誰にも聞けない経営財務戦略!

ビジネスの未来を財務と心で読み解くブログです!

CREATE LIFE!
より良い暮らしを創造しよう!

http://crelife.co.jp

便利なSuica!

皆さん、おはようございます!
今日はいつもより1時間早く起床して、朝風呂に入りすっきりです!
昨晩、国分寺で知人と軽い懇親会があり、大好きな焼酎お湯割りを頂き過ぎてしまい、
帰宅してそのまま床に付きました。


JRが自動改札機とSuicaを登場させてから間もなく20年が経とうとしています。
こんなに便利なものを良くもJRが開発したものだと、随分と興味を持ったことを思い出します。その時から、きっとクレジットカードと一体化されたものが登場するだろうと思っていたら、間もなくVIEW Suicaが登場し、合点がいったものです。


既に5千万枚以上も発行されている個人を特定できる非接触型ICカードです。
だれが、いつ、どの区間を乗降したか、更にはどこで、いつ、何を買ったかも全て把握することが出来るわけですから、個々人の行動特性を分析することによりマーケティングで利用することも可能です。


もう40年以上も前ですが、自宅の最寄り駅である三鷹台によく電車を見に行ったものです。まだ、緑色の青虫電車(=ボディが緑色で車内の床が木製の電車です。。)が現役で走っていたのどかな時代です。自動改札機などはなく、駅員さんがその都度改札口で切符に入鋏をしたり、回収したりしていた時代です。


好奇心旺盛な私は、若い駅員さんをつかまえて、他社線からの乗り越し料金の精算をどの様に行うのか尋ねたりしたものです。聞けば、切符を頼りに一枚一枚計算し、一日分を集計して報告をするという回答だったと思います。確かに、駅員事務室にはそろばんが置いてあった様な記憶があります。


それから40年で様変わりですね。。
自動改札機でしたら、乗り越し料金なんて即時に計算されていることでしょう。
今では、お子様用の見守りシステムとして一役を買うまでになっている様です。
現在の子供達は、通学や塾通い等で一人で電車に乗る機会も多くなっています。


登録をしておくと、自動改札機を通過する都度、お母さんの持っているスマートフォンにその旨の通知がされるシステムを開発し、既に運用が開始されているそうです(月額500円の有料ですが)。いまは、子供に携帯電話を持たせればGPSでいつでも位置確認できますから、どれだけの利用が見込まれるか分かりませんが画期的ですね。。


そう言えば、確かスウェーデンやデンマークでは2030年に通貨を廃止して、全てを電子マネーに移行するそうです。実態的に電子マネーが普及し、通貨の流通量が減少しているのですから、生活する上での支障はないでしょう。犯罪抑止にも繋がる様です。
銀行でもFinTechに力を入れはじめています。


仮に自分の銀行口座から自動的にSuicaへ資金移動できる様になれば、日本でも通貨の廃止が検討される様になるかもしれませんね。
私も、消費税の関係で小銭入れの中にいつも一円玉や五円玉があると出し入れが鬱陶しくなります。皆さんも、非接触型ICカードの方が便利だと思いませんか?


ただし、日本ではまだSuicaを使用できる店舗等に限りがありますので、通貨廃止にはもう少し時間が掛かるかもしれませんね。
でも、通貨が電子マネーに置き換わったら、銀行をはじめとする様々なお店で業務が効率化して、生産性向上に一役を買うのではないでしょうか。


これから40年、世の中が様変わりしているでしょうね。
情報革新の恩恵で、人々が今までの様に「時間」や「場所」に制約されなくても良くなります。ちょうど第一次産業革命や第二次産業革命が家内制手工業から機械工業に転換した時に、労働する場所が地域や家庭から工場に集約されたい様に。


今度は、工場や会社といった場所や時間から解放される様になるのでしょう。
一方で、情報化社会は個々人を管理できるという側面もあります。
折角、個々人が自らの創造力を発揮できる社会が到来する訳ですから、情報化が人間を疎外することにならない様に考えるのもまた人間の叡智でしょう。


人間にとってより良い暮らしを創造したいものですね!
今日も、ここまでご覧いただきまして有難うございます。
CREATE LIFE!


http://crelife.co.jp







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。