誰にも聞けない経営財務戦略!

ビジネスの未来を財務と心で読み解くブログです!

CREATE LIFE!
より良い暮らしを創造しよう!

http://crelife.co.jp

旅館hanareとライフスタイルホテル !

皆さん、おはようございます!
いよいよ三連休初日ですね。
昨晩の雨も上がり、連休中は天気も良さそうですので、
外へ出て、思い切り思いおもいの秋を楽しんでみてはいかがでしょうか!


ライフスタイルホテルをご存知ですか?
最近増えてきている新しいタイプのホテルらしいのです。
ホテルといいますとラグジュアリホテル、シティホテル、ビジネスホテル、リゾートホテルという業態に区分するのが一般的です。


Webで検索してみましたら、
「地域の食材にこだわり、料理や音楽、アートを通じてホテルゲストや地元の人々が集まる、コミューナルロビー、オールデイダイニング・バーをロビーフロアに持つ、人々がつながる場を提供するホテル」の様です。別称、交流型ホテルとも言うらしいです。


ホテル全体としてはやや高質感があるようですが、
客室に宿泊するお客様と地域の人々がロビーを介して繋がりを持てるように、建物が外に対して開放的なオープンカフェに客室が付いた様なイメージですね。
テラス席なども配して、外との境目をハッキリさせない様に気を遣っています。


そう言いますと、最近、街中を歩いていて外国人観光客の宿泊が多い、感じの良い小ぶりなホテルを見掛けたことがあることを思い出しました。
東京五輪を控え、建物と建物の「際」が無機質なビルが乱立する中で、外から建物内で人々が楽しそうにコミュニケーションする様子に、温かみ感じたものです。


最近のオフィスビルは見た目が素晴らしいのですが、お隣り同士の建物のデザインや材質が異なるので、同じ敷地続きでありながら境目が出来てしまい残念です。
この様な何気ない境目が人間の心理的に与えるインパクトは、無意識のうちに高い垣根で仕切られている様な心象を与えてしまいます。


昔の長屋風景ではありませんが、建物が外に対して開放的に連なっていないと、人のためにあるはずの建物や街なのに、建物が人々を追いやってしまい、街が台無しとなってしまいます。その意味で、このライフスタイルホテルの様な開放的ロビーをオフィスビルにも設けて街を繋げていけたら良いですね。


谷根千(=谷中、根津、千駄木)に面白い旅館があるのをご存知でしょうか?
「旅館hanare」と言うのですが、街全体が宿なんです。どういう意味かと言いますと、旅館自体には宿泊機能しかなく、お風呂は近所の銭湯へ赴き、食事は近所の定食屋さんを利用する。街全体に旅館としての機能が分散しているのです。


この旅館が海外からの旅行者に隠れた人気らしいのです。
旅行者からみれば、旅の醍醐味はその地域の生活の様子を自ら溶け込みながら垣間見ることが、何よりもの非日常体験であり旅行としての醍醐味です。地域の方と触れあいながら、地元の味覚まで満喫できるこの旅館が人気だというのも理解できますね。


街全体を一つの宿に見立てて、街にある機能を旅館の施設の一部として有機的に繋いでいくという視点が素晴らしいですね。地域にとっても、旅行者が来れば活気が出て来ますよね。特に谷根千の商店街は、露店が連なる様に商店街が繋がっており、出来たてコロッケを頬張りながら歩くのは楽しいですよね。和製マルシェです。


先ほどのライフスタイルホテルもそうですが、本来、ホテルというのは建物の中に生活に必要な機能全てが収まり、一つの街としての機能を持っています。言い方を変えますと、街を建物の中に収めた壁に囲まれた空間と言うことができます。この外に対して境目を設けるという建築様式は欧米の長年の歴史がそうさせたものだと思います。


一方、日本の建築様式は、数寄屋造りや長屋に象徴されますように、本来、外に対して開放的であるはずなんですね。四季折々の自然を生活の中に融合させるという意味もありますが、その様な建物のつくりには必ずコミュニティが生まれます。街にコミュニティが生まれますと、街が活き活きしてきますよね。


それがどういう訳か、戦後、欧米式の建築様式を採り入れ過ぎてしまい、昔からの日本の建築様式が消え失せてしまっています。建物が外に対して閉鎖的になりますと、環境心理学的にも、人々のメンタル面も無意識のうちに、自分の内側と外側という線を引く様になってしまいます。


もっと人々が交流することにより、新たな知恵やアイディアを創造していかなければならないのに、街並みや建物デザインは逆行している様に思えます。
これからは、ライフスタイルホテルや旅館hanareの様に外に対して開放的な機能を商業施設やオフィスビルにも採り入れて行く必要があるのではないでしょうか。


今日も、ここまでお読みいただきまして有難うございます!
よい三連休をお過ごしください!!



より良い暮らしを創造しよう!
CREATE LIFE!
http://crelife.co.jp













×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。