誰にも聞けない経営財務戦略!

ビジネスの未来を財務と心で読み解くブログです!

CREATE LIFE!
より良い暮らしを創造しよう!

http://crelife.co.jp

暮らしの価値

皆さん、おはようございます!
昨晩の隅田川の花火は綺麗でしたね。
強雨の中、会場でご覧になられていた方は大変だったと思いますが、
テレビよりもライブの方が臨場感があるでしょう。


隅田川の花火大会も
再開してから既に40年も経つんですね。
第6回大会の時に会場に見に行って、
TV東京にどアップで放映されたことを思い出しました。。


昨日は東京国立近代美術館に「日本の家_1945年以降の建築と暮らし」という、
戦後日本の住宅デザインの変遷を纏めた展示なのですが、
日本より先にローマとロンドンで開催されて好評を得て、
日本でも初めて開催されたものです。


海外では建築家が住宅デザインをすることがなく、
公共建築物のデザインが王道という風潮がある為、
住宅自体を有名な建築家がデザインしていること自体に
関心を持たれたものと思います。


面白かったのは、戦後復興期に住宅を大量供給する必要から「プロトタイプと大量生産」という工場で製造するプレハブ住宅が幅を利かせて来たこと。
そして、バブル経済崩壊後辺りから「脱市場経済」といわれる建築家による町屋づくりや空間デザインに焦点をあてた系譜があることです。


70人近い有名な建築家のデザインが展示されており、
非常に個性的で面白いので是非ご覧になって頂けたらと思います。
私の感想は、個々の住宅デザインというよりも、何れのデザインも土地の形状に依存し、
その中で最大限に快適な空間を目指しているところです。


例えば高齢化社会により相続で土地が細分化されて行けば、その規模に合った土地のポテンシャルを最大限引き出す建物をデザインするという視点。
私が不動産開発会社に身を置いたことがあるせいか、隣接する土地を購入するとかして街づくりの観点から必要な建物を考えて行きたくなります。


ところが建築家は与えられた土地のポテンシャルを最大限引き出そうとする発想なので、
ある意味、不動産開発と建築は近接領域なのですが、こんな違いがあるのかと感心してみたりしました。あと以外にも建築家は建物の形状と室内空間の独自性を注視しているせいか、町屋づくり以外は街並みという取り組みが少なかったように思います。


戦後以降の住宅デザインの系譜であったせいか、各々のデザインの根底にある数寄屋造りといったような、共通した思想というものを感じられなかったのが絵画等と異なると思った次第です。家というものは暮らしそのものでもあり、人生で最大の買い物でもありますから、誰しも大量生産品ではなくオリジナリティの高いこだわりの家が欲しいですよね。


商品やサービスの価値とは、どの様なメカニズムで決定されるのかご存知でしょうか。
今では商品やサービスの機能性や効率性だけではなく、自分のライフスタイルにどの様な意味をもたらすかという消費行動が顕著になってきています。その意味では商品やサービスの価値というより「暮らしの価値」と言った方が良いかもしれません。


モノやサービスの値段について言及してみたいのですが、モノやサービスの値段には①そのモノやサービスを販売する迄に費やしたコスト(=原価)を積み上げ、適正利潤を加算した価格、②個々のモノやサービスから得られるベネフィット(=利用価値)を還元して求められる価格、そして③そのモノやサービスの市場で取引される価格があります。


①は生産者サイドが決定する価格で、②は需要者サイドが決定する価格です。③は生産者と需要者が出会う実際に取引が行われる価格です。面白いのは必ずしも①と②と③が一致していないことです。①>②もあれば、①<②ということもあります。でも必ず③は①と②の中間に収まります。


モノやサービスが世の中に行き渡っていない高度経済成長の時代ですと、消費者もそのモノやサービスがないと困る必需品ですから、どちらかと言いますと①の価格に従わざるを得なくなります。しかし、機能的には変わらず比較すべき安いモノやサービスが出現しますとこの①’を選好する。これが機能性や効率性の商品の特徴ということが出来ます。


