誰にも聞けない経営財務戦略!

ビジネスの未来を財務と心で読み解くブログです!

CREATE LIFE!
より良い暮らしを創造しよう!

http://crelife.co.jp

木からクルマをつくる!

皆さん、おはようございます!
昨日の夕方からの雨が降り続いている様ですが、午前中の早い時間には止むようです。
GWも後半戦に入り、まずまずの行楽日和となる予報ですので、思い思い楽しいコトをしてリフレッシュして頂ければと思います。



いま「木のクルマ」という夢の様なプロジェクトに環境省、京都大学、自動車関連企業が取り組んでいるそうです。しかも、その試作車がこの4月に完成したそうです。
木から作った特殊な繊維素材「セルロースナノファイバー(=CNF)」をボンネット、トランクリッドに使用しており、白地に茶色の木質感が漂っています。


CNFは木の繊維を細かくほぐしたもので、直径は毛髪の1万分の1程度。重さは鉄と比べて5分の1であるが、強度は5倍以上になるそうです。耐熱性もあり、合成樹脂などと混ぜれば金属部品の代わりになり、フィルム、ガラス、ゴムの様にも使える素材です。
金属の替わりに自動車部品に使えば、車体が軽くなり燃費が向上するそうです。


工業製品を代表する自動車でCNFが導入されれば、家電、住宅、機械などにも用途が広がると期待されています。経済産業省ではCNF関連材料を2030年に1兆円規模の市場に育てる青写真を描いています。もともと原料の木材は温暖化の原因となる二酸化炭素を吸収して育ち、紙の様にリサイクルもし易いので廃棄物の削減にも繋がるようです。


軽くて強度の強い炭素繊維が旅客機の機体にも使われていますので、それを代替する有望な資源となる可能性があり、とても夢のある話しだと思います。
日本は、国土の3分の2が森林により覆われている森林大国でありながら、その木材の用途は大方が建築用資材としてしか見い出されていません。


しかも、戦後まもなく海外木材の輸入が解禁されており、国内住宅の多くが価格が安く、品質の安定しているこの輸入木材に頼っています。輸入木材は工業品用素材として適合しやすかったのですが、その結果、国内の木材が生産コストと販売価格が見合わなくなってしまい、国内の林業が衰退の一途を辿っていることはご存知かと思います。


最近の飛散するスギ花粉量が増えていること、大雨の後の土砂崩れ災害は、この森林の消費、生産というメカニズムが崩れていることの一端として表出しています。もし、木材を建築用資材としてだけではなく、付加価値の高いCNFの原料として継続的に活用できる様になれば、業界も安定し、自然災害も改善されていくのではないかと思います。


もともと樹木は、セルロース、ヘミセルロース、リグニンという主要な化学成分により構成されています。セルロースとヘミセルロースをリグニンが固定しているという話しを聞いたことがあります。リグニンを溶解してセルロースを抽出し、このCNFを作りだしている訳です。既にパルプなどの生産でも使用されている技術です。


セルロースの可能性については、目を見張るものがありますが、実はもう一つの成分であるリグニンにも様々な用途の可能性があることが分かっています。その大きな用途の一つがエネルギー源となることです。もともと原油や石炭といった有機化合物は、長年の間に渡り、樹木が地中に堆積されていき微生物により分解されたものだと言われています。


原油埋蔵量が採掘可能年数換算で50年とも言われる中で、このリグニンを化学的に分解して、エネルギー活用しようという研究が日本でも積極的に行われています。今はまだリグニンを分解する為に多大なエネルギーを必要とし、生産設備に要する投資額に課題があるようですが、技術の進歩によりいずれ解決されるものと思います。


いまの経済は、エネルギーを制した国が潤い、政治的にも発言力が高いと言えます。もしこの樹木からエネルギーを抽出できたら、グローバル経済がコペルニクス的な大転換を迎えることになります。それ以前の問題として、原油にしろ石炭にしろ、この地球に埋蔵している天然資源は有限であるという事実を冷静に受け止めなければなりません。


日頃、生活をしていますとエネルギーの存在があたり前の様に社会の仕組みが複雑化していますが、それが枯渇したら今の暮しは成り立たなくなってしまう危ういメカニズムであることも十分に認識する必要があります。それは、結局、私たちはこの地球上の自然環境の中に活かされている存在であることを示しています。


私たちは、この150年の間に資本の論理を追求し規模の経済を実現してきました。情報技術の進展により、その規模の経済も端境期を向かえ、ややもするとその仕組みを持て余している様にも思えます。これから新たな経済の仕組みを模索して行くにあたり、経済の起源は自然界との相互作用であることも忘れないようにしなければいけません。


今日もありがとうございます。
http://crelife.co.jp




銀行ビジネス!

