誰にも聞けない経営財務戦略!

ビジネスの未来を財務と心で読み解くブログです!

CREATE LIFE!
より良い暮らしを創造しよう!

http://crelife.co.jp

Caféのある街!

皆さん、おはようございます!
カレンダーに目をやれば、1月も気が付けば明後日で終わりですね。
つい先日、お正月を迎えたばかりだと思ったのですが毎日が早いですね。
今週の木曜日にまたもや雪の予報ですが、先週の様にならないことを祈るばかりです。


昨日は、国分寺にあります胡桃堂喫茶店に行ってきました。楽しみにしていました、胡桃堂書店主催による飯田美樹さんのトークイベントに参加するためです。
テーマは「まちがもっと気持ちのいい場所になるために~インフォーマル・パブリック・ライフとカフェ」で、これからのまちづくりにカフェを採り入れようという内容です。



飯田美樹さんとの出会いは、昨夏に読んだ「Caféから時代は創られる」です。1900年代のフランスで、あれだけ署名な芸術家達を育んだ背景にはカフェ文化が関係しています。誰に隔たることもなく自由に出入りできる開放的な落ち着いた空間の中で繰り広げられる芸術家達のコミュニティがあれだけの名作を生んできたのです。


カフェ空間は、誰しもが経験のあることだと思いますが、独りで入っても、仲間同士で入っても、コーヒー一杯で時間を気にすることなく、思い思い好きなことを出来る場所です。適度な音楽が流れ、様々な人々が話す声の音色が心地よく、人間の本能や生理的にも創作活動を行うのに打ってつけのコミュニティ空間ではないでしょうか。


そんなカフェの持つ機能を明確な活字で教えてくれたのが飯田さんの一冊でした。感覚的にカフェの良さは理解していましたが、その仕組みまで詳細に解説されていたのには、思わず時間が経つのも忘れ、食い入るように読み入ってしまいました。それ以来、「創造力」のメカニズムを心理学的に紐解くことがライフワークとなっています。


創造力を色々な角度から説明できますが、一言でいうと企業組織の様な上下関係のない、フラットなコミュニティでの会話を通した「気づき」と言えます。人間というのは、物事に対して自分なりに概念化して理解をしています。しかし、その概念化されたものはある側面から見ている場合が多く、異なる角度から視点をずらして見ることが大切です。


視点をずらして見ることによって、異なった景色が見えて来る訳です。その機会を与えてくれるのが、多くの場合、人とのコミュニケーションを通してということになります。
そのコミュニケーションも単に会話をすれば良いというものではなく、なるべく異なる視点を持ったメンバーとテーマを決め、リラックス出来る環境を整えると効果的です。


その様な環境が文化として根付いているのがカフェと言うことができると思います。
今日の飯田さんの論旨は、いまの「まち」はとかく産業優先の人間にとって優しくない仕組みとなっており、まちの要所要所にカフェを配することにより、人々のコミュニティが生まれ、まちが賑わい、地域の活性化に繋がるというものです。


今のまちは、車道とそこを行き交うクルマによって、分断されてしまっているので、まちの中心地はクルマの進入を禁止し、人がゆったりと歩ける空間を作るべきであり、その合間にカフェに立ち寄りゆったりとくつろぐ機能を点在させるべきだとしています。昨日、ブログで記した精神文化を醸成させる時代とも重なりとても共感できました。


私も日頃から、まちをカフェの様にしたい(=コミュニティという意味です)と思っており、その様なまちの中から人々が思い思い様々なことを創出していけたら、来るべき情報化社会の中で人間が期待されている創造社会をつくることができると思います。イメージとしては、北欧のような自然と人間が共生するゆとりあるクリエイティブな社会です。


最近、人口減少、少子高齢化を背景に、都市基盤を集約させようとする動きがあります。
広域に都市基盤(行政施設、インフラ)が拡散していますと維持管理する為に財政的にも
限界があるからです。その為、中心地面積を市街化区域(=街としての機能を形成すべき地域)の10%以下に抑えた場合、補助金を優遇しようとするものです。


コンパクトシティ化は正しい政策だと思いますが、行政が管轄する都市機能だけではなく、カフェをはじめとしたまちに必要な機能をも考慮した複合的なまちづくりをしないと結果的にぎわい性や界隈性が欠けた人間を疎外するまちづくりになってしまうことが懸念されます。また、建物と外側のまちの繋がりに配慮する必要があります。


これからの時代、中心地の空き家問題がいま以上に顕在化して来ると思います。新しい建物を建築するばかりでなく、既存の建物を如何に有効活用して街並みを形成して行くかという視点も大切です。人間の心理に配慮した街並みを形成してこそ、まちが活性化して行くことでしょう。より良い精神的に豊かな暮らしを創造しましょう!