ところが、この機能性や効率性のモノやサービスが満たされ、消費者が自身のライフスタイルに共感するモノやサービスを欲すると、消費者は有形無形の主観的なベネフィットに価値を見出す様になります。その時の②の価格は実際に具体的な経済的価値を見いだせればその価格で、若しくは感覚的な価格を参照することになります。


これが「暮らしの価値」といわれるものですが、モノやサービス(=この場合はコト)に対して共感できる匠の技の思いや、企業理念に共感する他、アンティークなコトの様に長年使用されて来た歴史を掻い潜ってきた温もりを感じる等々、様々なコトの価値が考えられますので、主観といわれる所以です。


いま多くの供給側の企業が、情報化社会を背景に、この暮らしの価値のウエイトが高まっていることに注視しなければいけないと思います。暮らしの価値とは必ずしも①のコストを積み上げた価値とイールドな関係ではありません。大幅な①<②であれば良いですが、そのモノやサービスの機能性を追い求めるあまり大幅な①>②となる可能性もあります。


前者は正の主観価値、後者は負の主観価値です。
供給者側が一球入魂、これぞという機能性の高いモノやサービスを上市しても、
消費者の主観に照らし合わせて届かなければ、最初から負の主観価値ということもあれば、最初は若干の正の主観価値であっても、徐々に負となる怖さもあり得ます。


その意味では③の市場価格も食料品や家電製品の様なマスプロダクトであれば市場価格が成立しますが、②の様な暮らしの価値はネットオークションの様なクローズドマーケットでないと市場が成立しない性質だと思います。この様な暮らしの価値に該当するコトをマスプロダクトを扱う企業が何処まで提供できるかは分かりません。


しかしながら、最近、場としてのプラットフォームの著しい成長が着目される様に、
消費者と供給者が出会い集う場としてのそれは何か秘めているものがある様に思われます。このプラットフォームもまだまだマスの域から出ていない様に思えますが、今後はもっとローカルプラットフォームなるものが出現してくるのではないでしょうか。


1945年以降の住宅の系譜を見る限り、
住宅は正しく「暮らしの価値」の属するコトだと思います。
にも関わらずマスプロダクトを選好する消費者が多いのは、暮らしのコトである住宅を提供する体制が整っていないからだと思われます。


住宅に使用される部材は多岐にわたる為、
デザインのみならずこれらの部材を取引するプラットフォームの様なものが
これからの時代に必要となるのではないでしょうか。

新たな働き方への予兆

皆さん、おはようございます!
仕事に向かう次男を車で三鷹駅まで送ってきました。
庭を眺めていると草木の緑にサルスベリの濃いピンクがアクセントとなって、
心が和みます。こうやって日々感じられることが暮らしの豊かさなのでしょうか。


正社員の有効求人倍率が1倍を超え、
高度経済成長率依頼の雇用需給逼迫と言えるほど活況の様です。
しかし、良くよく調べてみますと、その様な状況にあっても
非正社員から正社員への移動はむしろ減少しているらしいです。


理由は、非正社員の方が短時間勤務でも勤務地の異同がないため魅力的に映るらしい。
確かに正社員と非正社員の条件面での格差が減少してきており、
滅私奉公ではありませんが、
正社員となって残業を課せられるより自分の暮らしを楽しみたいという現われでしょう。


一方の企業側は、この雇用需給逼迫が会社の成長を阻害する要因として、
真剣に受止めはじめているようですね。
千葉県に国内最大級の物流施設が出来る様ですが、
600人もの児童を受け入れられる託児所を併設するそうです。


また、施設にロボットを多用して女性が働きやすい環境にする計画もあるようです。
これは企業にとっては人手不足の解消に繋がると思いますし、
働き手にとっても、今まで託児所に子供を預けられなかった子育てに忙しい女性に
新たに働く機会を提供し、しかも職場に子供を連れて行ける安心感があります。


