誰にも聞けない経営財務戦略!

ビジネスの未来を財務と心で読み解くブログです!

CREATE LIFE!
より良い暮らしを創造しよう!

http://crelife.co.jp

中小企業の強み!

皆さん、おはようございます!
真夏の暑さが、また戻って来たようです。
夜になっても蒸し暑さがおさまらず、クーラーの涼しさを求めてしまいます。
今晩は、実兄と久しぶりに外食の予定があります。



日頃、仕事の関係で中小企業の経営者や従業員の方々とお話しをする機会が多いです。
その企業を外部から拝見させて頂きますと、本当に素晴らしい事業資源をお持ちになり、ユニークなビジョンを描かれている経営者が非常に多いと感心します。もちろん、中小企業の資源といいましたら、そこで働く方々の人間性、技能、英知に負うことになります。


経営者の方は、自らの構想を実現するため、ご自身との相性を考慮しながら絶妙なバランス感覚で人財を雇い入れているものと思います。従業員10~20名程度の企業では、経営者の良い意味での個性と従業員の個性が似通っていながら、一方で全く異なる個性が調和しており、傍から見ていても気持ち良いものです。


少ない人数での人間関係ですので、お互いに気心を分かりあっていることもあり、互いに阿吽の呼吸で仕事を進めることもあれば、建設的に意見することもあります。総じて言えるのは、経営者と従業員の立場の違いに拘わらず、本音でコミュニケーションを取り合えるところが中小企業ならではの良さではないでしょうか。


お付き合いをさせて頂いている中小企業は、偶然ですが創業して6年目の会社が多く、ようやく創業当初の無我夢中に采配を振るうステージから、ようやく経営が安定し出し、そろそろ組織固めをしようという段階にあります。従業員の方々も、20歳代後半から40歳代後半位と、自由な発想をする方々が多いところが新鮮に映ります。


そんなエネルギーが中小企業には内在しており、それが中小企業の醍醐味なのかもしれません。もちろん、会社内でお仕事に従事されている役職員の方々は、それこそ必死に真面目に仕事に取り組んでいらっしゃる訳です。人数が少ない分、ベクトルを一致させられれば素晴らしい起爆力を持つ一方、一致しなければカラ周りし兼ねない危うさもあります。


そこは、経営者のキャラクターなのでしょう、上手く舵取りをされている皆さんに共通しているのは、締めるところは締めるが、どことなく人間的に憎めない先天的な愛嬌をお持ちのようです。その人懐こさが中小企業という会社経営に大切な求心力なんだとしみじみ思います。


ここまでお読み頂きますと、中小企業の会社運営は大手企業のそれとは随分と異なることにお気付きになられると思います。私が感じますのは、人間模様の濃さ、人間臭さとでも
いうのでしょうか。大手企業の組織とは異なり、荒波が来れば直ぐにでも転覆しかねない小舟で、小回りの利く特性を活かして絶妙に舵を取りながら前進する姿が印象的です。


役職員全員で櫂を海に出し漕ぎ出しながら、潮の満ち引きを見極めながら舵を操る姿が、まるで江戸時代に日本海航路を行き来した北前船を彷彿させます。
大手企業は差し詰め、タンカーや客船というところでしょうか。船長以下船員の持ち場が明確に決まっている、自動操舵により航行する大型船です。


ちょっとした悪天候をモノともせず、安定的に航行するその雄大さは誰の目に見ても安心感を与えるものです。乗組員たちの人間関係も妙に紳士的な大人の振る舞いです。最近では、大型船舶業界も他社との競争が厳しく、日本の会社でも船籍や運行を発展途上国に移してコストを下げている為、純粋な意味での日本の船舶というのは少なくなりました。


日本国籍の企業でありながら、実は海外に拠点を構えるという姿は、現在の日本の企業と変わりがありません。大手企業の論理を考えますと止むを得ないと思いますが、何か日本の企業であれば日本国内で事業を営んで欲しいと考えるのは私だけでしょうか。中小企業が国内で荒波に揉まれながらも勇ましく漕ぎ行く姿に感動すら覚えます。


情報社会の進展により、新たな視界が開かれようとしています。大手企業は、グローバルな企業として海外の企業との競争が待ち受けています。日本国内での新たな潮目を掴むのが大手企業であるとは限りません。むしろ、中小企業の方がお客様のニーズを肌感覚で掴んでおり、その小回りの良さを活かしていけるのかもしれません。


図体の大きい大手企業には大手企業なりの悩みがあると思います。多くの乗組員を抱える大手企業がその乗組員を活かせるかどうかは個々人に委ねられていると思います。
中小企業の良さを失わせずに、少しでも安定した航海が出来るよう、必要な海図と羅針盤を提供できるよう心掛けて行きたいと思います。


今日もありがとうございます。
http://crelife.co.jp



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。