誰にも聞けない経営財務戦略!

ビジネスの未来を財務と心で読み解くブログです!

CREATE LIFE!
より良い暮らしを創造しよう!

http://crelife.co.jp

企業トップへの期待!

皆さん、おようございます!
連休初日は、素晴らしい天気で気持ちが良かったですね。
気が付けば、我が家の周辺の木々も陽の光を浴びて、なかなか見応えのある紅葉です。
連休なか日の今日も、自然に抱かれてリフレッシュ!


パナソニックが高層マンション事業に参入することになり、
住友林業はインドネシアで戸建住宅の販売事業を展開するようですね。
パナソニックは車載分野と住宅分野を事業の中核に据え、戸建・低層マンションしか手掛けていなかった事業領域を中堅ゼネコンの買収により拡大する計画です。


クルマや住宅はますます、情報通信との連携が密接となりIoTのプラットフォームとなるべき分野です。先端住宅で市場占有率を高めて行こうという考え方です。
住友林業は、地元企業との合弁で高所得層を取り込み、縮小する国内市場だけではなく海外市場へも目を向けようということですね。


今まで会社での仕事の場面における生産性の向上や働き方改革について綴ることが多かったですが、この生活基盤である住居についても、お金に換算できない仕事の効率化やメンタル的に心地よい居住空間を極めることが必要です。個性的なライフスタイルを助長し、広い意味での創造力を生み出す源になりますから楽しみな分野ですね。


パナソニックにしましても、住友林業にしましても、時間を買うという意味でM&Aが重要な経営戦略として活用されており、日本でもM&Aが定着してきた様に思えます。
自社で一から建設事業を立ち上げたり、現地法人を作っていては、事業を軌道に乗せる迄に経済のスピードの方が先に進んでしまい後手になってしまいます。


特にこれからの経済は、既存のモノやサービスが情報技術と融合して行く時代ですから、技術進歩のスピードに着いて行くためにM&Aによる事業連携は効果的だと思います。
また、住宅建設産業は、いままで業界再編が起きてこなかった領域ですので、人口減少を背景に異業者同士が連携することにより、面白い取り組みが出来る時代だと思います。


その一方、資生堂が10年近く前に米国で買収した自然化粧品企業の業績が振るわず、2度にわたるのれん代の減損に900億円以上も費やす結果となってしまった様です。のれん代とは、買収対象会社の公正な純資産価格に対して、それよりも高い価格で買収した場合の差額です。


資生堂の場合、1700億円で自然化粧品会社を買収していますが、実際の当該企業の企業価値は800億円で、のれん代が900億円であったことになります。この900億円ののれん代は、買収時点の利益を上回る将来にわたる利益を期待(=シナジー効果とか相互補完効果と言われるものです。)していたが実現出来なかったことを意味します。


最近、東芝問題も米子会社ウエスチンハウスという原子力発電会社の買収の件で、同様に減損を理由とする損失が取り沙汰されました。資生堂の十数倍ののれんの減損を迫られ、窮境状況に追い込まれてしまったものであり、原因は過分な買収価格で買収してしまったということになります。


資生堂の減損問題を推測しますと、米国の自然化粧品会社の将来的な成長性を見誤ってしまったものと思います。競合企業の動向まで把握することが出来なかったのでしょう。
東芝のそれは、たとえ重電機メーカーとして原子炉の技術は持っていても、原子力発電事業そのものの運営ノウハウは別物であったと思われます。


どの企業でもそうですが、M&Aの最終判断は代表取締役であるCEOや財務責任者であるCFOが行うものです。ただし、よくよく考えてみますと、これらの上層部の方々が実務の一線で業務に携わっていたのは20年近く前だと思います。その当時の日本では、まだM&Aどころか、連結会計制度やキャッシュフロー経営という概念すらありません。


これらの概念を実務として経験していませんと、
相互補完効果(=シナジー効果)と買収価格との関係を肌感覚で理解できるのかという一つの疑問が浮かび上がります。やはり、それなりのM&A実務の経験を積んで目利き力を養わないと、買収価格の妥当性までを理解するのは難しいかもしれません。


特にM&Aは、マーケティング、法務、財務、会計、税務等のノウハウに基づく総合力が不可欠です。日本の企業は、各々の実務名称を持つ部署が存在していますので、判断に必要なエッセンスが組織間に分断されてしまい、なかなか総合的なノウハウを身に付けるのが難しいという実情もあります。