皆さん、おはようございます!
今日は、千葉県の土気で朝を迎えています。
千葉市から車で30分程度の所ですが、市内とは異なり自然が多く残されていますが、区画整理が進み、新興住宅街という感じです。



情報化社会の進展により、銀行業界が大きく様変わりする動きが随所でみられるようになってきました。銀行業界といえば、江戸時代の両替商を起源に持ち、いまの銀行業の形態を確立したのは大正時代に入ってからだと思います。今に至る間に、情報化投資を進め業務の多くがオンラインで完結する様になったのは、この20~30年の間です。


その情報化もAI(=人工知能)技術の発展により、多くの銀行業務がAIにより置き換えられるまでになっています。みずほ銀行ではFinTech(=金融と情報技術の融合)担当常務を設置し、銀行業務の自動化を強力に推し進めています。単に業務に関わる自動化だけではなく、ベンチャー企業への投資にも積極的です。


三菱UFJ銀行では、国内にある現在の550の店舗形態を半減すべく、今までの店舗を①そのままの形態で継続する店舗、②信託銀行、証券会社等との併設店舗、③完全無人店舗へ移行する計画を進めているそうである。この店舗の業態転換は既にみずほ銀行がグループ再編を含めて進めており、各行凌ぎを削っている様相を呈しています。


一方、ジャパンネット銀行などインターネット専業銀行では、法人口座の取引情報などを統計的に分析して融資の可否を審査する新しい手法に取り組み始めています。
ヤフージャパンの傘下にあるジャパンネット銀行は、ヤフオク!やヤフーショッピングに出店する会社や個人事業主を対象に決算書や担保が不要の事業融資を行っています。


事業者が融資の申し込みをしますと、ヤフーから電子商取引での売上情報などがジャパンネット銀行に提供され、売上が大幅に減少するリスクが将来どの位あるかなどを分析し、融資判断につなげる仕組みになっています。それこそAIを使用すれば、電子商取引の売上動向やキャッシュフローの関係を一目瞭然に判断できると思います。


今までの一般的な銀行の融資スタイルでしたら、銀行が融資申込者の取引先まで行って裏付けを取ることは行われていませんので、どうしても貸手である銀行と借手である融資申込者との間には審査情報に非対称性(=知り得る情報量・質における格差)が生じてしまいますので、銀行は雨の日に傘を貸さない等という状況が起きます。


ヤフーにしてみれば、出店者の売上動向を充分に把握している訳であり、これを傘下のジャパンネット銀行の融資審査で活用できれば、金融部門の金利収入として一石二鳥で収益を獲得することが出来ます。このネットプラットフォームにおけるビジネスモデルは楽天も楽天銀行との間で行われており、情報技術の進歩により為せる技だと思います。


地方銀行、農協までが業界再編を迫られる格好となっていますが、ただ単に異なる地域間の同業者同士が合従連衡により規模を大きくしたところで、事業のあり方(=ビジネスモデル)が旧態依然のままでは、再編に次ぐ再編を突き詰められるだけとなってしまいます。その様な中で、これからの時代の銀行は異業界との連携を強化すべきでしょう。


ジャパンネット銀行や楽天銀行が電子商取引を行う企業向け融資を強化して行くのは、ヤフーや楽天といった親会社との連携を強化し、融資取引先事業者の財務情報を制しているからに他なりません。例えば、いま問題が顕在化しつつある賃貸集合住宅事業者向け融資であれば、その事業管理を行っているハウスメーカーとの連携を強化すべきでしょう。


これからの時代の銀行は全方位的に満遍ない業種業界を取引先とするのではなく、一定の業界における専門性を高めて行っても良いと思います。その専門業界の企業と連携体制を敷いて行くことも可能でしょう。一定の業界の事業に対して目利きが出来るということは、融資審査を行う際にその事業のリスク許容度を高めることが出来ると言うことです。


それだけ貸倒れリスクを下げることが出来ますので、逆に収益力を高めることが出来るようになります。メガバンクから農協まで護送船団の様に同じようなビジネスモデルを目指す時代は終わったと思います。各々の銀行が自らが営業する地域の特色を活かしながら、特徴ある金融機関となっていくべきではないでしょうか。


財務諸表等の事業数値は形式的に見ていては何も浮かび上がっては来ません。必要なのは事業を五感で捉え理解すること(=暗黙知)です。財務諸表とは、その五感で理解したことを表現する便利なコミュニケーションツールにしか過ぎません。AIで融資審査をするにも、統計的なメリットとデメリットがあるかもしれませんね。


今日もありがとうございます。
http://crelife.co.jp





地域のいいモノを伝える!

