誰にも聞けない経営財務戦略!

ビジネスの未来を財務と心で読み解くブログです!

CREATE LIFE!
より良い暮らしを創造しよう!

http://crelife.co.jp

規格商品と手づくり商品!

皆さん、おはようございます!
今朝も心地の良い涼風が吹いていますね。
日中も気温が上がりますが、少し前の陽射しとは異なり柔らかく感じます。
今月も明日までで、いよいよ8月ですね。



国土交通省は2019年夏から、主に住宅だけを建てられる地域に新たにコンビニエンスストアなどの小型の商業施設を設けられる様に建築規制を緩和するそうです。少子高齢化により、戸建住宅が建つ住宅街に隣接する商店の撤退が増えている地域を想定した規制緩和であり、居住者にとっては利便性が高まるものとして評価すべきだと思います。


現状、戸建住宅が立ち並ぶ街区では住居以外の建物の設置が認められていませんでした。
閑静な住環境を守るという主旨から制定された規制ですが、人口が増え続け住宅開発が拡大する時代ならいざ知らず、人口が減少し、しかも高齢者が増えて行く時代においては、住宅街に街の利便機能があった方が暮らしが楽になるというものでしょう。


現在のコンビニエンスストアの立地を見ますと、住宅地に隣接する幹線道路沿いに広い駐車場を設けた店舗か、商店街の中に立地する駐車場のないタイプの店舗に二分されると思います。規制緩和され、住宅専用地域にできるコンビニエンスストアは、きっと通常の店舗よりも小型のタイプになると思います。もちろん駐車場は併設されないでしょう。


このような、ちょっとした規制緩和を見るだけでも、未だ少しづつではありますが、時代は大きく動き始めていることを実感せざるを得ませんね。シニア世帯にとりましても、わざわざスーパーまで買い物に行くまでもなく、近所のコンビニで買い物が出来ればこんなに便利なことはありません。


これからのコンビニは、単に商品を販売するだけではなく、ATMもありますし、住民票を取得することも出来ます。宅配便の受け取りをコンビニでする方々も増えるのではないでしょうか。将来的には、処方薬の服薬指導をネットで受けることが本格的に出来るようになれば、処方薬をコンビニで受け取ることが出来るようになるかもしれませんね。


最近ではコンビニエンスストアの新規出店が頭打ちになってきていると聞きますが、きっと新たに進化したコンビニエンスストアの形態がこれからも増え続けるでしょう。
このコンビニエンスストアも、規模の経済を追求する近代チェーンオペレーションの申し子であるところが、少しばかり以外ではありますが。


コンビニエンスという名の業態の通り、利便性を追求し続けていることから、時代の変革期にあっても消費者の支持を受けて成長し続けているものと思います。デジタル社会においては、これまでの規模の経済を究極まで追求したが故の標準化、規格化された商品について、消費者から飽きられてしまっているという現実があります。


その反動でしょうか、消費者はもっと職人芸的な手づくり感満載の商品に憧れに近い欲求を強く持ち始めています。これも情報化社会の恩恵で、誰しもがスマートフォン片手に自由にネットワークで情報を発したり、受け取ったりできるようになり、日本各地のみならず世界各地の消費者自身のライフスタイルに合った良いものに巡り合うことが出来ます。


標準化、規格化された商品と手づくり感や温もり感のある商品の両方を選好するというのは矛盾して見えますが、現代人というのはそうやって経済的、精神的なバランスをとっているものなのかもしれません。生活環境や経済環境によって人それぞれ区々だと思いますが、余りにも標準化されたモノや規格化されたモノに対して疑問を持ち始めている。


人間の生得的に持ち得る感覚としては、やはり人の温もりを感じるものに対して琴線に触れるものがあるのではないでしょうか。これが明治維新後150年の間に私たちが見失ったものだと思います。一方で、経済の近代化により社会が便利になり暮しが豊かになったことも事実です。その二律相反することに対してどう折り合いを着けて行くのでしょう。


そこは人間が賢人と云われたる所以でしょうか、どちらか一方を選択するというよりも、両者のバランスを上手くとりながら、自らの心を満たして行くのではないでしょうか。
もちろん個人差があると思います。それが個性というものなのでしょうが、情報化社会は個性の時代とも言われています。


自分とは異なる個性を認めながら自らの個性を深めて行く、そんな時代なのかもしれません。個性や考え方が似た者同士は、SNSやリアルな場面でお互いを認め合いながらグループ化していくことでしょう。それらの根底にあるものは、自らのライフスタイルの思うままに、より良い暮らしを過ごして行きたいという考え方だと思います。


今日もありがとうございます!
http://crelife.co.jp



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。