今までの日本の企業の様に、年功序列でジョブローテーションにより階段を登りづめ代表取締役になるというトップの輩出方法には、限界もあるのではないでしょうか。
これからの時代、みずほ銀行ではありませんが定型化された業務はAIに大きくシフトされ、それ以外はアイディアや知恵を創出する仕事に迫られます。


その様に考えた時に、同じ企業文化での中で同じ釜の飯を食べている人間同士よりも、社外の人間と交わった方がフレキシブルなアイディアが生まれるのものでしょう。
企業においても、企業間の「際」の垣根を低くして、会社や業界の垣根を超えたコミュニティがこれからの時代、社会の付加価値を高める様に思えます。


今日もご覧いただきまして有難うございます!
連休二日目も楽しみましょう!



より良い暮らしを創造しよう!
CREATE LIFE!
http://crelife.co.jp




旅館hanareとライフスタイルホテル !

皆さん、おはようございます!
いよいよ三連休初日ですね。
昨晩の雨も上がり、連休中は天気も良さそうですので、
外へ出て、思い切り思いおもいの秋を楽しんでみてはいかがでしょうか!


ライフスタイルホテルをご存知ですか?
最近増えてきている新しいタイプのホテルらしいのです。
ホテルといいますとラグジュアリホテル、シティホテル、ビジネスホテル、リゾートホテルという業態に区分するのが一般的です。


Webで検索してみましたら、
「地域の食材にこだわり、料理や音楽、アートを通じてホテルゲストや地元の人々が集まる、コミューナルロビー、オールデイダイニング・バーをロビーフロアに持つ、人々がつながる場を提供するホテル」の様です。別称、交流型ホテルとも言うらしいです。


ホテル全体としてはやや高質感があるようですが、
客室に宿泊するお客様と地域の人々がロビーを介して繋がりを持てるように、建物が外に対して開放的なオープンカフェに客室が付いた様なイメージですね。
テラス席なども配して、外との境目をハッキリさせない様に気を遣っています。


そう言いますと、最近、街中を歩いていて外国人観光客の宿泊が多い、感じの良い小ぶりなホテルを見掛けたことがあることを思い出しました。
東京五輪を控え、建物と建物の「際」が無機質なビルが乱立する中で、外から建物内で人々が楽しそうにコミュニケーションする様子に、温かみ感じたものです。


最近のオフィスビルは見た目が素晴らしいのですが、お隣り同士の建物のデザインや材質が異なるので、同じ敷地続きでありながら境目が出来てしまい残念です。
この様な何気ない境目が人間の心理的に与えるインパクトは、無意識のうちに高い垣根で仕切られている様な心象を与えてしまいます。


昔の長屋風景ではありませんが、建物が外に対して開放的に連なっていないと、人のためにあるはずの建物や街なのに、建物が人々を追いやってしまい、街が台無しとなってしまいます。その意味で、このライフスタイルホテルの様な開放的ロビーをオフィスビルにも設けて街を繋げていけたら良いですね。


谷根千(=谷中、根津、千駄木)に面白い旅館があるのをご存知でしょうか?
「旅館hanare」と言うのですが、街全体が宿なんです。どういう意味かと言いますと、旅館自体には宿泊機能しかなく、お風呂は近所の銭湯へ赴き、食事は近所の定食屋さんを利用する。街全体に旅館としての機能が分散しているのです。


この旅館が海外からの旅行者に隠れた人気らしいのです。
旅行者からみれば、旅の醍醐味はその地域の生活の様子を自ら溶け込みながら垣間見ることが、何よりもの非日常体験であり旅行としての醍醐味です。地域の方と触れあいながら、地元の味覚まで満喫できるこの旅館が人気だというのも理解できますね。


街全体を一つの宿に見立てて、街にある機能を旅館の施設の一部として有機的に繋いでいくという視点が素晴らしいですね。地域にとっても、旅行者が来れば活気が出て来ますよね。特に谷根千の商店街は、露店が連なる様に商店街が繋がっており、出来たてコロッケを頬張りながら歩くのは楽しいですよね。和製マルシェです。


先ほどのライフスタイルホテルもそうですが、本来、ホテルというのは建物の中に生活に必要な機能全てが収まり、一つの街としての機能を持っています。言い方を変えますと、街を建物の中に収めた壁に囲まれた空間と言うことができます。この外に対して境目を設けるという建築様式は欧米の長年の歴史がそうさせたものだと思います。