今日もご覧いただきまして、ありがとうございます。
CREATE LIFE!
http://crelife.co.jp






TORAYA Cafe’!

皆さん、おはようございます!
最近、急に日の出時間が早くなってきた様に思うのですが気のせいでしょうか。
早く明るくなってくれた方が気持ちが前に進みますよね。。
今日は楽しみにしていた飯田美樹さんのCafe’トークイベントがあります!


昨日、久しぶりにのんびりと表参道周辺を散策してきました。
行ってみたかったのは「TRUNK HOTEL」と「TORAYA CAFE’」です。
渋谷駅からキャットストリートを途中で北青山方面に抜けて裏通りを始めて歩いてみました。なかなか侮れず、お店が点在していて歩きながら楽しめました。


これも非日常体験でしょうか、歩いていてリフレッシュしますね。
TORUNK HOTELは最近話題のコミュニティホテルという新業態です。
普通のホテルですと建物の壁に覆われて内向きにホテルを運営している形態ですが、このコミュニティホテルは周辺地域との関係性をハード・ソフト両面で意識しています。



一方のTORAYA CAFE’は、そうです和菓子で有名な「とらや」のカフェ業態です。なんと創業は室町時代ということですから、実に創業500年なんですね。時の御陽成天皇に和菓子を献上して以来、今でも天皇家の御用達というから凄い企業だと思います。今でも受け継いでいる秘伝の和テイストとカフェのシンクロを楽しんできました。



人間というのは不思議なもので、旅もそうですが、非日常体験をしますと開放的な気分になります。好奇心でしょうか、そこにいまある異文化に触れた時に理屈抜きに気分が逸りますよね。そこに行くまでのワクワク感もあるかもしれません。大自然を目の当たりにしたり、大自然の中に佇んだ時も、それとはまた違う心が洗われる気持ちになります。


文化には「人間が自然に手を加えて来た成果」という意味があります。自分が大自然に手を下して今の文化を作った訳ではありませんが、人類が脈々と築き上げてきたコトに対する無意識の関心というものは、DNAがそうさせているとしか言いようがありません。
暮しの豊かさを実感できる瞬間であるとも言えるかもしれません。


文化とは衣食住をはじめ、技術、学問、芸術、道徳、宗教をも含んだ総体をも示しています。日頃、仕事に勤しむということは、各々の専門分野における文化活動を通して糧を得ているということにもなります。個々人の仕事の領域が専門特化しているので、よもや自分が文化活動に勤しんでいると言われても実感が湧かないものですよね。


だからこそ、時に異文化体験を通して、大局的に文化に触れることによって、人間としての本能を呼び覚まし、英気を養うのかもしれませんね。本当は、仕事と異文化体験の境目なく、文化を感じながら仕事をしなければいけないのかもしれません。そうしたら、創造的な活動をしていることを仕事の中に見い出すことが出来るのではないでしょうか。


その様な境地に至る為には審美眼が必要なのかもしれません。審美眼とは、美を的確に見極める能力のことを言います。より良い暮らし、より良い文化を育んで行くためには、何が世の中にとっての善=美であるかを無意識下で捉えている必要があります。それは、自分にとって気持ちの良いことを体現することと言い換えても良いかもしれません。


私たちは資本主義という社会の仕組みを生み出し、企業という枠組みを通して目覚しい技術進歩を果たし、衣食住におけるモノの豊かさを実現してきました。そして情報技術革新が、ますます時代のスピードを早くしていますが、今までの規模(=マス)を前提とする仕組みから個性、パーソナルを前提とする社会へと変容させようとしています。


その様な社会では、闇雲に技術的な文化を発展させるだけではなく、今まで築き上げてきた文化を楽しむ、言い換えれば物質的な文化のみならず、精神的な文化を享受する意識が高まるのではないでしょうか。人間が文化を育み、文化が人間を育てるという意味においては、精神文化を円熟させることも必要なように思えます。


今の情報化社会においては、誰しもが等しく自由に自らのライフスタイルに合う情報を収受することが出来ます。そして好奇心の赴くまま、非日常体験をする為に行動に移すことも可能です。むしろ、人々は自らの精神的な豊かさを実現する為に、情報技術を活用している様にも思えます。もともと人間には審美眼が備わっていますので。


現代は情報技術革新による時代の変革期にあります。5年、10年という期間で見ますと、様々な混乱、矛盾が表面化してくるかもしれません。しかしそれは、今までの社会の仕組みが新たな仕組みへ変容して行く胎動であるとも言えます。大切なのは、個人個人がより良い豊かな暮らしを育もうとする意識だと思います。


今日、日曜日も天気が良いので、あなたも旅に出てみましょう!
本日もありがとうございます。
CREATE LIFE!
http://crelife.co.jp






創造的オフィス空間!