勤務時間を選択できるなど多様な働き方も提供できるといいと思います。
こうやってみますと、働く環境も労働生産人口の減少により
少しづつではありますが、変わりつつあることが見てとれますね。
働く側の暮らし方を前提として雇用環境が変わる望ましい方向にあると思います。


企業側も生産性を上げる為には、
刹那的に仕事に忙殺されるのではなく、
まずは働く側が気持よくはつらつとした気持ちになっている時が
一番、知的な生産性が高まることを充分に理解しなければいけないと思います。


残業が慣習化している職場では、
その日の仕事を別に勤務時間内で終わらせれば終わる筈なのに、
定時退社を良しとしない職場の雰囲気があることから、
残業時間まで織り込んで仕事のペース配分をしてしまうことはよく聞く話です。


今後の雇用需給環境を考えますと、この様なサービス残業は会社として正して行けば是正することが可能と思います。やらなくて良い仕事は、やらなければ遣らなくても済むものです。一方、ロボット等に仕事を置き換えられる単純な仕事は効率化し、
人間は創造的な仕事へシフトし、仕事の付加価値の底上げをしていくべきかと思います。


シリコンバレーで活動するコンサルタントが次の様なことを言っています。
「結果をもたらすのは、休みなく努力をし続けることではなく、
脳科学や神経科学でも実証されている」そうで、創造的で生産性の高い仕事を実現するには休息が必要とのことです。


適切な労働時間は1日4時間程度とも言われています。
確かに、神経を集中し続けて仕事をしていますと、4時間連続でも疲れきってしまうと感じてしまいます。かといって、緊張感から解き放たれた休息時間中も
脳は様々な情報に触れて、いろいろなことを創造しています。


今の一般的なワークスタイルは高度経済成長の時から続いているものだと思います。
しかし振り返りますと、当時と今では仕事の内容も質もコンピューターの登場で随分と変わってきています。であるなら、その仕事の変容に伴って、本来ワークスタイルも変わってこなければいけないのですが、どちらかと言えば遅れています。


それは人間が、特に日本人は集団行動を尊ぶメンタルを持っていることにも理由があると思いますが、諸規定等で制度化した組織集団となりますと、誰かがそれを変更しない限り組織内での働き方もなかなか変わらないものですね。それが、徐々に生産労働人口減少という労働需給乖離により変らざるを得なくなっていることは喜ばしいことだと思います。


徐々にですが、働き手が自らの暮らしを中心に据えて仕事を考えるようになっていることは、今後の付加価値の高い仕事を生み出すためには必要なことだと思います。
更には「暮らしごと」という、暮らしと仕事の境目を明確に設けない仕事の仕方は、日本を笑顔で和気あいあいとした創造力の逞しい国へ導いてくれるものと思います。

資本は有効に活用しよう‼︎

皆さま、おはようございます!
昨晩は、窓を開けて寝たら寒いくらい涼しい夜でしたね。
今朝も同じ様な天気かと思えば、
日中は32℃まで気温が上がるそうなので熱中症対策には気をつけて下さい。


昨晩、NHKの特集を見ていましたら、
ある大手広告代理店の働き方改革が特集で放送されていました。
社長が陣頭指揮をとり
残業が恒常化された社風を是正して行くそうです。


22時になると自動的にオフィスの明かりが消灯し、
強制的に退社しなければいけないそうですが、
中には近くのカフェなどで
仕事を続ける社員もいるそうです。


また、月間の基準残業時間を越えた社員には
行動予定表にレッドマークが張られ定時退社が強制されるそうです。
ですが、その社員は朝7時半には出社しており、
結局は所定時間外労働をしているのではないかと思ったりしました。


私も、この大手広告代理店とお取り引きをさせて頂いたことがあります。
広告というソフトやイメージを扱い、
納期に縛られる業種であり、
業務時間が不規則になりがちな業種であることは否めないかと思います。


お客様向けの提案資料作成はテンプレートが用意されていて、
随分と業務が標準化されていると思います。
一方、お仕事がらお客様とのお付き合いの深さがモノをいう業種でもあり、
仕事を深めようと思えば際限なく深めていく業種でもあると思います。


