誰にも聞けない経営財務戦略!

ビジネスの未来を財務と心で読み解くブログです!

CREATE LIFE!
より良い暮らしを創造しよう!

http://crelife.co.jp

情報化社会の多様性!

皆さん、おはようございます!
朝5時半を回ると、だんだんと外が白んで来て、一瞬、朝陽の加減で空がオレンジ色になります。直接お陽さまを望むことは出来ませんが、清々しい気持ちになります。
サラリーマン時代には持てなかった心境に満足です。。


先日、六本木ヒルズ方面に歩いていましたら、
ちょうどヒルズの手前あたりにGoogleのショップと思しき店舗があり、
昨年発売されたスマートスピーカー「Google Home」のデモンストレーションを行っているのだろうと立ち寄ってみました。


それが「Google Telework Lounge」である事に気付いたのは、
店内を一周して3つのテレワーク体験ゾーンがあることに気付いた時でした。
①移動の合間や空いた時間に気軽に働く「モバイルワークゾーン」、②プライバシーが保たれたエリアで集中して働く「サテライトオフィス勤務ゾーン」。


そして、③自宅で働くという感覚を体験する「在宅勤務ゾーン」。
確か石垣島か宮古島にもサテライトオフィスを設置して実証検証を行っているはず。。等々、Googleが今までもテレワークを手掛けていたかの如く、
違和感なく、なるほど。。テレワークも現実のものとなりつつあると合点していました。


ちょっと待てよ。。急に冷静になりながら、
Googleの本業って検索エンジンとOSのAndroidじゃなかったっけ??
その他にもハードウエア、ソフトウエアがありますが、
テレワーク空間まで提案していることに、妙に好奇心をくすぐられます。


今までの一般的な企業でしたら、クルマだったら大きさの大小やタイプの違いこそあれ、
クルマばかりを作り続けていますが、果たしてGoogleの業種は何でしょうか。
オートモービル(=クルマの自動運転)にも参入していますし、差し詰め、大いなる情報通信事業者ということになるのでしょうが。。


今や情報通信は、金融と同様に経済のインフラとなりつつあります。
あらゆるモノやサービスが、見方を変えれば情報により成り立っているコンテンツであると考えれば、人間が存在する所すべてが事業の対象になります。
当然、テレワークは情報の渦の様な存在であることを考えますと、衝撃に駆られます。


その様な途轍もない企業を動かしているのも「人」です。直観的にトヨタ自動車や日産自動車の様な従来の製造業とは全く異なる、マネジメント手法を取っていることが想像されます。日本の企業は高品質と効率性を強みとして、高度経済成長を駆け抜けて来ましたが、広い意味での情報通信事業者にどの様に戦って行くのでしょう。


今までの企業は、チームワークにより「改善」や「品質向上」を追求し成果を上げて来ています。その結果として、同じ様なスキルと価値観を持つ同質性の高い企業文化を築き上げるに至っています。それこそ、あ・う・んの呼吸で組織が回って行きますので、一つの目標に対するスピードは速いと思います。


ところが、その自動車産業でも①EV等(=電気自動車)、②オートモービル、③情報通信プラットフォーム化(=コネクテットカー)という、未知の分野に急激に舵を切らなければならない局面に立たされています。同質性を重んじる企業内に、それらに対応できる人材がいるとは誰も思わないでしょう。


だからトヨタ自動車も、各々の分野で先端技術を持つベンチャー企業と連携をする等、自前主義の日本の企業では考えられなかった様なことが起こりはじめています。その意味では、まったく異なるスキルや価値観を持つ人々が、コミュニケーションを図りながら新たな価値を生み出して行かなければいけない、そんな時代を迎えていると言えます。


多様性の時代、それが情報化社会の産業側から見た必然の要請でもあるのではないでしょうか。今まで、生活者/消費者の立場から、情報化社会によって個々人が各々のライフスタイルに従って多様化していくことについて、折に触れて綴って来ましたが、これは産業側からみても避けて通ることのできない時代の流れだと思います。


Iotはあらゆるモノやサービスがネットワーク化されることです。そして、そのネットワーク化された情報の中から、新たな意味を見出し、また新たな情報としての概念形成が図られる。その為には、あらゆる企業が企業間の壁、業界間の壁を超えて手を取り合い、コミュニティを形成して行かなければいけません。


今までの企業が直面している状況について、どこまで経営トップが現実の問題として認識できているのか。また、日本ならではのモノづくりの強みを残しながらも、並走する様に同質性から脱却して、多様性を受け入れられるフラットなマネジメント体制へスピーディーに変革できるかが問われるているものと思います。


人間は、誰しもが先の見えない未知のものに対して恐怖心を抱くものです。
それを乗り越えるためには、日々の気付き、思いと、明日への期待が活力を生み出します。そして、様々なバックグランドを持つ「人」と「人」が手を取り合い、互いに明日を語り合うことが必要なのではないでしょうか。


より良い暮らしを創造しよう!
今日も、ご覧いただきまして、ありがとうございます。



CREATE LIFE!
http://crelife.co.jp





アジア経済に第3の波!

