誰にも聞けない経営戦略!

ビジネスの未来を財務と心で読み解くブログです!

CREATE LIFE!
より良い暮らしを創造しよう!

http://crelife.co.jp

アイディア共有社会!

皆さん、おはようございます!
久しぶりに自宅で迎える朝です。。やはり落ち着きますね。
二日間の泊りがけの研修後に、前泊で松本へ出張へ行き、最終のあずさ号で帰って来ました。流石に、身体に堪えましたが、今朝は爽やかです。


昨日、松本で一日会議に参加しながら、ふと知識を生み出す瞬間を目の当たりにしたような気がしました。様々なバックグランドを持つ人々が建設的に意見を発し、いろいろな考えが交わることにより結論が導き出される。そこにいるメンバー皆が納得した見解として新たな知識が共有されています。


一同に会したメンバーは総勢11名。内2名は松本までは来れませんでしたので、松本と湘南、大阪をSkype(=映像と音声を同時に繋いだ双方向のコミュニケーションツール)で同時に繋いだ3時間余り。テレワーキングさながら充分にコミュニケーションが成り立つことを実感する時間でもありました。


各人とも林業会社、製材業社、木工職人、設計会社、デザイナー、コンサルタント等、自らの仕事を持つ、異業種間の会合です。仕事の上では全く異なるバックグランドを持ちますが、各々が共通の目的の為に、前向きにコミュニケーションを行うと、一つの事業という成果が得られることを実証した瞬間でもあります。


最近では、大手企業ともなりますと、そこで働く方の業務が標準化され、効率的な遂行が徹底されていると聞きます。同じ文化の中で、経営目標を共有する会社の中での仕事は、
ある意味、各人が業務遂行に必要な最低限の調整以外のコミュニケーションを図らなくとも、会社としての業務が回って行く様になっています。


ところが、昨日の会議のメンバーは、1年あまり前より月に一度顔を合わす程度の人間関係です。そもそも共有する会社の様な文化など持っていませんので、その場でお互いを理解しながら自らの考えを伝えて行く作業ですので、皆さんにこやかにしながらも良い意味での緊張感を持っていたのではないでしょうか。


これから情報化社会が更に進展して行きますと、定型的な仕事はどんどんAIやICTに置き換わり、人々は新たなアイディアを考える創造的な仕事にシフトして行く様になると思います。働き方も変容し、会社に行かなくとも、それこそ自宅やCafe’でテレワークにより繋がりながら仕事を進める方法も増えて行くと思います。


税理士、行政書士、弁理士等の士業といわれる業務のうち、定型的な行政機関等への申請業務等も、AIにより代替する可能性が高いと思います。これらの士業の方々に期待されることは、自らが持つ専門的な法律や技術といった能力を活かして、顧客が困っている課題に対して的確に答えを導き出すアドバイザリー業務になると思います。


また、運送業の様な人の労働力がないと荷物が動かない様な仕事においても、AIやITにより、あたかも労働力を様々な荷主が共有する(≒ライドシェアリングのイメージ)ようになると思います。これにより、荷主の指定する場所に配送した時に様々な運送業者が行列をなしていて、待ち時間が半端でないという様な事も解消されると思います。


この1ヶ月間あまり、資本主義経済について考えることが多く、このブログでも紹介をさせて頂きました。規模の経済という効率性を追い求める社会が長らく続いてきましたが、自動車産業にみるように、それも規模の不経済が顕在化する中で、範囲の経済(説明は二日前の「VOLVOの新しい取り組み!」をご覧下さい)にシフトしはじめています。


一方、情報技術により個人と個人が結びつき、有形無形の資源を共有するシェアリングエコノミーが次の時代のビジネスの在り方として注目される様になっています。
ライドシェアリングのUber、ワーキングシェアリングのクラウドワークス等、人、物、資金といった資源をシェアするビジネスです。


この範囲の経済とシェアリングエコノミーの共通点は、資源を共有することによる効率を追求するところにあります。前者がリアルな企業間取引で語られることが多いのに対して、後者はネットを活用した個人間取引で説明されることが多いですが、本質的な部分は資源を共有すると意味に置いて同一の概念だと受け止めています。


これからの時代に私達が行って行かなければいけないのは、新たなコトを創造することにあります。AIやICT等の技術により置き換えらる定型的な仕事の余力は、創造活動に向かうことになります。そのベースにあるのは個々人のアイディア、創造力にあります。
その上で、各人が持つアイディアを共有することによって、一つの事業を成し遂げる。


その様なことを考えながらの松本での会議でした。
今日もご覧いただきまして有難うございます!



CREATE LIFE!
より良い暮らしを創造しよう!
http://crelife.co.jp












×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。