一方、日本の建築様式は、数寄屋造りや長屋に象徴されますように、本来、外に対して開放的であるはずなんですね。四季折々の自然を生活の中に融合させるという意味もありますが、その様な建物のつくりには必ずコミュニティが生まれます。街にコミュニティが生まれますと、街が活き活きしてきますよね。


それがどういう訳か、戦後、欧米式の建築様式を採り入れ過ぎてしまい、昔からの日本の建築様式が消え失せてしまっています。建物が外に対して閉鎖的になりますと、環境心理学的にも、人々のメンタル面も無意識のうちに、自分の内側と外側という線を引く様になってしまいます。


もっと人々が交流することにより、新たな知恵やアイディアを創造していかなければならないのに、街並みや建物デザインは逆行している様に思えます。
これからは、ライフスタイルホテルや旅館hanareの様に外に対して開放的な機能を商業施設やオフィスビルにも採り入れて行く必要があるのではないでしょうか。


今日も、ここまでお読みいただきまして有難うございます!
よい三連休をお過ごしください!!



より良い暮らしを創造しよう!
CREATE LIFE!
http://crelife.co.jp













技術大国日本へのみち!

皆さん、おはようございます!
明日から三連休ですね。。天気も良さそうですので、紅葉を見るには絶好のタイミングかもしれません。つい先日まで半袖シャツで過ごしていた様な気がするのですが、
少し深呼吸をしてみますと、季節の移り変わりの早さが沁み渡って来ます。


昨日の新聞で、世界的には進化するAIをはじめとする情報技術による産業革命のさなかにあるにも関わらず、技術立国であるはずの日本は瀬戸際に立たされているとあります。
情報技術により世の中が大きく変化を遂げることが間違いない中で、なんともさみしい限りだと誰しもが思うでしょう。


今まで日本の産業を支えて来たのは、どちらかと言いますと海外にある基礎技術を活用し、新たな製品開発に繋げる応用技術の分野であることは周知のとおりです。
ソニーのトランジスタラジオ、ウォークマンは有名な話ですね。でも、EV(=電気自動車)の分野では、海外勢の方が先を行っているという感じがあります。


思い起こせば、新たな価値観を世に送り出したのは、国内も海外もともに松下幸之助、森田昭夫、本田宗一郎、ビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブズなど、型破りな創業者ばかりであることに気付きます。強い信念と高い夢を追い求め、妥協を許さずに成し遂げた方々というのが共通点である様に思われます。


日本と米国での文化の違いはありますが、日本国内だけを見渡しますと、戦後間もなくと現在では、とかく規則や規定に個人が囚われてあくせくしてしまい、自由奔放に飽くなき夢を追い求めるというハングリー精神が失われてしまったように思い得ます。そう、映画「ALWAYS夕日の三丁目」の様なハングリーな情景です。


それだけモノが行き渡り、日々の忙しさは別としても、精神的にも満たされる様になり、社会の風潮としてやはり成熟社会という言葉で形容されてしまいます。
企業においても、長年かけて揺るぎない組織化を完成しており、その様な組織の中で働く個人は疎外感すら感じる様になっています。


その様な状況を打破して行くためには、個々人が柵のないところで自由に世の中の事象を肌で感じ、直観的に自らが興味を持つものにのめり込んでいく子供の頃の様な感覚を呼び覚ますことが大切なのではないでしょうか。長年、偏った限定された企業というコミュニティの中だけで過ごしていますと身体が硬直してしまいます。


確かに、当面の低迷している日本の技術を立て直すために、様々な対処療法も考えられるのですが、その場限りでは長続きしなくなってしまいます。もっと本質的に、フレキシブルな創造力を養うために必要なのは、企業と働く個人の関係をフラットにすべきであり、その意味では働き方改革に本気で取り組むべきだと考えています。


欧米文化は、日本の様に滅私奉公的なお家に仕えるという感覚が、こと企業との関係において希薄です。日本もお家に仕えるという考えを捨て去るべきであり、一個人としての審美眼を取り戻すことを早急にしなければなりません。その負の現象面として、昨今の企業不祥事という問題が物語っているように思えます。


折角、日本人には自然を尊ぶ、繊細な美意識というDNAを受け継いでいます。この持ち得る感性を第一義に個々人が行動したら、素晴らしい国が再興される様になると思います。その過程では、現在の従来の産業人輩出を目的とした教育制度を早急に改めるべきですし、情報技術を様々な分野で用途開発するところから始めるべきではないでしょうか。


今日も、ご覧いただきまして、ありがとうございます!



より良い暮らしを創造しよう!
CREATE LIFE!
http://crelife.co.jp