誰にも聞けない経営財務戦略!

ビジネスの未来を財務と心で読み解くブログです!

CREATE LIFE!
より良い暮らしを創造しよう!

http://crelife.co.jp

大手企業による中小支援!

皆さん、おはようございます!
わが街にもようやく本格的なCafe'ができました。その名も「猿田彦珈琲」。
焙煎工房が併設された素敵な空間です。スタッフのハキハキした応対と、笑顔の中にホスピタリティを感じざるを得ません。心のこもった仕事は最高の贈り物ですね。



後継者不足による中小企業の廃業懸念が高まるなか、製造大手などが取引先の支援に乗り出すそうです。デンソーやコマツは、取引先の廃業による部品調達網が滞ることによるリスクを防ぐため、後継者の育成を支援するそうです。また、豊田通商では事業承継に悩む企業の買収を積極化しています。


2025年頃までに70歳を超える超える経営者は約245万人いますが、その半数で後継者が決まっていません。放置すれば約650万人の雇用が失われ、国内総生産(=GDP)が約22兆円損失する恐れがあると言われています。町工場を含めた中小企業の廃業問題は製造業の安定調達を揺るがしかねず、対策が急務になっています。


デンソーでは、自動車部品を中心に約100社前後の取引先の30~40歳代の若手後継者候補に対して、1年かけて企業経営や人財育成などをテーマにした研修を行い、後継者不足に起因する廃業や調達網の断絶を未然に防ぐそうです。豊田通商では、トヨタ自動車グループの後継者問題に直面する部品メーカー、設備メーカーの買収を行っています。


ドイツの自動車部品をはじめとする総合機器メーカーであるBOSCH(=ボッシュ)の名前を聞いたことのある方は多いと思います。この会社では、部品調達先の多くが中小企業であり、その経営基盤が脆弱であることから、これらの取引先に対して経営支援を行う専門部署を設けていることは、あまり知られていないかもしれません。


折角、取引先の中小企業が一定の技術を持っていても、業績不振や後継者難により急に廃業ということになれば、代替調達が難しかったり、品質が不安定になったりすることが考えられます。その様なことを回避するため、予め定期的に取引先企業の経営状況について継続的なモニタリングを行い、適宜、必要に応じて経営指導を行っているそうです。


流石にドイツの企業らしい行き届いた木目細かい連携体制だと思います。
日本の大手メーカーも、ようやく重たい腰を上げたかという感じです。そんな大手メーカーも、高度経済成長時には販売協力店と共存共栄のスタンスできちんとフォローアップしていたと思います。協力店会を組成して、定期的に会合を開催するなど。


それが、バブル経済崩壊の辺りから、大手メーカーの業績不振により協力店会を解散したり、下請取引先の絞り込みを断行し、自らの身を守るために形振り構わない行動が目立つ様になっていました。本来、モノが売れないのは自社に問題があるのに、そのツケを取引先に転嫁してきた訳です。


それが、中小企業の後継者問題が顕在化するようになって、ようやくその様な行動は、結果的に自社の首を絞めることになることに気付いたと言えます。ビジネスの世界ですから、どの様な中小企業も一律に支援すべきだとは言い切れませんが、その企業の素晴らしい経営資源を見抜き、そこを共に磨き上げる位の取り組みはすべきだと思います。


そうでなくとも、これからは、大手企業であっても全てを自前主義で揃えて事業を行う時代ではなくなっています。時代の変化のスピードが速まっていることと、いままでの様にものを作って販売する時代から、販売した後の使用する場面において付加的なサービスを提供すべきであり、そこが重要な収益源となるからです。


その様な使用価値を高める為には情報技術を抜きには考えられません。業界の壁を越えた企業との協業関係を構想して、実際に組み上げて行くことがこれからの企業には求めらています。その協働先が大手企業であるばかりか、スタートアップであったり、今までは下請け企業と認識されて来た中小企業や町工場である訳です。


先日も、オリックスやあおぞら銀行が後継者難の中小企業を自己資金で買収して、若手人材を経営人材育成のために派遣するという取り組みをはじめています。今回の豊田通商の取り組みもそれに似ています。デンソーやコマツの取り組みも、社会における新たな試みという点では一定の評価が出来ると思います。


しかしながら、独BOSCHの取り組みなどと比較しますと、まだまだもっと遣るべき支援が沢山ある様に思えます。これからは、地方銀行などもコンサルティング事業として積極的に支援していくべきでしょう。その意味で、総合商社丸紅の地方銀行へ中小企業の支援要員を出向させる取り組みは、時代の趨勢に合った取り組みとして注目したいです。


今日もありがとうございます!
http://crelife.co.jp



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。