誰にも聞けない経営財務戦略!

ビジネスの未来を財務と心で読み解くブログです!

CREATE LIFE!
より良い暮らしを創造しよう!

http://crelife.co.jp

ママ ドラフト!

皆さん、おはようございます!
昨日、神奈川県立近代美術館葉山へアアルト展を観に行って来ました。
アアルトといえば多くの方がご存知かと思いますが三本脚の丸いスツールが有名ですね。
彼のモダニズムに自然の要素を取り入れた建築や家具が存分に楽しめます。



NPO法人ママワーク研究所などが主宰した再就職を希望する主婦と企業をつなぐイベント「ママ ドラフト」が6月に開催されました。通常の中途採用のプロセスだとブランクのある主婦は企業から敬遠されがちで、なかなか書類選考も通り難い様です。そこで、主婦が採用担当者に直接自己アピールし「採用指名」を受ける場がママドラフトです。


6人の主婦がドラフトに挑み、5分の持ち時間で職歴や強みを参加した約20社の採用担当者にアピールしたそうです。一緒に働いてみたいと考える採用担当者が「いいね!」プラカードを掲げ、主婦と企業の希望が一致したら選考に進む仕組みとなっています。
このドラフトにより参加した6人全員に企業から採用指名がなされたそうです。


政府が女性活躍推進を掲げて5年。女性の就業者は約200万人増えて、2018年の女性就業率(15~64歳)は70.0%に達し過去最高になったそうです。ただし、生産年齢人口は2020年以降に減少が加速することが見込まれており、2022年度末までに子育て世代の女性の就業率を80%まで高める目標を掲げています。


いまは企業の育児休暇制度が充実したとはいえ、個人的な事情で結婚や出産を機にそれまで勤めた会社を退職してしまう優秀な女性がまだまだ多いのも事実でしょう。
それらの女性が家庭も一段落し復職をしようにも、その間のブランクを企業が敬遠してしまうのも致し方ない部分があるかもしれません。


企業の一つの求人に多数の応募があった場合、書類選考における相対比較の中で、どうしても現役でキャリアを積んでいる応募者に目移りしてしまうからです。ママドラフトはそんな溝を埋める自己アピールの機会を提供するという意味で有効だと思います。書類選考では分からない人となりを直接、企業にアピール出来る機会だからです。


政府も優秀な主婦層の掘り起こしをすべく、6月にリカレント教育の拡充を閣議決定しています。確かにリカレント教育なども、応募者のやる気と同時にご本人の知識をブラッシュアップさせるという意味において、企業へのアピールポイントとなることでしょう。
これは、人生100年の時代において全ての社会人に言えることかもしれません。


今後、少子高齢化を背景に生産年齢人口が著しく減少する時代を迎えます。これに対して、就業希望するが未だ希望する職に就けていない女性の人数が約300万人いるそうです。これらの方々は、生産年齢人口の減少にともない企業の採用意欲を刺激する為、徐々に是正されて行くものと思います。


むしろ復職してからの仕事と家庭の両立、特に子育て世代がフルタイムで働ける職場環境の充実を企業が積極的に行っていくべきだと思います。社外で働くことを認めるリモートワークなどが有効でしょう。企業も優秀な人財を積極的に確保していく必要から、急速に職場環境も改善されて行くのではないでしょうか。


今までの時代、労働市場においては働き手よりも企業の方が優位な立場にありましたが、
これからの時代はその立場が逆転して企業よりも働き手の方が優位になっていくと思います。それに甘んじることなく、働き手も積極的に自らのスキルアップに取り組んで行く必要があることを忘れてはなりません。


企業が自前主義で経営資源の全てを自社内に抱える時代を終え、企業同士が連携して消費者が求める使用価値を提供していかなければなりません。その時に必要な思考は、対立思考ではなく、調和思考であると思います。いままでの産業は男性社会であり、動物の本能として対立や闘争心があったと思います。


しかし、これからは調和する社会が望まれますので、むしろ女性の感性を大切にして行く必要があると感じます。その意味において、企業はこれからの事業において女性社員にもっと大切な役割を担って頂くことを視野に入れるべきではないでしょうか。最近のスタートアップ企業では女性社長も珍しくなくなっています。


1980年代後半に雇用機会均等法が施行され約30年が経ちます。その時に新たに入社した女性社員の一部が執行役員などの要職に就きはじめています。日本の大手企業にも女性社長を輩出すべき時かもしれません。そういった活躍する女性の方々で目に留まるのが、転職経験と外資系企業での勤務経験であるというのが何を意味するのでしょう。


今日もありがとうございます!
http://crelife.co.jp


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。