皆さん、おはようございます!
この三連休は天気も良く、都心の公園でも紅葉が見ごろでしたね。。
空を見渡せば、朝陽でほのかに朱色に染めています。
今日からまた気持ちを引き締めて、年末まで一気に駆け抜ける、という感じでしょうか。


最近、中国へ進出した日系企業の生産工場の撤退が相次いでいます。
この一月だけでも、資生堂やニコンが生産する低価格帯化粧品やデジタルカメラの売れ行き不振を理由として、撤退を表明しています。
背景には、中国人件費の高騰、円安・元高による採算悪化があります。


元々、日系企業のアジア圏進出は、安い労働コストの活用を期待した生産拠点の海外移転でした。国内の人件費が上昇し、高品質低価格製品の供給を使命とする日系企業が採った経営方針でもあり、20数年前より多くの大手メーカーが、大挙して中国、ベトナム、タイ、インドネシア諸国へ進出しています。


アジア諸国側は、積極的に外資系企業の誘致を行い、自国経済の近代化を果たしています。振り返りますと、当初、安い人件費を活かして衣料品の縫製など「労働集約型産業」を確立しています。その後、日本、韓国、台湾などの石油化学、鉄鋼、家電、半導体など大規模設備/資本を必要とする「資本集約型産業」の誘致に成功しています。


いまやアジアは世界の工場という地位を欲しいままにしています。特に中国の深セン(=香港から車で1時間程度)は、世界の半導体工場とも言われ、皆さんがお使いになられているiPhoneは台湾の鴻海精密工業(=シャープを買収した企業です)が、深セン工場で生産しています。この数年間の市内の発展にめざましいものがあります。


そのアジア圏諸国の経済成長は著しく、付加価値の高い製品の生産でないと採算が合わなくなるまでになっているということです。
確かに近年では、多くの日系企業のソフトウエアプログラミングをはじめとするIT業務をアジア諸国の拠点に移転するまでになっています。


また、最近では、中国のライドシェアリングの滴滴、ネット販売のアリババ集団が日本へ進出するまでになり、情報通信系企業による「知識集約型産業」の興隆がみられます。
なぜ、労働集約型産業から知識集約型産業に先鞭をつける迄に、わずか40年程度という短期間で実現できたのでしょうか。


日本をはじめ、欧米諸国がそれまで培ってきたノウハウをキャッチアップしながら、外国資本を自国の近代化に向けて、上手く政策的に誘導できたことが主因です。
それ以外にも注視すべきこととして、既存産業のしがらみや過剰な規制がなかったことも、イノベーションが急速に進んだ背景にあると思います。


例えば、携帯電話の普及で言われている話があります。
日本では、まずはNTT(=前身は日本電電公社)により固定電話が全国各地に普及していましたが、アジア圏では固定電話の普及率は非常に低いところに、携帯電話が商品化されたため、インフラ整備コストを掛けずに一足飛びに携帯電話が普及しています。


思い起こせば、日本が高度経済成長を享受できたのも、先行する欧米諸国をキャッチアップする形で品質と価格を追求し海外輸出を行ってきた歴史的な背景があります。
その時代の日本も、現在のように既存産業によるしがらみもなく、また過剰な規制もなかったと思います。


経済が円熟して行くから様々な規制が出来るのか、様々な規制が出来るから経済が円熟して行くのかは分かりません。
産業を構成する各企業内を見渡しましても、様々なルールや規定により運営されるようになり組織的に硬直している企業を多く見受けます。


ルールや規定に準拠して組織を運営する様になりますと、そこから逸脱して物事を考えなくなるのが人間の性というものです。本来は、自己の審美眼により物事の良し悪しを判断すべきところを、明文化されたルールに準拠しているか逸脱しているかという0→1という判断しかしなくなってしまう弊害が生まれています。


一つの企業目標に対して判断軸となるルールを社員に明示しなければ、組織が回らなくなるというのも組織運営上は必要なことではあります。この葛藤が、いまの日本社会が抱える根本の問題だと考えます。もっと、従業員の個々人が経営陣と同じ様に自己の裁量と責任で仕事に取り組むヒエラルキーを度外視した仕組み作りが急務だと思います。


こんな事例もあります。ある会社に新卒で入社していた社員が、自社の提供する商品が社会の為になっていないと思い、悩んだ末に2年後に退職しています。その彼は、退職した後に写真集を出したら社会の目に留まり、今は空間ビジネスの仕事をしています。
  