皆さん、おはようございます!
今月最後の週末ですね。今週は降雪に寒波と、さぞお疲れではないでしょうか。。
窓から外へ目をやると、庭にはまだ一面が雪に覆われておりますが、
空はいつもより早く白み始めており、確実に陽が伸び、春の到来が待ち遠しくなります。



「オフィス」といいますと、どの様なものを想像されるでしょうか。
最近のオフィス空間は随分とお洒落になってきていますので、その人、その人によって捉え方も異なるのではないでしょうか。世代や業種によって自らが過ごすオフィスは異なりますので、それに対するイメージも全く異なるでしょう。


日頃の会話の中で、一般的な言語として「オフィス」という言葉を使った時に、共通認識の下、一旦は会話が成立している様に見えますが、実は各々が持つオフィスのイメージを掘り下げて行きますと、発信者と受信者で全く異なるオフィス観をもっており、実は会話は成立していなかったなんていうことも往々にしてあり得ます。


人間の言語コミュニケーションは、精緻に組み立てられている様で、意外に感覚的な意思のやり取りで成立しているものだな。。なんて感じることがあります。会話の中で、いちいち語彙の定義付けを確認していたら会話が進まなくなってしまいます。ただし、ビジネスの場面では、そこをきちんとグリップしておかないと後で大変なことになります。


最近では、情報通信技術の進展により、誰しもがe-mailを利用していると思います。e-mailは情報が一方的に送られて来ますので、その記載内容に曖昧な定義の語彙が使用されていますと、その場で言葉の背景にある意味を確認しようにも、相手は目の前にいませんのでフラストレーションが募るばかりです。


コミュニケーション手段には、直接的な会話、インターネットによる伝達他、様々な方法があると思いますが、相手に伝えたいコミュニケーション内容によって効果的な伝達方法を考えなければいけません。これが情報化社会において必要とされる重要なビジネスリテラシーであるとも言えます。


特に、AIをはじめとする技術によって、定型的に標準化された判断業務がコンピューターに置き換えられる中で、オフィスワーカーに求められるのは五感をも総動員した経験に裏付けられた新しい知識(=考え)を創出することだと思います。
どの様にすれば、そのような新しい考えを創出することが出来るのでしょうか。


人間は、物事を概念化して理解しています。自らが経験したことや、先人の経験を書籍などを通して学んでいます。それが人々の間で共通認識として昇華しますと、一定の言語により表出される様になります。その時に気を付けなければいけないのは、一旦は概念化されて理解された言語でも、実は人それぞれによって背景にある情景が異なることです。


ある意味、固定観念に近い思い込みである場合もあります。また、視る角度によって異なった情景に見えることもあるでしょう。大切なのは、一つのもの見方だけではなく、視点をずらして多面的に物事を見ることだと思います。独りで自問自答しながら視点をずらして行くことは、それなりの経験を積まないと出来ないのかもしれません。


最近、ワークショップやワールドカフェという、一定のテーマに対して何人かの人が集まり、共同で結論を見出して行くコミュニケーション手法が注目されています。
これは、一定のテーマに対して、様々な人が自分なりの見方を周囲の人に伝え、各々の見方の違いに気付き理解する中から、新たな解決方法を見い出して行くプロセスです。


ある共通の課題を持つ人々が、自分達各々が持つ概念を一度取り払い、テーマを掘り下げて行くことにより、その問題を固定観念で見ていたことに気付きます。その上で、今までとは異なった捉え方をすることにより、全く新しい解決方法が導き出されるのです。上下関係のある会社の会議のようなスタイルでは新しい発想は生まれ難いものです。


最近、コワーキングスペース(=ベンチャー企業向け共用オフィス)、シェアオフィス、フリーアドレス(=自分の座席が決まっていないオフィス空間)を導入する企業が増えています。空間的な壁を取り払い、自由にオフィス内を動き誰とでもコミュニケーションがとれる、心理的に開放的ですのでフレキシブルな発想が出来る様になっています。


ある人は、オフィスとは人々が暮らす「街」という捉え方をしています。オフィス内に限らなくとも、テレワークにおいて落ち着いたCafe’に行くことも同じ様な効果があると思います。これも、企業とオフィスワーカーの関係が緩やかになって来たからでしょうか。いまやグレーのスチールデスクを島型に並べて仕事をする時代は過去のものですね。


この様な開放的でフラットなコミュニティの中から、新たな知識が創出されるものと思います。計画的にその様な空間を整えて行くことも必要な時代なんだと思います。
個々人のより良い豊かな暮らしの中から様々なことが創出されて行くのでしょう。
今日もご覧いただきまして、ありがとうございます!


CREATE LIFE!
http://crelife.co.jp