誰にも聞けない経営財務戦略!

ビジネスの未来を財務と心で読み解くブログです!

CREATE LIFE!
より良い暮らしを創造しよう!

http://crelife.co.jp

空き家のDIY!

皆さん、おはようございます!
住まいは暮しの中で大切な生活シーンを司っています。私たちが思い描いた理想の居住空間に囲まれて日々の生活を送れたらどんなに素敵なことでしょう。いまの大方の住宅は建売という出来合いの居住空間を前提としていますが、少しアイディアを凝らせば。。



首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の空き家が200万戸に迫る勢いで急増しています。ここに来て、これら空き家対策で新たな担い手が現れはじめている様です。
神奈川県では、相模鉄道グループや京浜急行電鉄が沿線人口の維持に一役買う為、空き家を借り上げて、改修・転貸する事業に取り組むそうです。


相模鉄道グループの相鉄不動産販売では、転貸サービスの「空き家バンク&リース」を開始しました。家主がリフォームした空き家を同社が借り受け、戸建て賃貸住宅として貸し出すそうです。家主から借り受ける期間と貸し出す期間を原則7年間と同じにすることで、契約終了後に家主が転貸しやすくしています。


京浜急行電鉄は、住宅リノベーション・コンバージョンのルーヴィスと協力し、空き家を借り上げて改修・転貸する「カリアゲ京急沿線」を展開するそうです。ルーヴィスは、住宅ストックが余りあるにもかかわらず「過ごしたい空間がなかなか見つからない。」というお客様の声に応えてきています。


近年、取り沙汰されている空き家問題に対しては2015年から「カリアゲ」という自主プロジェクトを立ち上げ、所有者が再投資の難しい空き家を自社で借上げ、リノベーション投資を行い、運営する事業を始めています。人口減少下において衰退していくとされる我が国において、経済成長時とは異なるビジネスモデルを構築しています。


一方、最近ではDIY(=Do It Yourself)需要が伸びています。ホームセンター大手のカインズは大型の木材や金物といった資材をスマートフォンから注文し、1時間以内に店頭で受け取れるサービスを始めるそうです。大型の木材や金物といった資材は配送に制限があることから、米アマゾン・ドット・コムなども扱っていません。


12月中旬から埼玉県の2店舗で導入し、2020年末までに約220店舗ある全店に順次広げる計画です。利用者はスマホのアプリや通販サイトで資材計5万店から選んで注文し、受け取る店を指定する仕組みです。各店の在庫はネット上で確認でき、木材の切断・加工などにも対応してくれるそうです。


ここで思い付くのが、空き家をリノベーションやコンバージョンしてくれる業者に高い報酬を払って依頼するのではなく、自ら購入した中古住宅や賃貸した住宅をDIYで自分の好きな様にデザイン出来たらどうでしょうか。楽しいと思いませんか?自分の好きな様に模様替えが出来るので、愛着が湧くというものです。


しかも、自分の選んだ樹種の木目の風合いを感じられる木材であったとしたらどうでしょうか。フローリングや壁などの内装を日本全国の産地から直接購入出来たら、様々な木材の中から自分の好きなものを選ぶことが出来ますし、材料費がホームセンターで購入するよりもとても安く済みます。


一人ではとてもそこまでのことは出来ないと心配になられる方も多いと思います。仮にベテランの大工さんがアドバイザーで就いてくれたとしたらどうでしょう。DIY希望者のご要望に従って、木目細かく材料の選定から施工までアドバイスをしてくれます。人手が足りなければワークショップで呼びかければ多くのDIY愛好家が集まってくれます。


その気になればDIYで家を建てること(=セルフビルド)も可能だと思います。
今の社会は専門分化していますので、家を建てるといえば直ぐに工務店という専門家に頼む、家を修繕・リフォームしたいといえば直ぐにリフォーム業者に頼むという具合に非常に便利な世の中になっています。


でも考えてみて下さい。それをDIYで行えれば、必要最低限の材料費のみで他に経費をかけることなく解決することが出来ます。昔は、そんな暮しの楽しみや豊かさがあったのではないでしょうか。いま、DIYがブームとなっている背景には、その様な精神的な豊かさを享受したいという人々の思いがあるように思えます。


日本の経済を成長させたいと思う専門家からは、その様なことをしたらGDP(=国内総生産)が下がってしまうではないかとクレームが来そうですが、本来、国民の豊かさを測る指標としてのGDPには家計における生産性や精神的な豊かさといったものが度外視されています。私たちはGDPを高めるために生活をしている訳ではないでしょう。


今日もありがとうございます!
http://crelife.co.jp


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。