皆さん、おはようございます!
天候にも恵まれたGW前半はいかがお過ごしでしたでしょうか。
昨日は久しぶりに銀座まで足を伸ばして見ましたが、平日の顔とは異なり、思い思いの装いで休日を楽しむリラックスした人々の顔が印象的でした。



昨年来、仕事で定期的に松本への行き来を繰り返しています。随分と松本市内の地理感にも詳しくなって来たと思います。明光風靡な自然を借景とした街の良さはもちろんですが、この地域ならではの地に足のついた落ち着いた街並みや行き交う人々が織り成す営みが、自然な雰囲気を醸し出している様に思えます。


学生時代から、飯盒と寝袋を片手に愛用の自転車で、日本全国、津々浦々、自分の足で地域地域を踏み締める時間感覚を思い出します。道すがらに出会ったその土地の人との何気ない会話から親しくなり、地元の居酒屋でお酒をご一緒させて頂いたこともあります。
人に対して垢抜けない開放的なマインドが心地よい思い出として今も残っています。


今の情報化社会は、様々な情報がフェイスブックやインスタグラムといった手段により発信されていますが、情報量も速度もこの10年間で飛躍的に高まっています。私がまだ学生であった30数年前は未だアナログの時代であり、いまと比べればのんびりとした時代だったと思います。


今月の日本経済新聞「私の履歴書」にジャパネットたかたの高田明前社長が連載をされており毎日読んでいます。とても等身大の奇をてらわない実直なご性格が好感を持てます。
先日の第27回目に「伝える使命」という題目で、地方をめぐり、良いものを伝え光を与えることが今の高田前社長の務めだと仰っています。


「多くの地方に共通しているのは、地元にいいモノがあるのに、それを伝えきれないもどかしさを抱えていることではないか。地方創生のお手伝いというと大げさだが、本当の地域再生とは国の助成といったお金の問題ではなく、そこに生きる人たちの営みを広く知ってもらうことなのだろう。


伝え方ひとつで、世の中に埋もれている商品が輝き出し、働く人が報われる。」
長年、TV通信販売でMCを努めた高田前社長らしい、モノを売るためにどう物事を伝えるかの本質を突いた、共感を覚える一文でした。地域地域には良いモノが沢山あるのに、それが伝わってこない情報化社会の矛盾がそこにあります。


今の時代は、確かに情報が氾濫した社会でありますが、真に意味ある情報はその中にどれだけあるのでしょうか。情報通信システムやら、情報端末といったハードウエア、ソフトウエアは確かに情報技術の進展により、随分と質量的にも充実していますが、人々はそれを十二分に使いこなしていると言えるのでしょうか。


いまの経済合理性を追求する社会の中で、意味のない情報が一方的に発信され、それを見た受信者が躍らされてしまう危うさも内包していると思います。表面的な情報に踊らされることなく、その情報の本質を理解するのは受信する側にも責任があると思います。ただ情報化社会が自分の生活にとって意味のある本物を探そうとする流れも芽生えています。


自分ならではのライフスタイルを大切にする社会です。氾濫する情報の中から、自分の価値観にあう本物を探しあて、自分の生活に吸収しようとする価値観は今までの大衆社会にはなかった新しい消費行動である様に思います。今までは、規模の経済を追求することにより、資本力のあるものが情報発信のインシアチブを握っていた様に思えます。


情報の受信者である生活者も、いい加減、その様な情報には魅力を感じなくなっています。規模の経済に乗り遅れて来たモノの中には、多くの手作り感のある素晴らしいコトが地方の地域の中に脈々と息づいています。その様なコトは事情あって情報発信を高めてこれなかったことから人々に知れ渡ることなく現在に至っていると言えます。


高田前社長の様に、それを見い出して陽の光を当ててやる事により、地域再生に繋げることが可能になると思います。ただし、それが偶然の出会いにより見い出されるのではなく、地域が能動的かつ有体に情報発信して行くことにより、多くの生活者の目に留まるような社会こそが情報化社会であると言えるのではないでしょうか。


1対Nの情報の遣り取りではなく、N対Nの情報の出会いが大切だと思います。まだまだ情報の発信者が特定されていますので、もっと自由気儘に情報発信できる枠組みが必要なのでしょう。その意味で、地域再生とは国の助成といったお金の問題ではなく、情報の発信といった伝え方の問題であることに共感を覚えます。


今日もありがとうございます。
http://crelife.co.jp