼーションのインフラビジネスとして無くてはならない存在です。トヨタ自動車がシェアリングビジネスの実証検証を行う相手として提携関係を結んだだけあります。


そして、このパーク24がビー・タイムズの事業拡大のために、不動産仲介ビジネスを行うハウスドゥとも提携関係を結んだそうでうす。ハウスドゥは、高齢者などの自宅をいったん買い取った後、賃貸借契約を結んで住み続けて貰う「セール&リースバック」事業を手掛けているそうです。


買い取った物件では駐車場スペースが使用されていないケースが多く、これを有効活用することを目的としてパーク24のビー・タイムズと連携を図ることが目的です。
確かに高齢になり、自家用車を持たない世帯が、これからの時代、増えて行くと思います。年金生活をしている高齢者にとっては、新たな収入源にもなります。


今後、人生100年時代となり、少子高齢化が進み、また社会保険財政が逼迫する中で、老後を心配する方々も多いと思います。その様な中で、情報技術の進展が、社会をより便利に木目細かくヒトやモノを繋げて行き、モノを買う時代から、モノを共有して有効に活用する時代になることが一つの道筋になると思えます。


高齢者向けに住居を「セール&リースバック」することにより、同じ家に住まい続けながら不動産の売却資金を一時に受け取ることが出来ますので、これも老後の生活には助かりますね。また、いまは核家族化がどんどん進み、相続で自宅を売却して換金するだけなら、その資金を前借りして老後の生活費に充てた方が助かります。


この「セール&リースバック」は不動産会社のビジネスモデルですが、似たような商品として金融機関に「リバースモーゲージ」というものがあります。名称だけ見ますと、何やら怪しげな金融商品の様に受け取られてしまいますが、これも自宅を持つ高齢者がその自宅を担保にローンを受けて、返済は没後に自宅の不動産を売却し充当する仕組みです。


10年位前に開発された金融商品で、当時は東京スター銀行と三井住友信託銀行くらいしか扱っていませんでしたが、今では殆どの都市銀行、地方銀行で扱っているようです。
これからの高齢化社会、労働力人口の極端な減少にともなって、定年延長や定年退職に関係なく働ける時代が来るとは言いましても、労働力としての寿命もあります。


労働力としての寿命から、身体の寿命までの期間が延びてしまうのが困る訳です。それに見合う充分な貯蓄が出来てれば良いのですが、自分がいくつまで生きているかなんて誰にも分からないものです。高齢化社会における、将来の生活に対する不安を如何に軽減させるかも大切な社会の仕組み作りだと思います。


この様に考えますと、やはりこれからの時代は、今までの様に購買に意欲的な消費心理ではなく、無駄なものは買わない、メリハリのある消費動向となるのは間違いないでしょう。また、自らの持つ資産を有効活用して、少しでもそこから収入を得られるならシェアリング経済を活用していくそんな時代になるものと思います。


シェアリング経済は、情報技術と社会で求められるニーズの相互作用の中から生まれて来ています。情報技術がなければ、いままで思いもつかなかった様なサービスが提供されています。生活者にとって、本当の意味での暮らしを豊かにする、そんな社会の到来を告げている様に思えてなりません。


今日もご覧いただきましてありがとうございます。
より良い豊かな暮らしを創造しよう!
CREATE LIFE!
http://crelife.co.jp



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。