大人が自らの経験に基づいて、それを若い人に押し付けてはいけないと思います。
情報化社会で、年齢差関係なく、個々人が様々な価値観を持つようになっています。
しかし、いまの組織はその様な価値観に耳を傾けないことに問題があります。
自分達が入社してから先輩社員にアナログで教えて貰った通りの価値判断を強要する。


働き方改革とは、単に残業時間を減らすこと等だけではなく、仕事のあり方自体をも新しくデザインする必要がると思います。これからの時代、経済速度はますます速まりますので、何でも自前主義とするには限界があります。必要なノウハウやスキルを持つ人間を外部に求める、労働者と企業がフラットに繋がる、そんな働き方であるべきだと思います。


また、従来の護送船団的な高級官僚と企業との親密な指導による経済運営も、結局は企業のこれから先の見えない市場に立ち向かう意識に甘えが生じてしまうので、民間企業に自由と責任で経営の舵を取ってもらったら良いと思います。これからの時代に正解はありません。トライ&エラーの試行錯誤が可能なフラットな社会が原動力だと思います。


アジア諸国の企業と日本の企業を比較しますと、やはり日本の企業が硬直的であることは、アジア諸国の方々が日本の企業で働くことに興味を持っていないことにも現われています。もっと広い意味での働き方改革を企業自らが断行していかないと、アジア諸国の企業に先を行かれてしまうと思いますが、如何でしょうか。


今日も、ここまでご覧いただきまして、有難うございます!
より良い暮らしを創造しよう!


CREATE LIFE!
http://crelife.co.jp




新たな文化施設、江之浦測候所!

皆さん、おはようございます!
三連休も最終日、やや気温が下がっていますが、今日も素晴らしい天気ですね。
食欲の秋、読書の秋、芸術の秋、といいますが、
自分を見つめ直すのに、休日というのは大切ですね。


江之浦測候所ってご存知ですか?
相模湾を望む神奈川県小田原市のみかん畑に囲まれた江之浦に
この10月にオープンした庭園とギャラリーからなる文化施設です。
現代美術家の杉本博司さんが構想約20年、自らの集大成として制作した作品です。


杉本さんは、世界中の水平線を写真に収めた「海景」で有名な方です。
この江之浦測候所のテーマは「差し込む光 古代の記憶再現」であり、太古の建造物の様に、太陽の1年の動きに合わせて朝日を100mもあるギャラリーや庭園にある70mもの構造物に取り込む設計となっており、光と影による情景のコントラストが魅力的です。


なぜ杉本さんが、この江之浦測候所を創作したのか興味に惹かれます。
「今、時代は成長の臨界点に至り、アートはその表現すべき対象を見失ってしまったおり、人類の記憶の古層を掘り起こし、意識の誕生を再体験することにより、意識のよってたつ由来を反芻させること」にこの施設の目的があり、素晴らしく表現されています。


「光学硝子舞台と古代ローマ円形劇場写し観客席」から相模湾が一望できますが、やや霞掛かった空と海の境目がハッキリしない水平線が、ちょうど杉本さんの作品である「海景」と重なり合う様で、観客席に座り眺めていますと時間を忘れてしまいます。
確かに自然に抱かれて、原点を見つめ直すことが必要かもしれません。


芸術の原点は、古代人により洞窟に描かれた動物の絵だと言われています。自らの生活の糧である食料を得ようとする思いを絵で表現していたのですね。
自身の内なる声を、言葉以外の方法で表現することが芸術であり、言葉で表現できない自身の思いに素直に向き合える何かがここにあります。


この江之浦測候所では「古代人が意識を持って先ずした事は、天空のうちにある自身の場を確認する作業」として、冬至、夏至という時点を測候することに着目しています。
そして、そこにもう一度立ちかえることにより、かすかな未来へと通じる糸口を見い出そうという願いが込められています。


思い返してみれば、明治維新、戦後経済と今に至るまで日本の経済は近代化の道を邁進してきました。人々の生活を豊かにするために。
物質的には全てが満たされ、初期の目的を達成しましたが、精神的な豊かさまで満たされているかと、必ずしもその様に受け止めている方々は少ないのではないでしょうか。


なに不自由のない生活が出来る様になっていますが、様々なしがらみや年々増して行く規則。これが資本主義経済の高度化というものなのでしょうか。
特に日本は、集団組織での同質性を尊び、多様性を認めない風習がいまでも色濃く残っており、それが人々の生活を息苦しくしている様に見えます。


情報革命という、新たな社会の転機を迎え、このタイミングにどの様な社会を描いていくかは、私たちの思いの中にあると言えます。
今まで、私たちが築き上げてきた社会の仕組みという固定観念に囚われず、人間としての心の叫びに素直に耳を傾けることが大切な時期であると思います。


今週は、この様な観点から、現状課題となっている経済事象や企業動向について、固定観念にとらわれることなく、表現して参りたいと思います。
今日も、ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます!
より良い暮らしを創造しましょう!



CREATE LIFE!
http://crelife.co.jp