業界の尾としてプライドも、同業他社との悪戯な競争関係を生んでしまい、
必要以上に業務量を増やしてしまっている一因となっているのではないでしょうか。
推測ではありますが、量よりも質を求める働き方に転換できれば、働き方改革も成功するのではないでしょうか。


その為には、会社側も売上やシェアNo1を目指すのではなく、一人あたりの利益額他の労働生産性に評価軸を変更する等、働き手に意識改革を促す土壌をまずは作っていくべきではないでしょうか。働き手も付加価値を上げる為には暮らしごと視点が必要であることに気付き、生活を自らの判断で積極的に豊かにして行く考え方が必要だと思います。


このことは働き方のみならず、お金である資本の効率でも同じことが言えると思います。
今朝の新聞に、あるファンドが社会保障の効率向上を目指して、
医療・介護を一体で提供すべく、薬局、介護施設、看護施設、病院・診療所といった、同一産業他事業への投資を行い、一体的な運営で相乗効果を目指すというものです。


今までの資本の理屈からしますと、
薬局なら薬局という同一事業内の様々な事業者に分散投資することにより、
事業ノウハウの蓄積と規模の経済により安定的な投資リターンが得られるとして選好されることが多かったと思います。


しかし、今回のファンドは縦割りとなった医療・介護業界の弊害を一石を投じる付加価値の高い投資として評価できると思います。患者の立場でいいますと、診療所も専門医制度が定着し、専門外の病名がはっきりしない際にある疾病は診断してくれるお医者さんがいないという問題があります。できれば総合医という専門医がいても良いと思いますが。


処方薬一つをとってみても、方や専門医から処方される薬は副作用として肥るが、もう一方の専門医から痩せろと言う。患者の事情を両方の専門医に相談してもスルーされるだけ。薬局で薬剤師に愚痴を言っても、訳の分からない説明をされるだけで、応えになっていない。自らは医療の専門家ではないので、判断のしようもないという様な経験はありませんか?


今回のファンドが、各医療系の機関をどこまで連携させることが出来るかが付加価値の源泉になると思いますが、これを資本の側が行ったということに注目したいと思います。
なかなか医療機関の事業主体が行おうと思っても出来ない現実があります。これは、先の大手広告代理店であっても同じで、組織内の縦割りとなった部署間の弊害も同じだと思います。


戦後の日本は、マスプロダクト経済の高度化、専門化により、非常に効率性の高い組織構造を持つに至っています。ですが、その縦割り構造が弊害となって、なかなか横連携が図れないという非効率が生じています。これを改善しフラットなプロジェクト型組織にするだけでも随分と働き方が変わるのではないでしょうか。


因みに、昨日の大手広告代理店のオフィスは四角い机を島型に並べた、従来の日本的なオフィス環境でしたが。今朝のファンドの例で言えば、法律で患者さんのカルテを共有できないという問題もあるようですが、患者さんが認めるのであれば、相互に情報共有できるようにしても良いのではないでしょうか。


経営に必要な資本には、ヒューマンキャピタル、お金としてのキャピタル、不動産としてのキャピタル、そして最近は情報としてのキャピタルの4つがあると思います。資本は事業(=必ずしも企業に限定しません)に投下してリターンを得る訳ですが、如何にリスクを低減し付加価値の高いリターンを得るかは人間のアイディア次第だと思います。


私は、貸借対照表でいえば資産と負債の間にいる、両者が分かる立場で30年間仕事をしてきました。世の中の仕事のカテゴリーに当て嵌めようと思っても、現在はそんな職種はありません。いま手掛けているのは資金を調達したいと考えている事業者と資金の出し手の間を取り持つこと。


単なるマッチングに留まるのではなく、社会の動向を踏まえて働き方にまで言及し、また様々な事業を紡ぐことにより事業の付加価値を高め、新たな資金の運用可能性を橋渡しする。そんな、自らの付加価値をも高める、前人未到??の新たなアナログ事業を目指していければと思います。